マツダ 新型CX-5 新車ガラスコーティング

マツダ 新型CX-5 新車ガラスコーティング

こんにちは。カービューティープロ115のヨシノです。

 

3月も終わり新年度突入です。

Facebookページに掲載していましたカーフィルムのファミリーキャンペーンはとりあえず終了とさせていただきます。

でもそのキャンペーン、たった1名の方だけであっても、必要性を感じて施工のご依頼をいただけた事。

そして、早速その効果を体感できたと感想をいただけた事。

何よりも貢献できた事が一番の成果ではないかな?と感じました。

そこで!  ファミリーキャンペーンの対象枠を広げてみようかと思います。

その告知は後日掲載いたしますのでお待ちください。

(一言だけ加えますと、ただ安さだけを求められる施工はやりません)

そして、4月の営業スケジュールもFacebookページにアップいたしますのでご覧ください。

 

さて、今回はマツダ! 新型CX-5。続く時は続くシリーズみたいなw

西東京市のオーナー様です。

 

DSC_3255

 

お電話での問い合わせ、そしてその内容は洗車しても取れないシミについて

ちょうど3月頭の納車だったのでしょう。

その頃にわか雨が続きました。タイミング的にもシミになる条件が整ったと言えます。

 

DSC_3256 DSC_3257

DSC_3262 DSC_3263

 

洗車をした後、水平面とそれに近い面にはアタックの痕跡がしっかり残っていて

オーナー様はこの事を言っているとすぐに判断がつきました。

もちろん、これをそのまま磨きに入るというのはご法度!

熱処理をした上で痕跡を消さなくてはいずれのトラブルになってしまいます。

熱処理には全水平面全て行って2時間。

翌日の作業に影響が出ないよう、お預かり当日に終わらせました。

 

翌日からは磨き。

ですがその前にパネルチェック。加修跡がないかチェックをすると

 

DSC_3269 DSC_3272

DSC_3273 DSC_3274

DSC_3275 DSC_3276

DSC_3277

 

マスキングのマーカー、これが全て加修後です。

国産車にしては珍しく、これだけ手を加えなければならなかったのも、

例えば、ラインが停止したとか

例えば、塗装が撹拌不足で固まりが噴霧されたとか

とにかく小さな痕跡でしたので、ラインアウト後ではないのは確かです。

 

DSC_3280

 

ボディーカラーは マシーングレー

かるーく磨いただけなのにこのツヤ感。

 

DSC_3281

 

塗装のコストダウンを感じる最近の新車にしては珍しくしっかりと塗装の厚みを感じました。

 

DSC_3282 DSC_3283

 

ディーラーで納車前に全て済ますのも良いのですが、こいう言った濃色車の場合、

まず暗室にしなくては加修箇所の発見もできない(ディーラーにはそう言った場所がない)

最悪の場合、磨かずにコーティングすることもある(ある意味これ以上ひどくはならない)

でも新車コーティングの料金を付与しているのに、身に覚えのない巻き傷があったら?

ディーラーは誰も何も責任取れないんです(なぜなら見ていない。又は、それを見る目は備わっていない)

 

DSC_3284 DSC_3285

 

磨きとコーティングが一つの商品になってしまった時、装備する部品レベルの話になってしまいます。

でもこれは部品なんかではない。

オーナー様が塗装を守るために付与した技術であり、それは人のノウハウでもあるんです。

 

DSC_3286 DSC_3287

 

今回のCX-5は、本来の新車であるべき姿というテーマで取り組みました。

花粉処理に始まり、無数の加修跡の肌調整。

 

DSC_3288 DSC_3290

 

今回の仕上げ

●ボディー;花粉処理・加修跡の塗面肌調整 新車磨き PCX-S7コート

●フロントガラス;115キャンペーン 油膜除去&PGS-33施工

●ホイールコート;PGS-880施工

●フロントドア:追加施工PGS-33

 

DSC_3292 DSC_3293

DSC_3294

 

おそらく、新車で納車された時よりも格段に綺麗な状態になったのではないかと思います。

今回追加になったフロントドアの撥水施工。

運転をする上で視界が確保できなければ全天候で安全を守るとは言い切れません。

そう言った意味もご紹介して追加施工となりました。

 

新車時って、比較的視界は確保できるんです。

でも、しっかり処理していなければ半年も経たないうちに水垢だらけになります。

それが視界悪化につながる原因なので、ガラスだけはしっかり処理した方が良いですよ。

 

このCX-5のシートはホワイト!

しかもレザーのフィーリングは良いですよ〜〜

そして運助のガラス!合わせガラスであったのです。

これは意外でした。防音性を高める意味が含まれているのだと思います。

装備面でも無駄がないデザイン感。

売れているんでしょうね〜

そしてマツダが今どこへ向いて自動車作りをしているのかわかった気がします。

 

DSC_3295 DSC_3296

 

CX-5は樹脂モールが特徴的

 

DSC_3297

 

ここは保護力の高いPVX-V110をコーティング、紫外線により樹脂の劣化を防ぎます。

これで終了ではなく、今後のメンテナンスでも是非ともご利用ください。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

新車施工、経年車のリフレッシュいかがでしょうか?

リフレッシュをご検討の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なさらずにお問い合わせください。

→http://www.cbp115.com/campaign/

リフレッシュするための内容充実なプランです。お問い合わせお待ちしております。

 

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のカーコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.