YAMAHA XSR900 ラッピング&プロテクションフィルム施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

今回はバイクの施工ネタです。

 

昨年から乗り始めた大型2輪、私の愛車はYAMAHA XSR900です。

もう何度も登場してますからご存知な方も多いはず。

 

バイクでは大概の方がボディーカバーをされている事と思います。

ボディーカバーの目的は、雨風埃から守る!そして何よりも防犯です。

 

防犯のためにカバーをするけども、雨風にカバーがバタつくと、どうしても擦れるんです。

私のXSR900にはビキニカウルを取り付けています。

風によってカバーがバタつき、ついにはスクリーンを傷だらけにしてくれました。

車のようにガラスが傷だと見づらいですが、バイクはスクリーン越しに視界を見る訳ではありません。

(ツアラーのような大型スクリーンだと目的が違ってきますのでスクリーン越しに視界を見るようになります)

傷だらけになるのがわかっていて、そのまま放置にするのもどうかと思いませんか?

私は嫌なんですw

なので、スクリーンにプロテクションフィルムを貼りました。

こちらは車用なので、本来は塗装を守るのが目的です。

 

過去にT-Rexトライクのアクリルスクリーンにフィルムを貼った事がありました。

アクリルなので傷は入りやすく、それが乱反射すると前が何も見えないという事で

傷をフィルムの粘着剤で埋められるのか?そんなアイデアからトライしたんです。

結果は!完全隠蔽する事は出来ませんでしたけど、スクラッチアウトになる事もなく

運転できるようになったと聞きました。

 

それを思い出し、今回はプロテクションフィルムで応用!

 

プロテクションフィルムは、素材はウレタン。

当店で取り扱うプロテクションフィルムは、セルフヒーリング機能を備えており

熱により多少の傷は元に戻ります。

基本的に弾力性あるフィルムであるため、多少の擦れ程度であれば傷は入りません。

スクリーンって買い換えると高いですよね?

それを保護する事で破損からも守られます。

今回提案するのは、それが目的w

果たして需要あるかなぁ~~w

そして、XSR900のガソリンタンクですが、タンクカバーになっています。

センターカバーが樹脂になっていて、結構傷が入りやすい。

よくバイクショップにパットとか売っていますし、それ貼ればいいじゃん!

まぁそんな解釈もあります。

ガソリンタンクへのラッピングは、基本的にNGなんです。

ガソリンのアウトガスで粘着がバカになり浮いてしまうそうです。

XSR900の場合は、樹脂タンクの外にカバーが存在しています。

今回そこにラッピングを施してみました。

ブラッシュドブラックをセンターに、サイドエッジはマットブラックでアレンジ。

パッと見そのヘアーラインは、それがその物であるかのように見えてしまいます。

ですが、これフィルムですw

これの目的も傷防止!そしてノーマルを守りつつ軽いイメージチェンジ。

ネイキッドモデルでタンクカバーがあるからできる事です。

どうですかね~~こんなアレンジ。

現在西東京市のYSP西東京さんでこちらはご依頼頂けます。

ちなみに、XSR900、XSR700のメーター保護フィルムも取り扱っています。

バイクは傷が入るものかもしれませんが、それをなるべく入れないで済むならばそれに越した事ない!

そんなポイントをついたアレンジ、いかがでしょうか?

スクリーンへのラッピングは、面積によってプライスは異なりますが

タンクカバーへのラッピングは、¥10,000(税別)でのご提供です。

カスタムはいろんなやり方がありますけど、オリジナルを守りつつ、いざとなったら剥がして元通り。

ラッピングはそんなコンセプトです。

タンクラッピング、これも人気出るかなぁ~? 需要あるかなぁw

以上、バイクネタでした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください