フィアット500 新車ガラスコーティング

フィアット500 新車ガラスコーティング

こんにちは カービューティープロ115のヨシノです。 3月はこれまでになく忙しい月になりました。 コーティング/フィルム/メンテ洗車 全て含めて携わった台数は20台。 月末には峠を越えた〜〜と店内で叫んでましたw

さて、今回アップする車両は、3月14日にお預かりしたFIAT 500。 新車コーティングで世田谷からお預かりしてまいりました。

DSC_2550.JPG DSC_2551.JPG

FIAT/アルファロメオとは、なかなか縁がありませんので、たまに入庫すると新鮮ですw 新車コーティングで注意する所、淡色系/濃色系でバフ目がある場所は状態を整える事です。 磨けば塗装面は綺麗になりますので、特別問題視する箇所はありません。 今回のお車で一番困った場所が、幌の部分。

DSC_2552.JPG DSC_2553.JPG

洗車時に幌も洗浄。強いアルカリ系の洗剤で洗いますから、新車でやや撥水させている油分も この洗車で流れ落ちてしまいます。 幌は水を染込ませて車体に流していく構造になっています。 防水になっているの幌の内部構造であり、表面ではありません。 では、表面をどうするか!  防水コート剤も使用する手がありますが、生地になっている以上、染込む量が半端ない。 当店では、撥水させる考えを捨て、防汚れ性を考えケイ素系PCX-500を散布致しました。

雨の降り始めは、大気中の汚れを沢山含んだ状態で地上に降り注ぎます。 幌の場合、汚れた雨水をそのまま吸収しますから、塗装以上に汚れてしまいます。 ケイ素系PCX-500を散布する事でどうなるか! ある程度の汚れを雨水と一緒に流していきますので、幌自体のカラーが低下する事無く維持されます。 ※それを放置されれば、汚れが体積していきますので、ボディーよりも定期的なメンテナンスが必要になります。

DSC_2555.JPG

ボディーには、最新のコーティング剤、PRO-MAX EXEを施工。 オシャレな車ですから、放つような光沢!そして強い撥水力! 3つの成分を融合させたハイブリット構造!(ポリシラザン/シラン化合物/フッ素) 強い保護膜と、長期間の持続効果でオシャレさを更にアップさせました。 既に撥水感のご報告をお客様から頂いておりまして、大変お気に召して頂いた様子です。

新車は綺麗が当たり前です。それをどれだけ維持する事ができるか! 今後のテーマとしてご協力させて頂ければと思います。 この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA