MINIクーパーSに欲張りプランPCX-V110施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

梅雨中休み。。。。

 

かと思ったら、梅雨明けしちゃいましたねw

確か昨年も早くて7月6日には梅雨明けしていました。

奄美に続く早さなわけですが、まだ他のエリアは梅雨明けしていないというおかしな話。

 

これで前線が下に降りてきて雨続きになっても

再び梅雨入りしましたとは言えませんからねw

 

これで猛暑突入となるのでしょう。

ようやく私の車が戻ってきまして、10日間にわたる代車生活もピリオドを打ちました。

お借りしていた代車も車内外と洗車しまして、再びデモカーとして綺麗に使えるようにしておきました。

 

早速暑い夕方に乗り込み、保育園へお迎えに向かったわけですが、もう格段に冷房効果が違う!

遮熱フィルムの貼っていない車に10日間乗り、その後自分の車に乗ると

もう快適という言葉しか出てきませんでした。

 

今まさに猛暑真っ只中。

暑さの違い、どれだけ異なるのか、その差を体感してみたいと思いませんか?

今年こそ暑い車内から解放されたい!そう思われる方、是非ともお越しになってください。

私の車(デモカーですw)で体感できますよ~。

 

施工料金に関しましてもお求めやすい価格帯に設定してあります。

お見積もり含め、体感されたい方、是非ともご連絡お待ちしております。

 

さて、今回はBMW MINI COOPFR S。経年車欲張りプランでの施工です。

メールでの内容でボディーカラーはホワイトツートン。

欲張りプランですので、トータルリフレッシュコースとなります。

一見するとそんなに汚れていないし、見た目綺麗に見えますよね~

オーナー様が大切にされているからこそそう見えるわけなのですが、

プロの目は違います。

見ていくところ、本当に細かいところからどれだけ固着汚れがあるのかを見つけていくのです。

MINIの汚れそうなところ。把握しています。

ちょっと怠るだけでこうなってしまう。

今回のオーナー様がここまでしたのではないと思いますが、

外側だけ洗っていたり、洗車機だけで済ませたりすると画像のようにシーラ部分は汚れが詰まってしまいます。

特にドレン部分には錆止めの油がぎっしり奥まで詰まっていて、

汚れが油に付着するだけで黒ずんだ汚れとなってしまいます。

車体を洗浄するだけで半日以上。経年車の場合は細部にとことんこだわって洗浄していきますので

どうしても時間がかかってしまう。

感動を得るために洗浄の手は抜けません。

一通り洗浄を終えると、マスキングを行い磨きに入ります。

ご覧の通り深いスクラッチ、そして塗装表面も荒れています。

綺麗と思っても、写り込む照明がぼやけて見えたり、輪郭が傷でわさわさ~~って見えたらガッカリしますよね?

MINIの塗装は硬いように思えて割と柔らかめ。

入念に磨きを入れつつも、どの程度でブレーキをかけるか駆け引きしながら慎重に作業を進めていきます。

まる一周本磨きが終わったところで、パネル接続部のマスキングは剥がしながら仕上げ磨きを行います。

とにかく研磨中は店内中コンパウンドだらけになってしまうので掃除が大変w

それだけお車が綺麗になってきているのだとご理解ください。

完成です!

光沢が上がるとそれだけでパネルの造形美が強調されますのでこの時こそ最高の瞬間。

BBSのホイールにもホイールコーティングを施し、洗いやすくいたしました。

このモデルになると、樹脂モールは紫外線により射出成型の柄がハッキリ出てしまいます。

ただ、こちらのオーナー様は前後共USサイドマーカーを装着されていますので新しいものに交換されているかな?

それでも今後柄が出ないようにしっかりコーティングを施しておきました。

ソリッドブラックのルーフ、イオンデポジットが深かったですね~

鉄板部分はしっかり磨きを入れて整えましたが

リアスポイラーに至っては、深すぎるのと、あまり熱を入れられないのでほどほどに仕上げさせていただきました。

やりすぎればクリアが抜ける可能性があり、熱を入れすぎれば塗装を曲げてしまう危険もある。

心のブレーキが大切です。

細部はこんな感じ!

水垢は落とせるだけ綺麗にして、ドアやハッチを開けても恥ずかしくない状態にしました。

手洗い洗車が理想的ではありますが、やむおえず門型の機械洗車を行う場合でも

必ずドアの内側も拭きあげるようにしてください。

それだけで状態は保てます。

サイドスカートの隙間。ブレーキダストがたまりやすい場所です。

MINIに乗られている方。どうですか?ご自身のお車と比べてみてください。

そしてボンネット裏側。油汚れ、水垢など除去可能なものは綺麗にいたします。

そしてアッパーマウント周辺も、気になるところですよね~

綺麗にするって簡単のように見えてどうしたら良いかわからない。

特に内側に至ってはなかなか綺麗にならないものです。

そんな時専門店の技術が問題を解決してくれます。

綺麗にし始めると中途半端で終えられないので、どうしてもエンジンルームも綺麗にしてしまいます。

ホワイト/ブラックのツートン、そこにオレンジのアクセント。

なかなか綺麗にまとまったカスタムの仕方で、仕上がるとさらに引き立ってきます。

ボディーはPCX-V110。樹脂モールも同様で仕上げておリアmす。

ウィンドコートは全ガラス油膜除去+耐久性高いPGS-33にて仕上げ。

ホイールコーティングはPCW−880にて仕上げ。

よくばりプランはボディーの施工金額で全て網羅されたプランとなります。

どんな車でも、汚れが綺麗にならない。そう感じている方、ぜひともご相談ください。

イニシャルコストはどうしてもかかってしまいますが、忘れていた愛着を取り戻せる仕上がりをご提供いたします。

BMW MINI COOPER Sのオーナー様

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

初回洗車のスケジュールがリスケをいただきましたので、次のご都合、ご連絡お待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください