スバルWRX STi リフレッシュ計画

スバルWRX STi リフレッシュ計画

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。 ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

今回のお車、SUBARU WRX STiです。 施工したのは3月、ご報告が遅れまして申し訳ございません。 丁度この時期、立て続けにWRXの問い合わせがあり、面白い事がおきるものだぁ~と感じておりました。

DSC_4779.jpg

SUBARUのWRXとあれば、ノーマルで乗る方もいれば、かなりハードなカスタマイズされる方がいます。今回のWRXは、ハード!楽しそうな仕上げになってました。 今回のタイトルはリフレッシュ計画!それは、傷だらけのWRXを綺麗にさせる以外にもう一つの依頼。デントリペアです。 カービューティープロ アークさんのご協力もあり、最近ではデントまで受付可能になりました。

DSC_4625.jpg

デントに至っては、軽度に見える凹みでも、場所により施工の可否がありますので、一度ご来店頂き、確認させて頂いております。 撮影日からご入庫当日に、もう一カ所凹みが発生してしまったようで、都合2カ所のデントとなりました。 まずは、洗車を終えた後に各部パネルチェック。

DSC_4781.jpg DSC_4783.jpg DSC_4784.jpg DSC_4785.jpg DSC_4786.jpg DSC_4787.jpg DSC_4788.jpg DSC_4789.jpg

傷がすごいですね~~。数年でこの状態は・・・塗装の柔らかさに原因があります。

DSC_4792.jpg DSC_4793.jpg DSC_4794.jpg DSC_4795.jpg

塗装の柔らかい車の場合、磨きも慎重に行います。今回は普通の手順で進めてしまい、あとでこの車の塗装が柔らかい事に気づき、途中から工程変更。結果的には問題となる傷を研磨する事ができました。工程としては4工程。とても長い時間となりました。

DSC_4797.jpg DSC_4798.jpg DSC_4799.jpg DSC_4800.jpg

濃色車の場合、綺麗に仕上げた後のパネルは、そのプレスラインが光を綺麗に表現し、綺麗なプレスラインを強調させます。仕上がった車の一番良い時です。

DSC_4801.jpg DSC_4803.jpg

かなり磨きを入れましたので、その分塗膜は薄くなってます。問題はこのコンディションを維持出来るかどうか! お客様もコーティング剤については悩んでしまうと言う事で、定番のご説明。濃色車は親水が良いですよ!よって、PCX-S7をチョイス致しました。 艶感をさらに引き立てる効果もあるコーティング剤、洗車もしやすくなります。

DSC_4807.jpg DSC_4809.jpg

この状態を維持したいですからね。洗車の手解きはさせて頂きます。 そして、コーティング前にデントリペア。神の手でした!素晴らしいの一言。

DSC_4810.jpg DSC_4811.jpg

左フェンダーと左リアドア。リアドアに至ってはインパクトビーム付近にあり、作業にはやや問題もありましたが、ドアヒンジ近くのサービスホールから作業ができ、綺麗に処置完了。

引き渡し当日、現車を確認されたオーナー様は、綺麗になった愛車に感動!そしてデントの箇所も確認され、ご満足頂きました。 デントに至っては、機械でプレスされたラインを人の手で戻します。それ故、機械程の綺麗なプレスラインに戻るケースもありますが、全てが元に戻るとは限りません。ただ、経験豊富な技術者が作業を行いますので、素人目には決して分からない状態になります。 今後もデントに至ってはご紹介する車が登場します。状態により金額が異なりますので、まずはメールでご相談下さい。 WRX STiオーナー様。この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとう御座いました。

さて、5月のスケジュール、ご案内が遅れてしまいましたが、既に埋まっております。 現在6月の施工予約として、お問い合わせを頂いた方にはご案内させて頂いております。 115キャンペーンも、5月末予約6月施工として受け付けておりますが、ちょっと一つアイデアを出しまして、新たな企画をご案内致します。 今週のアップに加える予定でおりますので、もうしばらくお待ち下さい。 この企画、お得かどうか・・・多分、お得だと思いますw 最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA