AUDI Q7 メンテナンス洗車

AUDI Q7 メンテナンス洗車

こんにちは。カービューティープロ115のヨシノです。

 

ここ最近悩みがつきません。

問題は山積していると感じてはいるのですが、その対処法がどうしたら良いのか・・・

その悩みとはホームページに関する件。

2年前に作り変えた(業者へ依頼)わけなのですが

ん〜〜〜〜イマイチテンプレートとしての見やすさに欠ける。

今風じゃないって事を昨年知りまして、そこから悩みが続いてます。

 

そして先日、当店のホームページのサーバーを借りている会社の関連企業から電話があり

「今の時代、ブログの更新を沢山したからって、上位に上がるわけではありません」

などと、また意味不明な話を聞いてしまったんですね〜〜。

時間割いて話を40分近く聞きましたが、丁度別の用事もあり話は強制終了。

対策取るには大きな費用が発生する・・・その辺の話はもうウンザリです(笑)

 

さらに一昨日、問い合わせで一件の電話がありました。  施工に関するご相談

このお問い合わせがある意味正しいご意見であると感じまして、大改革の決心となりました。

それは「ホームページ見たのですが、どこをどう見たら良いのかわかりづらかったので・・・」

お問い合わせいただいた方も大変恐縮しながらお話しいただきまして

私も実際の本音を伺えた事に大変感謝しております。

ブログメインなホームページというより

やはり愛車を綺麗にしたいと思ってご覧いただくサイトでありますから、

訪れた方が、迷う事なく誘導できるサイトにしないとなりませんね(汗)

 

目標!春までには作り変えたいと思います!

 

さて、話は変わりまして、AUDI Q7のメンテナンス洗車。

こちらのオーナー様も、先日ちょいとした打ち合わせでご来店されまして

その際、車がだいぶ汚れていましたので、お預かりして洗車を行いました。

今回の内容は、Q7の洗車で何を考えながら作業したかをご説明いたします。

 

IMG_8103

 

当店で行う洗車、まず見ている部分は水の撥水具合。いわゆるコーティングのコンディションです。

 

●水の接触角はどうか

それぞれのコーティング剤がもたらす撥水角。コーティング剤で異なります。

撥水基も時間の経過とともに変化する。水の量でどう動くかを判断しています。

 

●パネル表面の、見えぬ堆積物

乾燥状態だと見えない水垢。リング状の水垢がどの程度水の動きを邪魔しているのか

車体を洗い、すすぎの時に状態を確認しています。

 

ただ汚れを水圧で流し、シャンプーで洗うときもあれば、動きを整えるために短時間で処置を行うこともあります。

実際に私が何をしているのか??じっくり観察されているオーナー様もいた事があります。

残念な事に、塗装表面に抵抗となる水垢

消えてスムーズに水が流れた瞬間は、一般の方ですとその差が見えないようなんですね〜

 

解りやすく説明しますと

ステンレス流し台。水を放置するとカルキが無数に残ります。

お風呂場の鏡。カルキが原因で水切れが悪く、鏡の役割を果たしていない。

これが見える堆積物(固着物)です。

塗装の場合、水の動きに抵抗が生じている場所にそのカルキが存在しています。
(あいにくドライになるとそれが解りづらくなってしまいます)

 

IMG_8104 IMG_8105

堆積物が原因で水の動きは親水傾向になります。

施工した車両のコーティング剤、本来どういう動きにならなければいけないのか!

ケミカルの力で取り除ける固着物を、絶対に乾燥させないようにしながらクリーニングをしています。

 

IMG_8107 IMG_8109

 

クリーニング後の状態。

画像だけではわからないですよね〜

水が普通に撥水している・・・意味がわからない。 そう思われるのが普通なんです。

この水を吹き上げた時、水がパネルに残らず給水できるのか!吹き上げないとわからないんです。

それがメンテナンス洗車。

 

コーティングをしていない車を吹き上げた場合、水がパネルに残りませんか?水垢が尋常じゃない状態ではないですか?

コーティングをすればそれが回避されるのか・・・ノーです。

磨きを行なって、肌荒れを起こしている部分を整えてあげるからコーティングの機能も最大限発揮されるんです。

 

市販品もだいぶ進化しました。とても効果的に、そして使いやすく。

しかし、絶対的にプロが使用するものとは異なります。

 

IMG_8124

 

全てにおいて使用するものはプロ仕様ですから、綺麗になるというステージも一般レベルでないのは当たり前な話です。

しかし、そこにはプロとしてのプライスが存在するんです。

安さをお求めになる方でしたら、色々とリサーチをされた方が良いでしょうし、

仕上がりをお求めになる方ならば、その施工店でできる内容を直接伺う事が重要だと思います。

施工相談に伺う事、それは施工しなければならないことではありません。

普通に買い物と一緒です。

 

当店では、施工からメンテナンスに至るまで、細部にこだわり取り組んでおります。

IMG_8123 IMG_8122

 

今回のAUDI Q7。大きな車体だけではなく、細かいフロントグリルの汚れも取り除きました。

実はAUDIオーナー様なら、この格子部分が大変で、汚れも目立つところで、困っていたりするんです。

仕上がりは、一番目につくんでしょうね〜w

ボディーよりも黒々と、くすんだ汚れがなくなっているフロントグリル。すぐに気がつかれました。

 

一般の方ではできない仕事がプロの仕事。その仕上がりは絶対に真似できませんよ〜〜w

でも、当店施工車両であれば、リーズナブルなプライスでご提供しております。

 

 

リフレッシュをご検討の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なさらずにお問い合わせください。

どんな細かいことでも、お答え致します。

→http://www.cbp115.com/campaign/

リフレッシュするための内容充実なプランです。お問い合わせお待ちしております。

 

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,カーコーティング,カーフィルム専店,カービューティープロ 115

 

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のカーコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください