MINIにプロガラスコーティングPCX-V110施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

バイクに乗るようになって大きく変わったことがあります。

それまで何処か目的地を定めたら、ルートは目的地への最短ルートを探し、ひたすら爆走する傾向でした。

ところが、バイクの場合、車ほど運転中には余裕がない。ナビをちょいちょい見ても間に合わないケースがあります。

そこでツーリングマップルを準備してルートに備えるようにして見たところ、最近では地図ばかりを見ていますw

 

2輪用の地図にはいろんな情報が記載されています。快適に走れる道、道幅が狭かったり、荒れていたりと

車よりも道路の占有面積が小さい訳ですから、細い道での機動性も抜群。

今では目的地へのルート検索の際、どれだけ過酷な道を選べるか、そのルート探しが楽しみになっていますw

地図を見る楽しみ、無駄のように思えて結構深いものがありますよ。

 

さて、今回のお車、時期を大幅にずらしてのアップとなってしまいましたが

BMW MINI のリフレッシュ計画です。

お問い合わせは青梅在住のお客様。

わざわざ青梅からご連絡を頂き、そしてご入庫まで決めて頂きましてありがとうございました。

ご入庫は夜、お約束の18時ごろお待ちしていて、車が到着。早速入庫をして車両を見た途端、言葉を失いました。

MINIの経年車、お手入れをこまめにしていないと酷くなる傾向にあるのは承知の上でした。

塗装も割と柔らかめ、イオンデポジットも発生しやすい傾向で、お問い合わせを頂いた際にはその辺を確認いたしております。

ただ、今回のMINIに至ってはその全てが当てはまらず、それを大幅に超えるダメージを受けているお車でした。

今年の花粉は例年の比ではないほどの飛散量であったのは身をもって経験致しました。

車への付着量も一晩で 「なんじゃこりゃぁ~~~」と思うほどの量。

毎週の洗車を一度でも怠ったらそのしっぺ返しはひどいものなのだろうなぁ~~と思っていたら

このMINIはまさにその想像に当てはまる状態であったのです。

 

車のクリアー層が光沢を放つ!のではなく、マット塗装に近いくらい光沢を失うほど

今年の青梅はこんなにひどかったのか~~と感じさせる状態でした。

細部に至っても花粉が詰まった状態。

洗車しても翌朝には真っ黄色だったら、放置したくなる気持ち、わかるような気がします。

磨きに入る前の処置として、可能な限り塗装を動かすために熱処理を加えて見ました。

アタックしている場所は水平面のみならず、垂直面にも一部影響が出ており、全てのパネルを焼かなくてはならない状態。

その措置を行っても画像のようなくすんだ塗装面。

イオンデポジットも深く発生しており、ある程度で見極めが必要と決めて挑みます。

どうしたらここまでの状態になってしまうのか??作業しながら考えてしまました。

これほどまでに酷いアタックも見た事なく、どうしたら良いか判断もつかなくなる。気持ちがわかります。

磨き上げてもこれが限界と判断しました。深部はまだ奥、これを全て研磨しきると、おそらくクリアー層がなくなりそうなほど。

気持ちは攻めてくても、時にブレーキが必要です。

完成画像。2m離れた状態では全て取り戻したかのような状態に見えます。

1m離れた場所からの撮影、くすむブルーではなく、光沢を放つブルーを取り戻せました。

それでも深いイオンデポジットはまだ残っているのですが・・・

仕上がりはこれでいいか~と判断する時、お客様の水準よりも高い位置で判断しなくてはお客様も満足されません。

そこを常に基準として捉えていますので、まだ攻めれたかな~と思う気持ちがあってもブレーキをかけている仕上がりはオーナー様が考えている以上である事は言えます。

正直今年の花粉、洗っても洗っても翌朝には愕然とする状態で荒れば、放置したくなる思い、理解できます。

しかし、どんな状態あっても放置してしまうことによる影響は想像を超えてしまいます。

結果なんでこうなっているの???という結果は、ある意味で良い経験だったと思います。

どなたも同じ事であり、来年の春先も花粉に悩まされますから

時間がない時、洗車機に入れてでも構いません。車体に付着す花粉を洗い流してください。

また、丁寧に洗車できなくても構いません。水洗いとマイクロファイバーで洗い流してください。

それだけで無残な結果には少なくともならずにすみます。

MINIの顔ともいうべきAピラーカバー。ここの研磨も完璧に仕上げます。もちろんCピラーも。

ホイールに至っても、細部に詰まるダストも全てかき出しクリーニング。

突き刺さる鉄粉類も全て除去致します。

ボディーはPCX-V110にてコーティング。そして樹脂パーツも同じコーティング剤で仕上げです。

これにより経年による射出成型痕も打ち消せます。

黄変してしまうヘッドライトも、クリア感を取り戻しました。

MINIの場合、塗装の光沢もさることながら、メッキを際立たせることでそのデザインがさらに強調されます。

そして、樹脂モールも経年感が出てしまうと美観が劣ってしまいます。

 

MINIを仕上げるコンセプト、結構私なりに拘りもって仕上げています。

MINIオーナー様、トータルリフレッシュを当店で行ってみませんか?

 

完成したMINI、翌日青梅まで納車に伺いました。

バイクで走り慣れた道でしたが、車だとやはり動きが止まりますね~

1時ごろ現地に到着。

リフレッシュされたお車をオーナー様にご覧頂き、大変ご満足いただけました。

 

現在はいかがでしょう?定期的に洗車されていますでしょうか?

汚れがひどくなる前に、一度メンテナンス洗車をご利用いただければと思います。

 

この度は当店をご利用頂きまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください