フォードエクスプローラー 新車PCX-S7施工

フォードエクスプローラー 新車PCX-S7施工
こんにちは。CBP115のヨシノです。
ここ2週間、立て込んだ状態が続き、更新が滞ってしまいました。
既に4月に入りました。春ですね~。
桜も満開からやや散り気味。私は今が一番好きな時です。
路肩に積もる桜の花びら、車が過ぎる度に花びらが舞う光景は歌舞伎の舞台のようですw
(と言っても歌舞伎は見た事ないのでイメージですw)
DSC_6141
当店の前に咲く牡丹桜、桜が散る頃に満開になります。
小さな木ですけど、満開になりますと毎日花見をしている気分で心が和みます。
さて、季節の話しはここまでとして、今回はFord Explorerです。
アメ車。実は当店で初めての施工車両。サイズを確認して入庫は大丈夫。
メールでの商談をすすめて、いざお預かりとなった時に、デカイ!幅がデカイ!
DSC_5850
入庫ラインの位置が左右でギリギリだったんです(汗
それでも施工はできますから、画像は早速完成写真。
初アメ車、どんなもんだろう~~とパネルチェックしても問題無し。
ボディーカラーがホワイトですとどのメーカーも欠点がないのが特徴です。
が、しかし!デカイw
幅で2mは磨きを入れるのに大変ですでした(汗
DSC_5852 DSC_5853
お客様からのご要望でこちらは剥離をさせて頂きました。
DSC_5856
そして、樹脂部分、ここもしっかりとコーティング。シボに汚れが詰まると見窄らしくなりますので対策を施します。
DSC_5857
大きなボンネットです。でも何故か2Lエンジンとは驚きでした。
このお車で一番驚いたのは、今のアメ車は電子化が進んでいる事でした。
まずは右Aピラー
DSC_5861 DSC_5866
大きな車体です。小さなモニターでは見にくいかも知れませんけど、鏡よりも効果的かもしれません。
フロントと右サイドの死角はこのモニターでカバー。
DSC_5863 DSC_5864
メーターパネル、センターパネルも綺麗で電子的。ボタンよりも操作性が良さそう。
DSC_5865
触ってみて驚いたのがボタンではなくタッチセンサーだった事ですね!
触れた後にピッピとアンサーバックがあるのも安心。
コーティングはPCX-S7ワニス系ガラスコーティング剤を施工。
大きな車体ですから、洗車の際も手軽に吹き上げられる仕立てが良いと思いご提案させて頂きました。
そして、ガラスはPGS-33を施工。長期間に渡る撥水効果と、保護力でガラスウロコをカバーします。
今回は施工の紹介と言うより、初アメ車!そんな感じになってしまいました。
普段触っている輸入車とは異なる感触でしたから、感想を述べてしまいました(汗
初アメ車!ご入庫ありがとう御座いました。
お車のアップが遅くなりまして申し訳ございませんでした。
当店施工車両に限りまして、メンテナンス洗車は¥3000(税込み)で行っております。
是非ともご利用頂ければと思います。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA