PORSCHE Panamera4s新車にフィルムとホイールコーティング

当店ブログをご覧頂きまして誠にありがとうございます。

 

今年の気候はどうかしちゃってますよね~

秋雨でも10月のこの長雨、今は台風の影響もありますけど10日以上雨が続いています。

 

6月の梅雨がカラッ梅雨だったので、夏とこの雨で山間部に降り続いてくれれば乾いたダムも潤うのかな?

でも、この雨の影響でだいぶスケジュールが狂ってます。

 

さて、10月23日と24日は出張作業のため不在になります。

お問い合わせは携帯電話 080-4361-7315 またはこちらまでご連絡ください。

 

それでは今回アップするのは #PORCSHE #Panamera 4s です。

 

 

新車でご購入、慣らしの翌日、経堂まで引き取りにお伺いさせて頂きました。

 

幅にして2m、デカイですね~~

運転してみるとそれほどの大きさは感じないのですが、店に入れるとその大きさにビックリします。

 

今回の施工、撮影は当店のHPを手がけてくれたYaさんにして頂きました。

まずは車内のバキューム。

 

 

フィルムフル施工から入りますので、車内は埃ひとつ内容にバキュームいたします。

新車とは言えどかなり神経質に、そして絶対に埃が落ちてこないように吸い取りです。

 

 

 

時間の兼ね合いもあり、洗車は軽く、ウィンドの洗浄を主体としてまずは着手。

ガラスにも鉄粉が刺さっていることもあるので入念に処理をいたします。

 

 

一番厄介で時間のかかるフロントガラスから入ります。

 

 

 

フィルムの場合、埃が舞わない程度の湿度を上げ、しかしボディーは濡れてない状態でなければならない。

結構矛盾したところが多いのですが、これも全て綺麗に貼るための常識的作業。

 

 

 

通常のガラスだと、平均して1400ミリ。しかしパナメーラーは違う。

これまで触ってきたガラスの中で最大幅、1800ミリと、一人で回せるか???なサイズ。

 

 

ガラスサイズって、自分の身長よりも大きくなるとハンドリングめちゃくちゃ大変になります。

 

 

 

そんな緊張はよそに、淡々と作業は進みます。

この作業の時、ファインダーで覗く姿は目視できていましたけど

どんな風に取られているかなど気になることもなくw

いざ画像をいただくと、素晴らしい露出と鮮明さ。

この撮影の仕方も習得したいところです。

 

 

 

施工店によってはプロッターでカットされるところもあります。

それはドアのガラスだけで、成型した後の状態ではカットすることはできません。

そのためガラスのセラミックドットとほぼイコールなライン取はハンドメイドに限ります。

 

 

 

フィルムを貼る直前にもう一度のクリーニング。

一体何回クリーニングするんですか?とカメラマンは思ったかもしれませんw

そして1800ミリでカットされたフィルム、いとも簡単にハンドリングしている姿にカメラマンは目が点w

 

 

 

これまで施工してきた中で、不可能!と言い切り施工できなかったのは

シトロエン C4 ピカソ

それに比べパナメーラは幅こそ1800でしたけど、高さがないのでハンドリングも楽でした。

カメラマン、仕上がった状態を見て感心されていました。

ペランペランなポリエステルフィルムを折れたり傷入れたりせずに綺麗にガラスに貼ってしまうんですからw

いつもは結果どんな状態か、それを皆さん見ているでしょ?

作業開始から終了まで、見ているのは長く苦痛ですけど、仕上がった瞬間の状態は

はっはぁ~~~ と声が漏れること間違いありません。

それだけ車のフィルム施工って高度な技術なんです。

続いて、ホイールコーティング

 

 

 

21インチ、リアは前夜のうちに終わらせていました。

納車されて間もないので、内側はあまり水を使わずに脱脂。

そしてキャリーパーからコーティングを行いました。

 

 

リムに刻印があったのですが、この純正ホイール、なんと台湾製だったのです。

台湾製?ダメじゃない? そうもう人もいるでしょう。

台湾製は今はアルミの加工技術は世界一とも言われています。

そしてポルシェが台湾製のホイールを純正採用している。

純正採用されるハードルが取れほど高い事か。

あまり知られていないところですね。むしろ知らなくても良いのか!

簡単な話、純正としての高い安全基準をクリアしたって事ですし

デザインもポルシェデザインですから、台湾製だろうと純正なんだから関係ないって事です。

ちなみに私も台湾製のフェデラルタイヤを履いていますw(関係ないかw)

 

 

 

仮止めした後で、トルクレンチで締め付け。入力トルクは160Nm。

ポルシェだから大体そのくらいの値を持ってくるだろう~と思ったら大当たりでした!

 

 

 

目立ちませんけどね。内側のダストまで綺麗にしまして

指の腹でざらつくものは全て取り除きました。

 

 

 

ホイール完了後、車検・点検ステッカーは元の位置に貼り直しました。

ここは一工夫ありの貼り方にて処置。

この段階で2日目終了なんですw

フィルム施工の内訳 リンテック ウィンコス

フロント3面 ウィンコス スタンダードIR-90HD

リア3面   ウィンコス プレミアムHCN-60G

サンルーフ  ウィンコス スタンダードSL-18-25HD

プライバシーガラスの濃度を濃くする事ないようコントロールして、暑さ対策処置いたしました。

次はボディー編に続きます。

#PORCSHE #Panamera4s #lintec

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA