コーティング剤の選び方について

コーティング剤の選び方について

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

西東京のカーディテイリングショップ カービューティープロ115のヨシノです。

2月のこの寒暖差、異常なのは百も承知なのですが、当店の前に綺麗に咲く牡丹桜の芽が出始めました。

まだ小さく、ゆっくりと新しい季節を知らせる感じ、少し春を感じました。

日々周辺のちょっとした変化を感じるって、気持ちがリセットされるようでとても好きです。

DSC_9531

さて、今回のタイトル『コーティング剤の選び方について』

選ぶってどう言うこと?と思われた方もいるでしょう。主流はガラスコーティングじゃないのか?

そう思われて普通だと思います。

SONY DSC SONY DSC

今回話を長くせず、箇条書きにまとめてみます。

◎屋外保管の場合

パターンは1)毎日乗られる方 2)週末愛用者 でご説明します。

1)毎日乗られる方

ガラスコーティングでもフッ素コーティングでも、ご予算に応じてお選びください。

ガラスコーティングは高耐久性です。撥水力は長期間維持されますし、毎日乗られる事を考えたら定期的にお手入れされているかと思います。

フッ素コーティングでも十分です。被膜がガラスコーティング程強度ではありませんが、撥水性は抜群。そして1年に1度のメンテナンスコートで維持する事で美観も、撥水も保たれます。

SONY DSC SONY DSC

2)週末愛用者

低撥水/親水系ガラスコーティングがベストです。

週末しか乗らない場合、平日に雨が降れば汚れますね。撥水パターンですと、細かな水鱗も確実に残ります。

その小さな水鱗が原因となりイオンデポジットが発生していき、さらに深くなり取り返しつかない状態になります。

低撥水/親水系であれば、これを軽減することができます。

SONY DSC SONY DSC

◎屋根付きの場合

パターンは1)インナーガレージ 2)カーポート でご説明します。

1)インナーガレージ

もぉ~~車のための部屋。この場合、フッ素コーティングで十分です。

雨風凌て、紫外線からも守られる環境にガラスコーティングは必要ありません。

フッ素コーティングで3年は維持されます。

そろそろ美観が、、、それが3年目だとしたらそこで再施工。

ランニングコストを抑える事ができます。

SONY DSC

2)カーポート

インナーガレージほどではありませんが、雨はある程度凌ます。

直射日光が当たらない分、焼け付き現象も起きません。

自然と乾燥しますから超撥水でも軽度で済みます。

SONY DSC

簡単ではありますがまとめてみました。

専門店ではお客様とヒアリングした上で適材な施工方法をご提案できます。

ディーラー施工では、保管環境に問わずコーティング剤は限定されてしまいます。

保管環境に合わせたコーティング剤をチョイスするのがプロショップの良いところです。

ガラスコーティングだから最強だというわけではありません。

フッ素コーティングも保管環境によっては有能なコーティング剤なんです。

SONY DSC

(カルナバ蝋配合 フッ素コーティング剤 PC-52)

施工の前に、保管状況を教えてくださいね。

どのようにするか、それを踏まえたご案内ができます。

そして当店では、施工した車両を定期的にメンテナンス洗車として洗車サービスを承っております。

洗車をする理由。それは管理状態を把握するためなんですよ~。

洗車以外に気がついたところにちょっと手を入れる。そして美観を維持させます。

当店の利点をご理解いただいたお客様は定期的にご利用いただいております。

愛車を新車時のように綺麗にしたい。そう思われる方、是非ともお問い合わせください。

メールは苦手、そんな方は、是非ともお越しください。

詳しく丁寧にご説明いたします。

最後に、現在キャンペーン中です。下記URLをご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

皆様のご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA