ボルボXC70に欲張りプランその2

当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

VOLVO XC70 その2 仕上げです。

 

溶剤によるものと思われるシミも全て皆無になり、美しさを取り戻しました。

 

ボディーカラーがブラックの場合、全体的に傷だらけならば諦めになりますね?

全体的に美しさを取り戻すと、ちょっとしたことも気になってしまいますから

一箇所もミスなく仕上げるため入念に磨きを行いました。

 

コーティングはPCX-V110、ブラックのカラーもぐっと引き締まり

差し込む光は乱反射を許さず一点に集中。

それによりメタリック感も落ち着き黒さが引き立つようになります。

 

樹脂は磨くことができません。そして経年による射出成形の跡も発生してしまうパーツ

誰しもが悩まれる場所でしょう。

 

PCX-V110は、ボディーと同時施工で樹脂にも施工できるコーティング剤。

これにより経年の白ボケも抑えることができる優れものです。

 

ホイールは脱着こそしませんでしたがリム内側まで入念に洗浄。

同じホイールです。右の洗浄前とは比べものになりません。

刺さった鉄粉、落ちづらいブレーキダストもスッキリとなり、本来のシルバーが引き立ちました。

 

デリケートなモールも綺麗に仕上がり、そしてコーティングを施しました。

ただ、ボディー以上にモールのシミを進行させないためには日々のお手入れも重要となってきます。

かた絞りのマイクロファイバーで、軽く表面を拭くだけでもシミの進行を食い止めることができます。

 

はじめ検討されていた場所ではここまでのコンディションにはならなかったでしょう。

 

水洗いで表面は拭いても内側はおろそかになってしまう。

その内側はカルキだらけ、それらを綺麗にすることで全く別物に見えてきます。

 

埃、カルキ、水垢などがたまりやすい場所、そしてオーナー様も気にしていたワイパーアームのシミ、

それらも全て除去。

外観の変化だけではなく、可能な限り除去できる汚れは落とす。これがプロの仕事です。

 

ドア内のステップ部分も今回は磨きを入れ、目立つスクラッチも落ち着かせコーティング。

ドアを開けた瞬間にも感動があるような仕上げをしてみました。

これだけ樹脂が多いと、洗うのも簡単なようで結構大変だと思うんです。

汚れも溜まりやすくなりますので定期的に洗車は行ってください。

 

右リアドアのガラス縁、洗浄時にとても泥が溜まっていたんです。

高圧洗浄機を当てると表面の汚れは飛ばせますが、隙間の汚れは奥へ押し込むばかりです。

それを繰り返すと内部は深部まで汚れが溜まる結果に至ります。

泥汚れは小さな粒子、奥に詰まるとガラスを上下する都度同じ場所を引きずります。

それが原因でガラスに傷を入れてしまうことさえあるんです。

パワーウィンドウの動作にも影響し、最悪の場合レギュレターの破損につながります。

洗浄にはとても時間がかかりました。ストレスなくガラスが動くようになるまでが洗浄の仕事。

結果は画像の通り綺麗な状態になりました。

磨きの仕事、ただボディーを綺麗にするのではなく、オーナー様とのヒアリング時にどこを気にされているか

それを把握した上で、細部に手を入れて仕上げる事がお引き渡し時の感動につながります。

欲張りプランは、モールの研磨、ウィンド撥水コートを含むボディーコーティングプランです。

仕上がりに至っては、細かいところまで欲張りであり、最高にご満足いただけるために力を注ぎます。

お引き渡し後、オーナー様より カービューティープロ115で施工してもらって良かった

大変嬉しい言葉を頂くことができました。

日頃は雨ざらしだったのが、これだけのリフレッシュによりボディーカバーで保管されているそうです。

 

車の状態、ついつい諦めてしまうこともあるかもしれません。

そのタイミングで新車に乗り換えるのもあるでしょう。

でも、これまでの思い出が沢山詰まる愛車に乗り続ける事も選択の一つです。

リフレッシュにより、ますます愛着が湧くこともあるでしょう。

それを願い、1台1台、丁寧に仕上げ、そして送り出しております。

 

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

最後に

当店の代表番号、042-452-7315 は今でも繋がりますが

外出していることもありますので現在では携帯電話をサイトに表示させていただいております。

着信を頂けましたら折り返しお電話いたしますのでご遠慮なく連絡をお待ちしております。

営業電話に関して

誠に申し訳ございませんが、施工受付をするために公開している番号でございます。

営業電話に関しては恐れ入りますが一切をお断りさせていただいておりますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください