アウディA4アバント フロント再施工(保険対応)

アウディA4アバント フロント再施工(保険対応)

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとう御座います。

本題の前に、ご案内を致します。 今年も3Mサイト、及びカービューティープロサイトでピュアカット89キャンペーンが始まりました。 当店ではこのイベントキャンペーンの施工店として、今年は参加しておりません。ご注意下さい。

お待たせ致しました。本題のAudi A4 avant フロント部再施工のご報告です。 鈑金の箇所は、Fボンネット/Fバンパー/右フェンダーと保険会社から連絡を頂きました。

DSC_2905.JPG

早速、状態確認のため撥水チェックです。

DSC_2906.JPG DSC_2907.JPG

コーティングは低撥水タイプのPCX−S7、シャワーテストでは低撥水ならではの水の膜で広がり落ちるパターンです。 鈑金をされた場所、及び磨きが加わった箇所は指定パネルに限る事無く、隣接した一部は磨きが加わっている事があります。それにより、水は弾かず親水になっている事があります。

DSC_2910.JPG

左フェンダープレスライン上部は磨きがまたがった場所となり、塗装面がもつ親水パターンになっていました。 次に、右フェンダー隣接、右ドアの状態。ここもシャワーテストを行うと

DSC_2914.JPG DSC_2915.JPG

右ドアの一部だ親水パターンになっていました。では、光を当て状態チェックです。

DSC_2921.JPG DSC_2923.JPG

先端に伸びるキズの深さは深く、これまで研磨すると他のパネルとの艶感が変化してしまうため、ここで終了。

DSC_2928.JPG DSC_2930.JPG

施工を行わない場所については、マスキングの幅を持たせ保護いたしました。

DSC_2931.JPG

再び新車の時の輝きに戻りました。 綺麗になった愛車にオーナー様もご満足され、ちょっとお話をさせて頂きました。 接触事故はどこで発生するか予測不可能です。 綺麗に乗られている方であれば、接触事故を起こされた時のメンタル面の衝撃、尋常ではありません。

では、どうしたらよいか!私自身も駐車する際には充分に気を使っています。 何かが起きる前に、起きそうもない場所へ駐車するのが良い方法です。 どんな場所でも出入り口の付近は大変込み合います。 だれしも近い場所がいい。 ならば、すこし遠くてもスペースが広く取れる場所に駐車したら、ぶつけられる確立も低くなります。 集合施設などの地下駐車場、最近小さいスペースの駐車場が多い。 わざわざ小さなスペースに駐車するのではなく、広い駐車場を探して止める事が予防策です。

駐車料金が安く場所に止めるなら、少々高くても広い場所に止めるとか、 近くで便利で込み合う駐車場よりも、ちょっと遠くて、穴場な駐車場を探す事がベストと思います。 接触された時の心の痛み、駐車場の距離や料金では清算できません。 大切にされたい思い、自ら愛車を守るようにしてご利用して下さい。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください