ABARTH 595 新車PCX-V110+オプション施工

ABARTH 595 新車PCX-V110+オプション施工
ブログ更新がご無沙汰になってしまいました(汗)
CBP115のヨシノです。
今回のアップ、どういう表現にしようか、いつかは公開しなくてはならないな〜〜と思って
ついに今回公開する事になりました。
ABARTH 595 ご登録は2月末。当店の場合、新車コーティングとしてはご登録から2ヶ月までを新車扱いとして施工させて頂いております。
まずはご相談でご来店頂きましたのが3月末。新車コーティングとして直近スケジュールを確認し、4月7日のご入庫となった訳なのですが、この施工受注に至る背景が、、、
いつもの事ながら、私は店内で作業をしておりました。そこにABARTH595様がご来店されました。
ごく普通にコーティングについてのご相談だったのですが、お話を進めていくうちに『実は・・・』
当店に来られるに至ったお話が始まりました。
結論から、当店をお選び頂いて本当に良かったと思います。
これからの内容は一種のネタです。伺った内容を私なりにアレンジ。
お客様はスタンドへ給油に。普通にセルフ給油をしているとスタンドスタッフが寄ってきて
スタントスタッフ『お客様!お車のコーティングはいかがでしょうか?今キャンペーンをやっています』
お客様『いくらなの?』
スタンドスタッフ『お車は新車でしょうか?このお車ですと¥150000でご案内致します!』
お客様『・・・(なに?このコンパクトなサイズで¥150000)』
スタンドスタッフ『今でしたら5年保証のキャンペーンをやってまして、¥250000のところ¥200000でご案内できます!』
お客様『はっ!?別にいいや(汗)(5年で¥25万が¥20万?なんだそれ)』
と、給油を終え、そのままの足で当店へご来店されました。
当店でも施工のお話をさせて頂いたのですが、金額については高いと思われる方もいれば、安いと思われる方も居ます。
その温度差はとても広く、私自身も金額をズバリ!自信を持って言うのも気が引けてしますんですw
金額もさることながら、この仕事は施工の内容をご判断頂きたい所であり、屋外で見てこのお車はこの金額です!なんて自身を持ってよくもまぁ〜〜言うな〜〜と私自身感じました。
もちろん、このABARTH 595は新車です。
新車は新車料金として設定がありますから、この場合¥38000なんですよ!ここ自身を持っていますよ(笑)
¥150000に比べたら安いですよね〜〜。およそ4分の一の価格。
イタ車の場合は、塗面の状態が新車時から良くない。そこを踏まえた磨きを入れますので、自ずと2工程の磨きとなります。
果たして¥150000のコーティングってどんな事やるのでしょう??? 私自身不思議です。
DSC_6156 DSC_6155
磨きと言って単にポリッシャーを廻して艶が出た!それが仕事と言うならば誰でも出来る。
スクラッチを研磨し、研磨した際に発生している磨き傷を更にコンパウンドの種類を変えて整える。
結果どんな光の下へ持っていっても色ボケも無く、スクラッチは入っても長期間の艶感が約束されるんです。
DSC_6157
その金額は個体差状態別に設定するのも良いでしょう。しかし、オーナー様はどんな状態であれ自分の車を綺麗にするための指標として単価を把握したい。その気持ちがあります。そこに見えない格差があっては綺麗にされたい意思すら湧いてきません。
新車と経年車と、その温度差も大きく異なりますからね〜〜。単価設定と言うのはご提案する際に充分注意しなくてはならないんです。
DSC_6158
そんな背景があり、当店をお選び頂いたオーナー様。このお車の悩むべき点。やはりホイールの汚れ。
そこを簡単に洗浄できるよう、コーティングも追加で行いました。
DSC_6160 DSC_6159
磨く事で艶がアップする!その美観、コーティング剤によって更に引き立てられます。
DSC_6162
そして、ウィンドウも油膜を除去した上でコーティングも全面に行い、雨天時の視界も安心出来るように致しました。
DSC_6163 DSC_6164
使用したコーティング剤は耐久性に優れた低撥水タイプPCX-V110、ウィンドウにはPGS-33。
ご入庫時よりも艶も向上。ここまでやっても10万は超えてません(笑)
金額相応な仕上がりかそれ以上が専門店の仕事です。
オーバーワークになってしまう時がありますが、それは私からの思いやりと思って下さいw
ABARTH595オーナー様、この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。
DSC_6161

 

東京、西東京、武蔵野、三鷹、練馬、杉並の自動車、ガラスコーティング、カーフィルム専門店

Car Beauty Pro 115 (カービューティープロ115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA