アルピナD3 リフレッシュ計画!

アルピナD3 リフレッシュ計画!

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 Car Beauty Pro 115のヨシノです。

長めのお盆休みも終わり、久々の夏休みと言った感じで満喫。 お盆休みとして頂いた最終日8月16日、花小金井のCafe Tool Boxのオーナー様含め6名で 埼玉県の飯能にあるフォーミュラーランド・ラー飯能にて、レンタルカートをしてきました。 そのお遊び内容は、次のブログでアップしたいと思いますw

さて、今回アップするのは、APLINA D3!アルピナブルーです。 7月23日夕方から7月27日までの間お預かりして、フィルム施工とコーティングのコースで施工させて頂きました。

DSC_3404.JPG DSC_3407.JPG

ご入庫の時は丁度大雨。一見アルピナブルーでしたが、やや不思議で艶が失われている感じの状態。 ボディーの乾燥が進むにつれ、その状態が現れました。それは後程ご紹介します。 まずは、フィルム施工。準備のため、車体と車内は入念に洗車。フロアーマットも洗浄させて頂きました。 特に窓のパッキン内部には塵が詰まっていますので、手は抜けません。

DSC_3412.JPG DSC_3413.JPG

車体のBMW E90と言うモデル、散々触りましたので、何事も無く成型も完了。

DSC_3420.JPG DSC_3421.JPG DSC_3422.JPG DSC_3423.JPG

フロントガラスはピュアカット89PLUS、それ以外はクリスタリン90の施工です。

DSC_3425.JPG DSC_3426.JPG DSC_3427.JPG DSC_3428.JPG

全くの透明なので、貼ってあるか分かりませんが、クリスタリンである証は3Mマーク

DSC_3429.JPG

このマークは、クリーニングの際アルコールで拭き取り消します。 では、透過率測定

DSC_3415.JPG DSC_3489.JPG

フロントガラス、施工前 79% 施工後78%

DSC_3418.JPG DSC_3490.JPG

助手席、施工前79% 施工後78%

DSC_3419.JPG DSC_3491.JPG

運転席、施工前79% 施工後78%

クリスタリン90は高透明250超層の積層フィルム。透過率も1%しか下がりません。 そのため、最近では国産ディーラーでもオプションとして採用されつつあるフィルムです。 続いては、ボディー篇。 初めはエンジンルームから。

DSC_3430.JPG DSC_3431.JPG

エアコンフィルターを取り外し、ウェザートリップ部も洗浄して綺麗にします。 さらには、フィルターも洗浄。それだけで車内に取り込む空気もフレッシュになります。

DSC_3432.JPG

そして細部の洗浄

DSC_3438.JPG DSC_3439.JPG

デコラインは汚れが詰まりやすい。派手に触れば剥がれてしまいますので、丁寧に筆で汚れを落とします。

DSC_3442.JPG DSC_3443.JPG

新車なら汚れていない箇所、新車でも次第に汚れが目立ち始める箇所を洗浄します。 ピッチタール、鉄粉類を全て除去し、細部の洗浄を終えると、いよいよマスキング。

DSC_3445.JPG DSC_3447.JPG

アルピナブルーにマスキングはこれで2台目になりますが、これだけでやり切った感がありますw さて、冒頭にもお伝えしました艶が低下している原因ですが、ライトを変えると・・・

DSC_3452.JPG

磨き傷です。むやみに磨き、その後の処理をしっかり整えなかった結果、時間とともに磨き傷に埋まっていたコンパウンドが洗車で取れ、不自然な傷として現れたたわけです。アルピナブルーも台無し。しっかり磨きを入れ整えます。

DSC_3453.JPG DSC_3454.JPG DSC_3457.JPG DSC_3458.JPG

水平面にかなり力を入れ磨かれた形跡、そして、取り除けていない横一直線に伸びる傷。北国で使用されていたお車という事で想定すると、雪かきをした際に傷を入れてしまって、それを整える為に例の所に出されたと思われます。

DSC_3410.JPG

決してKee Pre がいけなかった訳ではありません。全国的にENEOS系で拡大するあまり、技術的に追いつけない。 その技術とは、傷は光で判断するものです。一見綺麗になったと思った塗装表面、機械で磨く訳ですからその磨き傷も無数に入ります。それを徐々に浅く細かくしていきながら、最後にはバフ目を無くすような力加減と磨き方で整える訳です。

DSC_3462.JPG

状態が整ったボディーは、鏡のような塗装面となり、更にプレスラインの形状がどのようなデザインかを表現させます。

DSC_3472.JPG DSC_3476.JPG

BMW乗りなら、誰しも『あ、ALPINAだ!』と言葉が出ます。それだけ特別に感じる車です。

DSC_3477.JPG DSC_3479.JPG

そして、磨き手としては、一度は触ってみたいアルピナブルーorアルピナグリーン。 ブルーのようで光加減ではパールが現れるこのカラー、絶対にくすんではいけないカラーであると思います。 それだけに、中途半端な施工は似合わない車両です。今回も仕上がりにはこだわりを持ち、長く愛用出来る仕上げを致しました。 綺麗になったお車は、オーナー様の心も満たします。そして、それを維持していきたいと思うようになるんですね〜 今回のオーナー様、車関係のお仕事をされている方で、車の話は尽きず、施工も含め大変楽しい時間を頂きました。 今後も状態維持のため、お力になれればと思います。 最後に、紫外線をしっかりカットしているか!その証として証拠写真w

DSC_3485.JPG DSC_3486.JPG

フロント、ピュアカット89の効果は効いてます。

DSC_3487.JPG

そしてクリスタリン90の効果も 現在の車は、定期的なメンテナンスを行っていけば10万キロ超えも可能です。 交換部品は多く発生しますが、それだけ大切にする思いを込めれば愛着も湧いていきます。 カーライフとは、一番好きなデザインをトコトンまで乗ってみるのも一つの乗り方であると感じました。 これからも大切に、そして、末永く愛用して下さい。 この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

DSC_3481.JPG

タイトルにあるリフレッシュ計画!ここ数台車種の次に同じタイトルとしてご紹介しています。 中古車を購入された方、又は経年車で久々に愛車を綺麗にしたい!プロガラスコーティングのコースでご入庫頂いたお車に私の目線で気になる箇所を加え、お預かりしている時間内で施工出来る事をサービスする特別プランです。 料金に加算は御座いません。リフレッシュしたいと思う方、是非ともリフレッシュメニューと一言添えてお問い合わせ下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA