マツダ センティア(平成10年式)リフレッシュ計画その3

マツダ センティア(平成10年式)リフレッシュ計画その3

こんにちは。カービューティープロ115のヨシノです。

 

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

先日はとても嬉しいお話を伺いました。

ご利用くださったお客様でして、依頼されるにあたり、当店の過去のブログを隅々読まれて

雑談の中で数年前に掲載した内容をお話くださってw

むしろ私が忘れてたくらいで驚いてしまいました。

隅々まで読んでくださる方が一人でもいるって、検索上位になるより嬉しい事です。

これからも一人でも多くファンが増え、面白いブログと思って頂けるように努力したいと思います。

 

センティアも大詰め。

今回の施工の中で、最も注意して作業したのが塗装の研磨です。

ガラスは想定内の範囲。フィルムの劣化も想像していた通り。

とりあえず、先にフィルムの透過率について掲載。

 

DSC_3162 DSC_3174

DSC_3163 DSC_3175

 

運転席、助手席はリンテック ウィンコス IR-90HDの施工。

透過率も施工前 70% 施工後 70%

今回の施工はギリギリクリアかなぁ?って感じでした。

それでも厳しめに測定していますので、おそらく車検は問題なくパスします。

 

塗装に至っては、各メーカーの特徴がモロに出てきます。

ただ国産車で19年前の塗装を触る事ってそうある事ではありません。

 

前回の作業時に使用したケミカル類、まずそれが耐えうる塗装かを判断するパートでした。

そして今回は磨き!

 

DSC_3164 DSC_3165

 

この磨きに至っては、セオリー通りでは間違いなく失敗する恐れがあったため

研磨力の低い順の手法で挑んで見ました。

 

DSC_3166 DSC_3167

 

結果は熱を入れずに研磨できてしまう程弱い状態になっていました。

この段階でシングルポリッシャーは一切使用できません。

コンパウンドの研磨力が頼り。そして無駄に研磨せずに状態を整える。

マスキングについても最低限、エンブレムやウォッシャーノズルのみ。

下手にフルマスキングすると、それもトラブルの原因になりかねない。

作業は車の軽年数や状況を判断して対処しております。

 

DSC_3168

 

オーナー様はガラスコーティングを希望されていました。

ですが、すでに19年経過している塗装、ガラスコーティングの溶剤が下手にイタズラしかねないと思いましたので、

PC-52を提案させていただきました。

 

PC-52はポリマー系のフッ素コーティング剤なのですが、そこには艶を引き出すカルナバ蝋が贅沢に配合されています。

 

DSC_3169 DSC_3170

 

仕上がり直後の滑るような塗装面、これを肌で感じるとPC-52もまんざら捨てた物ではないなぁ〜〜と思います。

 

DSC_3171

 

ちょっとのぞいていますフィルム、リア3面にはリンテック ウィンコス プレミアムシリーズのHCD-20Gを施工。

プライバシーガラス程度の濃さになりました。

 

何よりも暑さを遮るというテーマで用意している当店のフィルムシリーズ。

最近は価格ばかりが重要視される傾向にあるようで、フィルムの必要性とはなんぞや!と考える事もあります。

機能を熟知していただき、そこを是非ともお求めいただきたいと思っております。

 

DSC_3172 DSC_3173

 

新車時のような美しさを取り戻したセンティア。

オーナー様もご来店いただいた際には、全て諦め掛けていた思いが叶い、とても喜ばれていました。

私も引き渡しの時が最高の瞬間です。

適切な手順で、丁寧に行えば19年前の車であっても美しく蘇るんです。

 

DSC_3188

 

欲張りプランを適用されていますので、ウィンドALLでPGS-33撥水コート。

ホイールコーティグも含まれた施工です。

特にクリアのない国産アルミホイールはアタック寸前な絶妙のタイミングで濯ぎ!その繰り返しで固着した汚れを除去。

スポークの黒炭も綺麗に一新されました。

 

DSC_3186 DSC_3185

 

ボディーも輝き!ホイールも輝き!全てリフレッシュしたところで

センティアの特有の4WS機能を撮影。

乗り慣れないと内輪差がくるうんですw。

小回りとても良く効いて、定位置に車庫入れできないwそんなハプニングもありました。

 

DSC_3189 DSC_3190

 

トータル的にリフレッシュされたセンティア。

19年前の車には見えない程綺麗に仕上がりました。

 

ナンバーも 多摩34

エンジンが止まるまで!部品供給が終わるまで!是非とも乗り続けてください。

 

愛車を大切にする思い、初めのご来店から深く伝わってきましたので、

時間たっぷり隅々まで取り組ませていただきました。

 

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

リフレッシュをご検討の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なさらずにお問い合わせください。

どんな細かいことでも、お答え致します。

→http://www.cbp115.com/campaign/
リフレッシュするための内容充実なプランです。お問い合わせお待ちしております。

 

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のカーコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA