ライディングスクールとモーターサイクルショー

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

今回は雑談です。

大型自動2輪の免許を取得してもうじき4ヶ月が経過しようとしています。

早いようでまだ4ヶ月か?とも思う気持ち、それすら忘れてとにかく技量をあげないといずれは大怪我するという思い。

焦るわけではありませんけど、時間が取れるときには操作したい!そんな思いで挑んでいます。

ブログの原稿を考えるため最近の就寝は10時半。早寝をすると朝早く起きてしまうものでw

3月あたりから毎朝5時半には起きてますw

朝早く起きると頭もスッキリしまして、原稿、メールの返信など朝の2時間でできることをこなします。

夜に考えるよりも集中できますね~

 

そして朝の空気は何よりも気持ちが良い!

そんな中、まだ寒い3月のある日、朝練と称して狭山湖まで走って見ました。

この時はまだ不慣れで、道路標識を見ているようでいくつも見落とすところがあり、

あとで気がついたのですが、狭山湖外周は2輪車走行禁止だったようですw(つまりは早朝に走ってしまったw)

 

そしてただ走るだけではなく、もっと技量をあげるためにはどうするのか!を調べ始めました。

YouTubeでもバイク動画が沢山ある中で、もっとも注目したのが ”白バイ競技会” です。

これまで白バイと言えば、どこかに隠れて違反車を見つければ即座に追走し取り締まる!

そんなイメージを抱いていましたが、あらゆる動画を見ると、白バイ隊員は選ばれしエリートである事を知ったのです。

そのエリートの中で競技会に出場する隊員達のテクニック、あんなに軽そうに操作する様に目が釘付けになりました。

バイクの機動性を理解したハンドリングで操作する様、あそこまでのテクニックは無理としてもそれに近いスクールはないのか!

すると府中運転試験で月2回ライディングスクールが開催されている事を知りました。

 

早速参加!(時系列的にはライディングスクールが先で朝練が後だったかもw)

府中運転試験場は9時から9時半受付。気持ちが焦り7時半に自宅を出発してしまいましてw

試験場に到着したのは8時すぎwそりゃぁ近いですから、ゆっくり行ってもそんな時間に着いてしまいます。

 

スクールでの講習は午前中急制動。

目標物の前と後ろで急制動するトレーニング。これは教習所でも行いましたので身体で覚えた通りにしっかりブレーキを使うことができました。

 

そして昼食は決まって府中カツ!

(でも今は食堂が改装なのか休業中らしく、来年2月までこのカツは食べれません)

 

午後からは経験者達は4輪コースに特設されたパイロンスラローム。

でも初心者は別課題で等間隔のスラローム、360度オーバル、8の字の練習に特化する事となりました。

タイヤをしっかり使いバンクさせる!

バイクは顔を向けた方向に進んで行くそうなので、顎をしっかり上げ目標物をしっかり見て操作する!

これを意識して挑むと自然とバイクも倒れ込んで操作しやすくなりました。

なかなか皮剥きできなかったタイヤもこのスクールで一気に皮剥き終了。

そしてお釣りも。。。

 

8の字をひたすら練習、疲れたら適当に休んでくださいと言う事で、一息入れようとバイクを停止。

その瞬間集中力が切れました。 てっきりスタンドを出したとばかり思い込んだのでしょう。

キルスイッチでエンジン停止して、バイクから降りようとした瞬間、一気にバイクの荷重が伸し掛かり立ちゴケw

やってしまいましたw

やはりセオリー通りに取り扱わないと転ぶっていう事ですw

 

初心者でも安心して参加できる府中のセーフティーライディングスクール、バイクの運動性を学ぶためにも非常に良いスクールであり、普段一般道路ではタイヤを端まで使うことはほぼ無いですから、自分とバイクの限界を知るためにも今後も参加し続けます。

 

最後はモーターサイクルショー。

3月23日(金)に行ってきました。

 

この頃はまだ遠乗りも経験浅く、特に都心を抜けると言うのもある意味で初めてのお使いみたいな感覚。超緊張です。

何事もなく安全に到着しまして場内に入り見学。

あらゆるメーカーが出店していましたので、普段見ることのできないバイク含めじっくり見てきました。

 

MVアグスタ ブルターレ800 このシートの肉抜き、空洞はなんの意味があるのか・・・

ネイキッドなのにタンクデザインは斬新でまさにストリートファイターでした。

オーリンズブース。いずれはこのサスを入れてみたいです。乗り味が大きく変わるとか???

続いてはBMWブース

愛車がYAMAHAのXSR900。防風効果を高めるにはどんな形状が良いのか?そして軽いバイクはあるのか?

と色々調べつくし行き着いたのがR1200RS、スクリーンの形状は高速でも効果的に防風してくれそうです。

そして憧れのS1000RR。スーパースポーツバイクの前傾姿勢はやや疲れるかなぁ~と言ったイメージで

YAMAHAのYZF-R1に跨った時の前傾は無理と感じた程キツい姿勢でした。

でもこのS1000RRのポジションは何だろうか?

足つきも良いですね~。ハンドルまでのポジションも近い。それにより上半身があまり寝る事なく感じたからなのでしょうね。

一度は試乗してみたいです。

続いて白バイ。

CB1300SBは、この装備で重量300キロ。FJR1300に至ってはこの装備でおそらく360キロ近くあるんじゃ無いかな?

特にFJRはディーラーでも跨りましたけど、幅とホイールベースがあるので普通に考えて高速ツアラーという位置づけですから

CBより扱いにくいのではないかな? 機動性は間違いなく良いでしょうね。

皆様白バイから逃げることはできませんからねw無理なく安全運転で走ってくださいw

そして最後がビモータ。 知る人ぞ知るフレームビルダーです。

エンジンは各搭載するメーカーの頭文字から取り、ドゥカティならばD、BMWならばB。

ビモータのBと合わせると、DBでもあるしBBともなるわけです。わかりやすいw

スペック表にプライスも出ていましたけど、もうバイクじゃないですよw

600万とか700万とかw ここまでの価格だともう乗ると価値下がりそうw

そして何よりもガレージで鑑賞するようなバイクでたまに乗る?そんな扱いなんでしょうねw

そんなモーターサイクルショーも閉店ギリギリまで場内をウロウロしまして、あらゆる情報をゲットしてきました。

バイクに至っては完全趣味の世界として棲み分けましたので仕事の合間の雑談程度でご覧いただければと思います。

4輪車もさることながら、2輪車の奥深さを今まさに感じつつ、その魅力に引き込まれています。

もっと早くにこの楽しさに出会っていたら良かったと思う今日この頃ですw

帰りは日も暮れて6時半ビックサイトを出発。雲もどんよりといつ降ってもおかしくない状況です。

ぽちぽちビックサイトでも降られましたが、新宿すぎたあたりで雨雲に追いつかれ、杉並区に入ったところで雨に降られ

西東京付近では本降りw 初雨走行で超ビビリましたw

こんな感じでバイクライフも時折盛り込んで行きたいと思います。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.