備忘録ーー箱根体験ツーリングーー

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

今回はちょっとバイクネタ。

 

これから何回かアップする記録は過去の内容となります。

3月のある日、二輪免許をとる切っ掛けとなった方からお誘いを頂き、2月の納車から初めてのロングツーリングに出かけました。

場所は箱根へ行って帰るという、いわゆる充電ルート。

車ではなくバイクで遠方に行くと言う行動そのものが、はじめてのお使いに等しい行動でした。

 

待ち合わせ場所は10時半東名高速港北PA。

そこまでどうやって行くかを考え、環八経由用賀から入るか、川崎ICから入るかを考えた結果。

下道で川崎ICまで出て高速に入ることに致しました。

車で行く分には川崎ICまではあそこ通ってこう行ってと、ナビも設定すれば割とスムーズに間違うこと無くいけたはず。

バイクだと不慣れな事に加えあまり余裕のない運転で道路標識も見逃し、ルートを大幅に間違う始末。

 

自宅を早く出発した分、ルート間違えのタイムロスはそこで帳尻が合い、なんとか10時半丁度に港北PAに到着。

すると既にBMW R1200RTの友人が到着していました。

不慣れな人は早く着いて待つぐらいじゃなきゃならないのに、遅かったか~~と反省。

 

少し休憩して、第1目的地の小田原早川漁港へ移動を開始いたしました。

裸同然での高速走行。速度100キロでの走行。いやぁ~~~~もう恐怖w

BMW R1200RTはフロントに大型スクリーンが装着されています。

私のXSR900はネイキッドなので何も無し。受ける風が速度を増すごとに強烈!

初めての高速走行でバイクの世界がどんなものなのか洗礼を受けました。

 

海老名ジャンクションで圏央道に乗り換え、茅ヶ崎ジャンクションで新湘南バイパスに入り終点茅ヶ崎海岸で降りる。

そこからR134で早川を目指します。

海を左に見ながらの西湘バイパス。気持ちが良いんですね~。

おっとここで忘れてた。気持ちよく走れている中ですが、3月の花粉シーズン前だって言うのに私の鼻は花粉で鼻がズビズビの状態。

ヘルメットの中では息苦しく、普段車でどれだけ花粉から守られているのかを痛感。

気持ち良いツーリングでも季節によっては鼻の洗浄もできないこの苦しさを感じならが走り続けなくてはならないのか???

ムムム!苦痛。。。

花粉症と立ち向かいながら早川漁港を目指しました。

第2休憩ポイントの西湘PAでしばし休憩。トイレ休憩を済ませて私の疲労感など気にかけて頂きました。

ここで鼻を洗浄しておけばよかった・・・ほんとここまでひどくなった事はこれまでも無くて、今年は異常だなと感じ初めていました。

 

西湘PAを出発して10分弱で早川漁港に到着。

市場の2階にある食堂で刺身フライ定食を注文。

漁港で新鮮な海の幸を食べる!これまでも早川漁港にはきた事ありましたけど、この食堂はいつも混んでいて諦めていました。

平日でも混み合う2階の食堂、運良くそんなに待つ事なく店内に入れて胃袋補給も完了しました。

刺身定食などこでもありそうな物。でも漁港で食べるって言うのが何か違う美味しさがありますね。

 

さて、食事も終わり、本来ならばこのまま帰路になるそうなのですが、

私にとって初のプチツーリングとなるため、行きたい場所のリクエストを聞いて頂きました。

ルートはターンパイクを走り大観山!これをリクエスト。

通行料を払いいざ出発!

と思ったら、バイクだとあまり面白くない??

なんと言うかカーブが緩やかすぎると言うか、バイクの機動力を楽しむにして、通行料を払ってこの程度なら・・・

まぁ経験しなければどうであったかなど語れはしませんのでいい経験となりました。

大観山到着。晴れた午後!富士山も綺麗に見えました!富士山パワー吸収!花粉も吸引w

愛車の撮影も富士山入れて記念撮影!

晴れたこの大観山、バイクも車も、平日だって言うのに結構いるもんですね~

しばし大観山では長めの休憩。今思えば、ここからどんなルートで帰るか考えていたのでしょうね。

不慣れな分、ルートは人任せw

帰路!R1で芦ノ湖まで降りて、K75で箱根神社芦ノ湖畔経由まで移動

箱根も何度か来ているのに、こう言う場所行ってなかったなぁ~。知らない場所がまだまだ知らない場所ばかりです。

次回来るときは車で来て、家族で海賊船にでも乗ろう!

 

芦ノ湖半でもプチ休憩。

ここからのルート、体力がまだあるならば長尾峠経由ーとらや工房でお茶して帰る!

このルートの提案を頂きましたので初峠挑んでみました。

府中での1日ライディングスクールでの成果が出ているのか試すにはちょうど良く、どんな峠か楽しみで走り始めると

なんとも道が細い!すれ違う車が、仮にも膨らんで来たら間違いなく正面衝突するくらいでした。

そんな細い峠道なので、そんなに速度は出せませんが、友人のライドはスムーズかつ素早い回頭。

車間はどんどん引き離されてしまいました。

 

最終休憩ポイントのとらや工房。

ここはこのプチツーリングに行く数週間前、日曜日テレビ番組のがっつりマンデーで取り上げられて、その放送を見たばかり。

記憶も鮮明で一度行って見たい場所でもありました。

残念なことに花粉症による鼻は呼吸ができないほどにつまり切った状態。もうどうすることもできません。

しまいには涙も出て来る始末・・・この呼吸困難な状態がなければ最後まで楽しめたはず。

竹林を進み、茅葺の門をくぐる。まさに番組に出ていました!

ここで副社長が待っていて・・・それは番組だけだったw

邸内は庭園が広がります。その庭園を見ながらオープンテラスでお茶を飲む。

テーブルはこの正四角形の木で場所をリザーブいたします。

ただ、リザーブもこれが何を意味しているのかわからない人にとっては、相手いるから勝手に座ってしまえと奪われることもありますので、

何か別なるものを椅子などに置いておかないとならないでしょうね。

(ここもモラルが確かめられる瞬間です)

残念ながらリザーブしていたテーブルが取られてしまい、別なる席・・・

名物はここでしか食べることのできないどら焼き。残念ながら売り切れでしたので、お汁粉をいただきました。

リザーブの手順。店内に並ぶ前にいろはの木細工でテーブルをリザーブ。

その次にレジに並んでオーダー。

そしてひとときの時間を甘味と一緒に楽しむ。

優雅な時間です。

これまでとらや工房はそこまで混み合うことがなかったそうなのですが、やはりテレビの力なのか

最近は人も多く、平日でも混み合っていました。

花粉はとても辛く、辛抱なプチツーリングとなりましたが、1日で手応えあるルートとしては楽しめたなと感じました。

帰りは東名中居PAにて解散式。そこからはソロで帰宅。

なんとか17時前に到着しましたので、帰宅後直ぐにちょこっと夕食作って娘を迎えに行きまして1日が終了しました。

ただ今回のプチツーリングで、バイクでETCがついていないのはとても不便。

そして高速走行の防風は何か対策練らなきゃならない。

ハンドルポジション、いやライディングポジションを変えたい。

ライディングウェアーの見直し。

などなど現実的なテーマが出て来ました。

このプチツーを機にあらゆるカスタムが始まるのでしたw

 

最後までお読み頂きまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください