備忘録《尾久自動車学校》1

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今回は仕事とは関係なく尾久自動車学校の備忘録としてまとめたいと思います。

 

●数年間封印してきた2輪免許の野望をついに解禁

2輪の免許、思えば学生の頃はバイクの雑誌をよく見ていたものでした。

バイク欲しいなぁ~~と思っても親から反対され、渋々諦める事に。

そして4輪の免許取得をするため合宿に行きました。

自動車の免許を取得すると、自然とバイクに対する思いはなくなり、就職するとバイクの免許など取れる時間すらなくなりまして

2輪免許を取得すら考える事なく15年以上経過いたしました。

 

そして独立をしてこの仕事を開業。

これまで車の磨き以外にもバイクの施工は何台か行ってきました。

あらゆるバイクに触る、動かすために跨る。車体によっては重い!

触れるたびにバイクいいね~~。乗りたいね~~。と思う事がありました。

ですが欲望はあってもどうも取得に向けた勇気、そして理解、さらには時間がなくただ時間だけが過ぎる。

 

ちょうど昨年、4輪車2台所有を妄想し、セカンドカーは趣味に徹しようと考えていました。

車種は、ケータハム スーパー7かバーキン7。又は、ロータス エリーゼ フェイズ1。

地面に這いつくばるような走り、そしてマニュアル車を探して辿り着いた答えが3車種。

 

でも冷静に考えてみて、車体は安くてもその後の維持費はどうなるの?未知なる世界です。

その時の冷静さはかなり深めのブレーキをかける事となり、事故などのリスクも考えあっさり諦める事ができました。

 

そしてどうせ所有するならば2輪車に目を向けてみよう!と言う事で長年封印していた2輪免許取得ついに解禁。

 

昨年12月、これまで通うならここかな?と決めていた東小金井の尾久自動車学校を見学。

2輪車コースについて説明をしていただきました。

この教習所では、2輪免許のない方なら、普通二輪から大型2輪まで連続で取得できるコースがあます。

そして1段階は2輪車専用コースにて教習を行うため4輪との並走の心配もなく集中できるのです。

これは大きなメリットでした。4輪との並走で突然転倒したらビックリですからね~。

 

ついに12月7日に入校手続きを済ませ、念願の2輪免許取得に向けたスタートラインに立つことができました。

 

●取得するからには仕事に影響を与えない程度の組み込み、そして間髪入れずの教習

入校手続きをしても、いきなり始まりません。4輪入校生と共にオリエンテーションと適性検査を受講。

この2時間を受けなければ技能講習すら入れない。。。適性検査。。。適正じゃなかったらどうすんだよ~w

そんなくだらない事考えつつ、とても意地悪な問題ばかりをやったなぁ~~。そんな思いですw

 

さて、いよいよ12月15日から普通2輪の教習がスタート!

このスタートと同時に私が申し込んだプランはスピードプラン。

1日2時間の教習ですが、予約として6時間分まで計画を組むことができるプランにいたしました。

仕事しながら乗れる時間を探る、、、計画的に組み込まなければ遅くなってしまうので間髪入れず教習するスケジュールを組み込みました。

 

普通2輪の教習延時間、1段階は9時間、2段階は8時間。1日2時間乗車してもこの17時間、12月中には終わらないのは明白。

でも1段階は12月中に終わらせたい!12月の忙しい時、そして正味2週間の中で1段階9時間+2段階1時間を12月中に計画。

今思えば慌ただしい2週間でしたw

備忘録はまだまだ続きます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください