アルピナB10 リフレッシュ計画

アルピナB10 リフレッシュ計画

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。

1月施工車両も終わり、ようやく2月施工車両のアップにたどり着きました。。。

今回のアップ!ALPINA B10 2000年モデルは、昨年に洗車&お持ち込みホイールコーティングでご来店頂いたALPINA D3のオーナー様。 洗車の際に、塗装面が非常に荒れている状態で乗る度にがっかりされていると聞き、私の心に火がつきましたw この車を再び輝かせたい! 同じ2000年モデルのE46 330iを乗っていた私の経験から、この車もまだ蘇る事ができます!そんな会話から、いろいろとご提案。 オーナー様も愛車ではありつつも、引き合いがあれば手放す事もあり得ると言う事から、ならばいっそリフレッシュしてしまいましょう!と言う事で2月の施工予約として月初に入庫致しました。

DSC_4554.jpg DSC_4555.jpg

オーナー様がこのまま乗り続けるか、又は嫁ぐ準備で隅々まで綺麗にするか、いずれにしても今回の施工は全てにおいてオーバーワークw まずはエンジンルームから着手。

DSC_4557.jpg DSC_4577.jpg

嫁ぐなら心臓部分も美しくしてしまえ!そんな思いを投入w そして、ボディはと言うと・・・ 洗車時にざらついていた塗装面、トラップ粘土でゴシゴシと取り除いてみると・・・何故か黒???赤くないの???

IMG_0944.jpg

原因は不明ですが、ほぼ水平面には黒の塗装ミストらしき付着物が存在していました。

DSC_4558.JPG

ブラッシュドアルピナブルーw そんなカラーはありません (そんなラッピングがあるといいかもしれませんねw) 古いコーティングが酸化し、イオンデポジット化しまるで銀河を思わせるような光の放ち方。何処まで劣化しているか分からない状態から手探りでテスト研磨を開始致しました。

DSC_4561.JPG DSC_4562.JPG

初めは研磨量少なめに試した結果、深部は深く、少々荒療治ではありましたが、塗膜をガッツリ削る事に致しました。

DSC_4563.JPG DSC_4564.JPG

磨く度に研磨した塗膜と粉砕されたコンパウンドが飛び散る店内、環境的には悪く、久々防塵マスクをして作業をおこない、前部で4工程の作業で再び綺麗なアルピナブルーに仕上げる事ができました。

DSC_4565.JPG

水平面も側面も、クスミの無い塗膜に整えて、ようやく仕事の終わりが見えて来る時、デコラインのマスキングも工程の一番最後まで貼った状態で仕上げを行います。

IMG_0950.jpg

既に14年経過するこの車両、今ではバンパー一体式のデザインが主流ですが、バンパーの存在感、そして角張ったデザイン。古さは感じつつも個人的には好きなモデルで、BMWらしさを感じる1台です。

DSC_4566.JPG DSC_4567.JPG

アルピナブルーは、光の入り方で色が変わるとてもユニークで綺麗な塗装。 古くても艶やかなカラーがアルピナらしい!それがアルピナであると私は考えます。

DSC_4568.JPG DSC_4569.JPG

少々やりすぎたか??かなり研磨しましたので写り込みが鏡のようになってしまい、施工途中もフェイスブックでリアルタイムにオーナー様へ進捗を報告。再び会う愛車に期待を膨らませつつ待たれていたようです。

DSC_4570.JPG

何度かは施工業者が携わったと思われますが、塗膜もしっかり残っていましたのでここまでの仕上がりになりました。 オーナー様がご来店時、あんな状態がここまでなるんだぁ〜〜と感心されつつ、生まれ変わった愛車を見るオーナー様、とてもいい表情をしておりました。

DSC_4575.JPG

お引渡し当日が雨、コーティング剤はPCX-V110を施工しましたので、雨の日対策としてオーバーコートを施工。これで初期トラブルを防ぎます。 お引渡し当日は雨、そして週末は雪でした。更に翌週も大雪。。。 はたしてB10の状態はどうなったのでしょう・・・ そんな心配をしていたら、今日、嫁ぎ先が決まりましたとの連絡がありました。 綺麗にした途端買い手が見つかったのか、突然の出来事で驚きました。 オーナー様も、もう少し綺麗になった状態で楽しみたかったと心残りな感じではありましたが、まずは買い手が決まって良かったな〜〜と思いました。 最後に、ちょこっとこの車のご紹介!

DSC_4578.JPG

4.6L V8エンジン!パワフルなエンジンです。

IMG_0943.jpg

そして何故かマニュアル!アルピナはATですから、メーターにもATゲージがあります。ここはオーナー様の趣味なる世界!MT載せ替え!楽しそうな車です。 ただ、フライホイールがとても重く、慣れるまでは足が相当疲れるでしょうね〜 そして、オーディオ。純正ではありません。ナカミチのデッキに外部アンプ。 ドアも音質向上のためダイナマットを装備しているため相当重い! 音は出しませんでしたが、こだわり方がひと味違う。

私の650が無ければ一足先の嫁ぎ先候補として名乗り出ていた所ですw 走行距離は17万キロ突破。それまで必要な交換部品など、一通り一巡しており、これまでの維持は相当なご苦労であった事を感じさせます。 交換必要な箇所が一巡すると、これまたロングライフで乗る事ができる1台。

新車も良いでしょう!しかし、古い車も決して捨てたもんではありません。 しっかり整備し、定期的に車を動かしていれば元気は保てます。 古さからくる良さ、この車を触り、車と会話するかのような雰囲気を充分楽しめた時間でもあり、とても有意義な施工を経験させて頂きました。

次なるオーナー様は遠方。もう携わる事は無いかもしれませんが、嫁ぎ先で元気で愛される事を願っています。 この度も当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。 BMWキャンペーンはいまでも継続中です。 キャンペーンメニューは過去の記事として葬られそうな感じですが、タグのキャンペーンから確認する事ができます。 BMWを愛用されている方、是非ともリフレッシュしてみませんか? お問い合わせお待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください