アバルト124スパイダーにPCX-V110施工

アバルト124スパイダー PCX-V110施工

こんにちは。カービューティープロ115のヨシノです。

 

桜が満開になった途端、にわか雨が続きます。

そして大量の花粉シーズンが一休みかと思いきや、この時期はまた別の花粉が飛来してくださってw

今日あたりの午前中雨→午後晴れ・・・・まだら模様にシミ発生・・・まさにいたちごっこ。

明日も雨ですからね〜

綺麗に流れてくれればいいんですけど、花粉て水に触れた瞬間粘っこいというかなかなか落ちない

仕方ないですよね〜。自然界で言えば風で飛んでってもらって、

落ちた場所で再び芽を生やすための仕組みなのでしょうから都合よくさらっさらに飛んでってもらうなんて自然界が許さないでしょw

 

こんな時はちょっと長めに降ってくれ〜って願って見るんです。

なぜなら待機中浮遊している花粉類が全て雨で地上に落ちてくれる。

そして長い雨ならボディの汚れも効率よく流れ落ちてくれる・・・はず。

最後に晴れたら洗車しましょ〜〜w 綺麗に乗るのは気分も爽快になります。

 

気分爽快といえば、オーブン2シーター!

先日はロードスターのメンテナンスを実施しまして、今回はアバルト124スパイダーのコーティング。

オーナー様はマツダをこよなく愛す方。でもなぜにアバルトなの?と。。。

外見はアバルトでもベースは現行ロードスタなのです。

 

DSC_3299 DSC_3300

 

何が違うのか?それは最後にまとめたいと思います。

さてこのアバルト124スパイダーですが、ディーラーの試乗車だったそうです。

ちょっと登録等で段取りが狂い、オーナー様納車までに2週間遅れてしまったようなのですが、

ようやく納車され3月27日にご入庫となりました。

 

初度登録されてから2ヶ月は過ぎていましたが、元試乗車と走行距離も少なかったので新車扱いとしまして施工開始いたしました。

ただ、ディーラー管理車両ともなると・・・

 

DSC_3302

 

洗車は雑なもんです。樹脂部分はしっかりカルキが残って、マット塗装部分もシミが結構ありました。

 

DSC_3303

 

一通り脱脂洗車、鉄粉除去、シミ抜き等を行いまして磨き準備完了。

傷も軽度であったため1工程軽く磨きを入れて仕上げました。

 

DSC_3304

 

仕上げ内容は以下のとおり

●ボディー;パールホワイト塗装部分 PCX-V110
●フロントガラス:PGS-33撥水施工
●ホイール:PCW-880
そしてマット塗装部分。ここをどうするか悩みました。
コーティングしても吸ってしまうし、次に磨くことができないので
簡易的ではありますけど、PCX-V110で吹き上げたマイクロファイバーで軽く拭き、仕上げ拭き。

 

DSC_3305 DSC_3306

 

マット塗装にコーティングをした場合、変なツヤ感が出てしまいます。

そうならないような仕上げ方で、マット塗装よりも黒々とした仕上げにしてみました。

 

DSC_3309 DSC_3307

 

幌については、NDから布になったみたいですね〜

塩ビっぽい素材でしたらちょっと試したいことがあったのですけど、

この生地でも効果出るか試しに処置をしてみました。

(ただ、一回ではその効果は出ないかなぁ〜〜 3回ぐらいやらないとダメかもしれません。塗布量の問題かな?)

 

DSC_3308

 

さてこのアバルト124スパーダー、ロードスターとどこが違うのか?まとめます。

まずはボディーですね。外鈑はアバルトデザインなのでボディーサイズが異なります。

全長がロードスターよりも長い!ちょうどトランクリッドのスポイラー風な切れ目部分が長くなっているようです。

 

DSC_3310

 

そして内装。マツダなのに、イタ車風。インパネ周りは同じでもメーター類、シート、アバルトならばのこだわりを見られます。

 

DSC_3311

 

一番の違いはエンジンですね!1300ccのターボ!これだけはアバルトから日本に送られてくるそうです。

それをマツダの工場で生産しつつエンジンインストール。広島でアバルトが誕生しています。

 

DSC_3313

 

お車は翌日、オーナー様の職場である上井草まで納車。

納車回送ですから安全運転で移動しましたが、ノーマルで加速、そしてスポーツモードでの加速、

まるで別ものです。突然何かに目覚めたかのような加速をしてくれる!

これは面白いエンジンですね〜〜

しかも1300ccですから税金面でも優しい。

これからの季節を楽しむにはいい車です。

さてロードスターのNBも運転させていただき、NDの124スパーダーも運転させて頂きました。

オープンにしては走りませんでしたが、オープン2シーターに魅了されたのは言うまでもありません。

 

そこで、ここ最近色々とオープン2シーターを調べて見ました。

そして、ある車にたどり着きました。

今はその車を勉強中ですw 果たして所有することができるのか!

まだまだ先の話でもありますのでここまでw

 

アバルト124スパーダーのオーナー様、この度も当店をご利用くださいまして誠にありがとうございました。
他の車のメンテナンスも行う頃です。また時期をみてご連絡させて頂きます。

 

 

新車施工、経年車のリフレッシュいかがでしょうか?

リフレッシュをご検討の方がいらっしゃいましたら、ご遠慮なさらずにお問い合わせください。

 

→http://www.cbp115.com/campaign/

リフレッシュするための内容充実なプランです。お問い合わせお待ちしております。

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のカーコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA