ダイハツ コペン PCX-S7施工

ダイハツ コペン PCX-S7施工
当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。
CBP115のヨシノです。
今年のゴールデンウィーク、皆様どのようにお過ごしになられたでしょうか?
私の場合、これまで日曜日も営業をしてきましたので、ここで数日の連休と言うのは身体が鈍ってしまうようにも感じてしまい、6日は祝日だと言うのに店を開けて洗車を致しましたw
ここに来て、私が知っている洗車場がまた閉鎖になりました。
設備更新に膨大な費用がかかるため洗車場として存続はしないような事なんでしょうかね〜。
一回当たりの利用料金に対して、設備の費用って回収の見込みはないと思えてなりません。
余った土地の運用方法。昔は洗車場。今はタイムズ??
この田無周辺、マンションも一戸建て住宅も多いです。
そして、一家に一台の所有率も必要なエリアであると思います。
が、しかし、洗車を満足に出来る場所がないですよね〜
敷地ギリギリに建てる住宅や、そもそも住所者用の洗車スペースすら確保していないマンションもありますから、仕方ない。
そうなってくると、スタンドの門型洗車は大活躍ですね〜〜〜どんな状態になるにせよ、綺麗にする方法はスタンドならある。
当店は、残念ながら、当店で施工して頂いたお客様のみ、洗車入庫が可能ですから、一般のお問い合わせはご勘弁させて頂いております。但し、当店お客様なら要スケジュール確認が必要ですが、確実にご予約ができます。休み明けで頑張って行動を共にした愛車を綺麗にする!
そんな愛車心をお持ちな方、当店で施工をされてみてはいかがでしょうか?
さて、今回のアップは小さいながらも愛車心に満ちあふれる方のクルマ、ダイハツコペンです。
DSC_6001
小さいですよ〜〜。小さいクルマって施工は早いです!そして単価も安いです!
しかし、それなりに時間かけないといけませんから、普通車と感覚が変わらないかもw
DSC_6002 DSC_6003
過去にフィルムを施工して頂いたお客様、今回はボディーをリフレッシュ。
だが、水平面はかなりイオンデポジットだらけ。国産車でここまで来ると塗装と相談しながら作業を進めるようになります。
何を残し、何を研磨するか、考えながらやるのですが、仕上がり感を考えるとまずは無理せずいける所まで行ってみよう!そう考えて作業をします。
DSC_6006 DSC_6008
イオンデポジットはクセみたいなものです。一カ所に動きの悪い状態が発生すると、そこが抵抗になり、いつも同じ場所に水が残ってしまいます。放置すればどんどん進行していきますから、気がついたときには『なんじゃこりゃぁ〜〜〜〜』なんて叫びたくなる事もありますよ!
DSC_6011
塗装にも限界がありますから、出来る範囲内で綺麗に仕上げます。
DSC_6012
今回のお車は、洗車傷というよりも、イオンデポジットが酷かったですね〜。
国産車の塗装は柔らかい分、濃色車はちょっとの放置でイオンデポジットになってしまいます。
DSC_6016 DSC_6017
コーティング剤は親水ワニス系のガラスコーティング、PCX-S7を施工。
綺麗なコンディションを維持するためにも親水系で整えました。
DSC_6019
愛車が綺麗になった姿を見たオーナー様、そして愛車の話しをする表情豊かな姿。
小さいながらも本当に大切になさっているな〜〜と感じました。
最後に、輸入車だから専門店に出すのではないんです。愛車を綺麗に乗りたいから、専門店に託すんだと思います。クルマが好きなオーナー様は、その愛車の好きな部分がある!そして綺麗に維持していつまでも乗っていたいと思うんです。クルマ好きな私自身がそう思います。
コペンオーナー様、ご報告が遅れましたが、この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。
クルマ好きな方、愛車を綺麗にされたい方、当店に託してみてはいかがですか?
是非ともお問い合わせお待ちしております。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください