ミニクロスオーバー新車ガラスコーティング&フィルム施工

ミニクロスオーバー新車ガラスコーティング&フィルム施工

こんにちは。CBP115のヨシノです。

8月です。あついですね~~ ついに夏到来!熱中症になりそうな勢いです さて、またしても2週間更新を怠りましたw 時間と気持ちにゆとりができましたのでアップします。 今回はMINIクロスオーバー。新車ガラスコーティングとフィルムの同時施工。 まずはリアのフィルム。3MのスモークIR20を施工します。

DSC_5082.jpg DSC_5084.jpg

3MのIR20は程よい濃さ、そして赤外線も54%カットします。 3M品は今特価を行っておりますので、この夏で『暑い!』と感じた方は是非ともお問い合わせ下さい。 そして運助、こちらにはクリスタリン90を施工。まずは透過率測定。

DSC_5087.jpg DSC_5088.jpg

MINI COOPER は透過率が極めて低いのですが、この車は高いです。

DSC_5089.jpg DSC_5090.jpg

中央分離帯の支柱付近に3Mのマーク。これがクリスタリンの証。ただし、この印刷は後程消します。 そしてボディ!MINIらしくグリーンのメタリック、これもスクラッチが目立つカラーです。

DSC_5092.jpg DSC_5091.jpg

新車ならライトにマスキングなのですが、樹脂パーツを使用しているMINIに至ってはフルマスキングを行いました。

DSC_5097.jpg DSC_5099.jpg DSC_5103.jpg DSC_5104.jpg DSC_5109.jpg DSC_5111.jpg

軽く2工程の磨きを加え、納車前のスクラッチ等を全て研磨。そして綺麗な状態に致しました。

DSC_5115.jpg DSC_5116.jpg

コーティング剤は樹脂パーツにも適応できるPCX-V110。フッ素配合の低撥水パターンです。 完成後、透過率の測定。

DSC_5123.jpg DSC_5124.jpg

ガラスの個体差、当店の測定条件でも施工後の透過率がまれに下がらないケースがあります。 これもクリスタリン90の特徴。問題は施工後の透過率が70%以上である事が重要です。

DSC_5120.jpg DSC_5119.jpg

車を購入される時、必ずコーティングを行われますね~。それだけコーティングが定着している事を意味しています。 では、ガラスコーティングをしたから、もうなにもしなくても大丈夫!そう思われている方も多いかと思います。 耐久性があるから、高額なコーティングだからなにもしなくても大丈夫なんだろうと思われている方!そうでは無いんですよ!

耐久性があるからこそ、その効果を長期間維持する為にも、塗装表面に堆積した不純物は定期的に除去しなくてはなりません。それが定期メンテナンスです。 定期メンテナンスも、ご自身で手洗い洗車を行ってカルキだらけになってしまった塗面、その状態でメンテナンスを行っても正直どの程度綺麗になるか、こればかりは個体差がありすぎてやってみないと分かりません。

そこで、当店では定期メンテナンスを更に細分化する意味でメンテナンス洗車と言うメニューをご案内しています。 但し、定期メンテナンスも行わず、さらにメンテナンス洗車も不定期に行われる車に至っても、どこまで状態が戻るかお約束出来ないんです。 メンテナンス洗車を1年に1回受けて綺麗になるか?正直なりません。 洗車が好きな方は、毎週洗車と市販のコーティング剤で作業されます。2週に一回の方も1ヶ月に一回の方もいらっしゃいます。状態を維持する為に、好きな方はこまめに行われている。 だから綺麗な状態が維持出来るんです。 それがプロのコーティングを行ったから、洗車も汚れが目立った頃でいいか!そうなっては遅いんです。 最低でも月1回行う方がベスト!それが長持ちの秘訣です。

ブログではメンテナンス洗車を行った車両については、特別アップはしておりません。 作業優先のため、写真撮影を省いているのもありますし、なによりお客様がお待ちになっております。 しかし、お車を大切にされた方、プロの目で状態を逐一把握して頂きたい方、そして、洗車キズを入れたくない方は当店でのメンテナンス洗車をご利用頂いております。

専門店が行った施工、安い金額では御座いません。状態を維持する為にも是非ともメンテナンス洗車をご利用頂き、お車を大切になさって下さい。 最後が長くなってしまいましたが、お車を大切にして欲しいと願う思いをお伝え致しました。 最後までお読み頂きまして誠にありがとうございます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA