日産セレナ ガラスコーティング

日産セレナ ガラスコーティング

こんにちは。 Car Beauty Pro 115のヨシノです。

まだ7月のネタw じっくり施工月間で着手しましたのは日産 セレナです。

7月13日午後からお預かり、19日朝お引き渡しと実に1週間(連休はお休みしたので、実働4日間です) 一度お電話でお問い合わせを頂きまして、現車確認のためご来店頂きました。ご入庫半月前のお話。 ご来店の時、その場でじっくり見る事はしませんでしたが、丁度天候も不安定な時期でしたのでご入庫したときの状態は正直驚きました。

DSC_3294.JPG DSC_3296.JPG DSC_3297.JPG DSC_3298.JPG DSC_3299.JPG

まぁ、車体が大きいから毎回洗車は出来ないでしょう〜 天候が不安定な時、洗車をしても雨に降られてしまうなら放置しがちになります。 しかし、汚れた状態を放置しておくのはあまり良くありません。 という訳で、エンジンルームから着手。

DSC_3295.JPG DSC_3305.JPG DSC_3306.JPG DSC_3310.JPG

汚れが堆積すれば、雨水の通るべき場所が塞がり、別の場所へ流れて更に汚れが広がります。 じっくり施工月間で日数を頂きましたので、取り除ける汚れは徹底的に取り除きました。 これはエンジンルームだけに限らず、スライドドアのレール、リアハッチなど、細部には泥が詰まっていました。

次にボディーです。パールホワイトはシミの存在が目立たない。しかし、カルキとは違うカルキのようなシミが水平面には無数に存在し、何が原因でそうなってしまったのか不思議に感じました。 お客様とヒヤリングをしてみると、2年前の施工で引き渡し早々雨に降られてしまったとか・・・ すると、コーティング剤が完全に硬化する前に、雨水によって異常反応を起こし、表面がウロコのように隆起し、 更にそのまま放置してしまったため異常反応のまま硬化してしまったのであろう・・・

フッ素系やケイ素系、シリコーン系ワックスなら施工直後、雨に降られても大丈夫です。 ガラスコーティングに至っては、大気中の水分と還元作用にてシリカ膜に転換していきますので、異常水分は絶対NG! 当店では一晩寝かすくらい神経質に施工しています。 さて、解説はここまでとして、塗装の状態。傷は深く無数にありました。

DSC_3330.JPG DSC_3342.JPG DSC_3333.JPG DSC_3340.JPG

全体的に艶が落ちていた訳です。 深すぎる傷は完全に研磨できませんので、可能な限り、研磨&光沢を上げました。

DSC_3343.JPG

HID灯を消すと、艶感なんて分からない。パールホワイトはそういうカラーかもしれませんね。

DSC_3352.JPG DSC_3353.JPG

IMPULのフルエアロ。 細部の洗浄に時間をかけ、磨きも可能な限りフラットにしました。 それにより、再びフィルレッシュしたセレナ。いかがなもんでしょう〜〜

DSC_3354.JPG DSC_3356.JPG

コーティング剤はPCX-S7。なるべく汚れにくくする為にチョイスしたコーティング剤ですが、 2ヶ月無洗車は、状態を悪くするだけです。 再び汚れも細部に詰まります。  せめて2週間に1回の洗車でお願いします。洗車が出来ない時は是非ともお持ち込み下さい。

お引き渡しの際、車内のクリーニングについてもお話をさせて頂きました。 車はただ移動の手段だけの存在ではありません。ご自宅も掃除をして過ごしやすくしますよね? 車も同じです。移動する際、自宅と同じ空間と思って下さい。 目的地まで到着するまで快適に過ごす為にも、日々のお手入れは大切なんです。 洗車など、お気軽にご相談下さい。 この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA