ALPINA D3 メンテナンス洗車

ALPINA D3 メンテナンス洗車

こんにちは。カービューティープロ115のヨシノです。

まずは、臨時定休日のお知らせ。

11月9日と10日は誠に勝手ながらお休みさせていただきます。

ほんのちょっぴり命の洗濯w 日頃の疲れを癒してきます。

そして、11月の予約状況。

11月突入時点で月内のスケジュールは全て埋めておきたいところですが、

月末付近で新車でしたら3台。経年車でしたら1台。

ただ、ディーラー様新車の需要が入り次第、11月の受付は終了となります。

それでは本日のお題。メンテナンス洗車です。

いつもなら施工の内容をご紹介していますが、SPGコートの優れたところをご紹介するため、

それと、こまめな洗車の重要性と、メンテナンス洗車の必要性をご紹介いたします。

DSC_8471

10月21日、ALPINA D3のオーナー様のメンテナンス洗車のご予約をいただきました。

状態は、過酷な使用状況、過酷な保管状態(オーナー様ごめんなさいw)ある意味テストをしていただいている状態ですw

午後からご入庫いただきまして、およそ1ヶ月間の無洗車状態で洗車を開始。

DSC_8472 DSC_8473

水平面、垂直面ともに固着した汚れ、水道水のカルキ跡が無数に存在していました。

DSC_8480 DSC_8478

洗車した限りでは、大きな汚れの固着は見られず。しかし、水の動きに抵抗がいたるところにあります。

秋の旅行、仕事で車を使用しするなど、出先の駐車場で木の下に止めることで付着した樹液等もありました。

シャンプー洗車で落とし、そしてすすぐ。鉄粉除去とトラップパットで樹液を除去。

その跡は特殊なケミカルで塗装固着する汚れの洗浄。 最後に仕上げのすすぎ。

そして結果は?

DSC_8482 DSC_8481

見事なまでに固着した汚れ、カルキ跡は全て取り除かれました。

DSC_8480 DSC_8483

左が処置前、右が処置後。

パネルに残る水の動き、処置前の状態は一体何だったのか?と思う程の変化です。

撥水の状態も、拭きあげ感も、コーティングの膜厚感も、施工直後まま。

オーナー様は、変化が起きる都度、水の動きを見て

う~ん。変化出てきましたね。

おぉ~。撥水してきた。

おおおおおお!おおおおおおおぉ! 元に戻ったぁ~~w

驚かれていましたw

こまめな洗車、私も毎日お風呂に入り、1日の汗を流し、リセットします。

車はさすがに毎日とはいきませんが、理想は1週間に1度。最低でも2週間に1度

このペースで洗車をして頂きたいと思っています。

そして、月に1回のメンテナンス洗車を受ける。

そうすることで塗面を常にリセットできます。

リセットする理由。それはイオンデポジット化を防止すること。

洗車キズは磨けばなんとかなる!イオンデポジットは深く塗装面をえぐるため、深すぎるものはむしろ手遅れになります。

手遅れにならないようにするため、こまめな洗車がとても重要なのです。

そして、気持ちの問題。

愛車を大切にする心が、もっと大事に乗っていきたいとも思うし、ちょっとした愛車の変化にも気がつくようになるんです。

乗りっぱなしの車だと、いずれ洗車する気も起きなくなるでしょ?気持ち良くドライブできませんよね?

DSC_8486 DSC_8485

拭き上げた後のコンディション。綺麗な愛車に戻った瞬間は、それは良い気分ですよw

そして、SPGコート低撥水。

今回の洗車は、樹液を除去するために、少々ハードに洗車をしました。

洗車キズ覚悟でトラップパットを使用しましたが! 仕上げた後の状態。皆無です。

DSC_8487

通常のガラスコーティングよりも手間がかかっています。被膜も手応えある感覚。

そのためちょっとやそっとでは洗車キズが入らない仕上げがSPGコート超撥水と低撥水なのです。

手軽に、しかも洗車の時間が大幅に短縮する仕上げ!そして、パネルには追従するけど強固であり柔軟な被膜。

仕上がった愛車の感覚は、合言葉にして『ナンジャコリャ!』良い意味ですよw

これまでのガラスコーティングとは異なる感覚に、きっと満足されるはずです。

そもそも、このALPINA D3との出会い。

初めて入庫した時は下の写真でした。

DSC_3452 DSC_3457

今となっては全く別物の車です。

愛車を美しく保つために必要なのが磨き!美しさを得た状態をキープするのがコーティングです。

安ければ良い!いや、安いコーティングはそれなりです。

大切な愛車としっかり向きあう当店だからこそ、オーナー様満足度も高く、そしてアフターサービスでもご利用いただいております。

愛車のコンディションを維持するためにも、当店は全力でご協力を致しております。

そして、洗車が終了し、ALPINA D3は店に格納。

私の車で埼玉県飯能市にある、レンタルカート場 ラー飯能へ行ってきました。

IMG_4125 IMG_4127

作業ツナギからレーシングスーツに着替え、およそ10分の走行を2回走ってきました。

IMG_4126 IMG_4128

1年ぶりのレンタルカート。日没からの走行、路面温度も低く、タイヤも暖まらずに1回を終了。

久々の横Gと、ハンドルを握りしめるために日頃使わない筋肉の爆走モード。

10分後には握力がなくなるほどでしたw

レンタルカートを本気で楽しむ理由。

一般道で爆走してもそれは違反!自動車は安全に運転しなくてはならないのが免許証を持つ人の義務です。

チャレンジする、車の本来の挙動を学ぶにはこのレンタルカートが一番。

攻め込むのも良し、安全運転でゆっくり走るのも良し。

電子制御のない車が、どんなことをしたらスピンするのか!絶対にやってはいけない動作がこのレンタルカートにはあり、それを学ぶ事ができます。

IMG_4129

楽しさの中に奥深さがあり、それをまた学び楽しむ。

そこを本気で挑むからこそ安全にも十分配慮するようになります。

IMG_4131 IMG_4132

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。

でも、ここに来るためにまた一生懸命働こうとも思えます。

IMG_4130

こんな姿は初公開(笑)気持ちだけでも速くなりたい!

その瞬間はレーシングドライバーとして遊んでいますw

今回は遊びも踏まえてみました。

最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧に作業をして再び大切にお使い頂ける仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA