BMW X3 20d(F25)リフレッシュ計画その1

当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

各キャンペーン、お得なプランを設けております。
新車を購入されてそのお車へのコーティング。
現在お乗りの車をリフレッシュ!
いががでしょうか?年内に綺麗にして新たな年を迎えませんか?
是非ともキャンペーンページをご覧ください。

さて、BMW X3 20d(F25)、これも初めて触ります。

こちらの施工、リフレッシュに相応しい状態。
得てして中古車というのは現状販売になります。
その車の価格がお求めやすい理由、それは下取りも悪かったと言う以外はないでしょう。
状態が悪くとも、それを下取りに新しい車に乗り換えられたなら、
それまで乗られていた車にも価値がある。そのため再販しなくてはならない。
これは誰でもわかる話です。

 

再販するならば、そのまま展示するのではなく少し手を入れても良いと思うんです。
なぜなら、その車を求めてこられる方もいるからです。

 

前オーナーの乗り方をどうこう言うつもりはありません。
販売する側が、軽く洗車する程度で数百万の輸入車を販売する。
そんな車もBMW認定中古車として扱われる。
購入した後で状態の酷さにがっかりするなんて話をよく聞きます。

ディーラー系中古車は所詮年式と走行距離だけでしか判断していないと言うことです。

 

現車を見に来る方もいるわけですから、細部を綺麗にする程度でもすぐ売れると思うんですけどね〜。

 

一通りチェックをしましたが、前オーナーは乗りっぱなしだったのでしょう。酷い状態でした。

 

SUVだけに細部は汚れがち。白は特に黒く汚れが目立つようになります。
全ての取り除ける汚れは除去いたしましょう!

 

唯一、ブラックモールの色違い。これは無理な研磨をしすぎた結果です。
残念ですが、この状態になったらパーツを変えるか、塗装するかしかないですね。。。

 

これまた半日かけて洗浄終了。
せっかく当店をご利用いただいて、想像以上に綺麗になったと感動していただきたいので
細部洗浄から時間をかけます。

 

新車は綺麗です。細部は汚れていないのは当たり前。
経年車の場合、この細部洗浄から時間をかけて行いますのでどうしても時間がかかります。
その時間、単なる洗車でしょ?と思わないでくださいね!

普通の洗車ではない落ちない汚れまでしっかり落とす洗車です。
そこが新車施工と異なるところで、金額に差が出てくるところです。

とは言ってもそこで数万変わるわけではありません。
このクリーニングは経年車の初歩的な工程です。

さて、クリーニングが終わったところで次は磨き!
ここからが大きな差が出てくるところ。

その2でご説明いたします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA