レクサスIS300hにIKCフィルム施工

当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

カービューティープロ115のヨシノです。

 

秋本番!日光中禅寺湖よりもっと上の日光湯元周辺は紅葉が今見ごろだそうです。

あいにくこの週末は雨の予報。またぐっと冷え込むでしょうから

再来週あたり東照宮近辺も見頃になるかと思います。

 

この時期、日光までの杉並木、窓を開けて走ると気持ち良いですよ~~

オススメです。

 

 

さて、IS300hのフィルム施工。

IKCコラボのフィルムキャンペーンをご覧になられてご依頼を頂きました。

 

 

フィルム施工、色を決めて貼ったら最後なんです。

色のイメージ、サンプルをガラスに当てながらイメージを抱いていただく

施工前のプレゼンではこのようにして行います。

 

国産車のリアガラスは若干色が入っています。

その色のまま、透明フィルムを貼る。

 

又は

 

プライバシー性を高め色を濃く調整する。

 

プライバシーガラスに色を加えるって、想像できない部分なんです。

ですから、ご納得いただくまでカラーシミュレーションをいたします。

フロント3面にはIKC FGR-500を施工。

 

 

 

左助手席 施工前73% 施工後72%

 

 

 

右運転席 施工前73% 施工後72%

 

 

 

フロントガラス 施工前80% 施工後78%

 

透過率の面では問題なくクリアです。

透明フィルムですから視界には影響与えず、熱を吸収する仕組み。

 

ただこの夏は冷夏でしたから本当の効果を体感できませんでしたかね?

夏より今、そして冬

今年より来年にその効果が実感できるでしょう。間違いなしです!

 

さてフロント3面は問題なく終了。

続いてはリアガラス。

 

色について先ほど触れました。

当初は20%にするか、10%にするか 相当悩まれまして

初めは20%を入れる予定でしたが、やはり10%にされると連絡。

 

タイミングよく施工前でしたのでHCD-10Gを施工。

 

 

 

滅多に撮影しませんがどんな値になるのか測定してみました。

施工前の透過率は59%。

施工後の透過率は7%

だいぶ下がりますね~~

 

若干の色と言ってフロントとは14%も色が違います。

リンテック ウィンコス プレミアムシリーズのHCD-10G

透過率こそ10%ですが、とても透明度の高いフィルムです。

実際に7%でも原着フィルムの透明度、車内から見た限りではかなり外は明るく見えます。

 

 

ISの難関はリアのハイマウント、それとリアトレーとガラスのクリアランス。

これは困りましたね~~

ハイマウント部分を無難にくり抜くか、それともチャレンジするか。

 

ちょっとした工夫と、ちょっとした隙間ができれば可能性は高くなる。

ということでリアトレー、外れませんでしたが若干動かすことができましたのでチャレンジ致しました。

 

初めて触る現行のIS。初の個体は特性を掴むのに時間がかかります。

ですが、台数触りますとても慣れるものでスピードも早い。

 

 

極めて綺麗に貼れました。

 

 

いつかは触ってみたかったISも、フィルムを施工して洗車をして完成。

濃いでしょうかね?光をコントロールするには良い色ですよ。

 

LEXUSの塗装、セルフリストアニングコートです。

この塗装にあうコーティングはPCX-S7。

自己修復性塗料と同じ特性を持つタイプなので傷も入りにくいのです。

 

再コーティングの際は是非ともご用命ください。

 

そしてLEXUSオーナー様も是非ご依頼ください。

高品位塗装にはそれに合うコーティング剤がベストです。

 

この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA