アウディA4 Avant S-line 新車コーティングetc

アウディA4 Avant S-line 新車コーティングetc

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 カービューティープロ115のヨシノです。

今日、2月4日は立春です。床の底冷えする寒さから少し暖かさを感じる日が続いていますね しかし!明後日水曜日は天気予報で大雪!またですよ また大雪。また雪かき予報ですw さて、ぼちぼち2月も埋まり始め、稼働日数の少ない2月も、定休日の日曜日も開けて仕事をしなくてはならないかもしれませんw 現在キャンペーン中の115キャンペーン ガラスコーティングプラス!も2月末ご予約までとなっております。 まだまだスケジュールは空いています。是非ともこの機会に一つ違うガラスコーティングをお試し下さい。

今回のアップのお車、AUDI A4 Avant Sline 新車コーティング+ウィンドガラスコーティングです。 このセットメニュー、実はホームページのキャンペーンページに記載されている常時20%offメニューなんですよ!ご存知でした? 今回の施工では、沢山の写真を撮りました。オーナー様も楽しみにされているそうなので、レンズを取っ替え引っ替えw

さっそく洗車後のボディーチェック。AUDIの品質基準も高く、各パネルチェックしても手を加えた後を見つける方が難しい程綺麗な状態です。 濃色車でこのコンディションはAUDIさん素晴らしいの一言ですね~ それにAvantのデザインは私個人的にも好きなんですw ただ、ボンネットとルーフには、おそらくボディーマスキングを剥がした後に拭き上げたであろうヘアーラインスクラッチがありました。 左が研磨前、右が研磨後です。

DSC_1897.JPG DSC_1900.JPG

欧州車は塗装が硬く、単なるヘアーラインスクラッチと思ってもギアーポリッシャーでは研磨できない事もありますので、水平面だけは2工程入れました。

DSC_1903.JPG DSC_1906.JPG

新車でコーティングをする必要性!新車は、ディーラー配車前、水平面には塗装面保護の為、ボディーマスキングが貼られています。 そのマスキング、単に水平面だけではなく、メッキ部分、水平面にほど近いパネルには隙間なく貼られています。 それを納車整備時に剥がす訳ですが、その糊は微粘着でありながら、以外にボディーにしっかりと定着していまして、一見綺麗に剥がしたようで研磨作業を加えるとその糊跡が確認出来る程残っているんです。

DSC_1914.JPG DSC_1919.JPG

コンパウンドを全体的に伸ばすと、粘着剤がはみ出した所は抵抗となり、線上に見る事ができます。線より上はラッピングされていた部分です。 これを取り除きつつ、ボディーの艶を上げていきます。 そしてお次はガラスの油膜取り。新車でも油膜はついています。若干の油分があれば水が弾きます。油膜を取り除くと、驚く程に水が引かず、わずかな水がガラスにまとわりついた状態になります。

DSC_1923.JPG DSC_1930.JPG

ここまで済みますと後はコーティング。 ボディーにはPCX-S7 ホイールコーティングも済ませ、エージングさせます。

DSC_2052.JPG

が、オーナー様から入庫時にご相談を承っていました。 左フロントのホイールリムにキズがあり、お電話でも伺っておりましたが、実際に見るとアルミが削れていました。そこで、ホイールのリペアもサービスにて作業。

DSC_1933.JPG DSC_1936.JPG

ホイールの作業途中に、車内バキューム、窓拭きなど、出来る事終わらせていきます。 内装も私好みのですね~~ 正直、車の代替えの際は何度もAUDI S4 RS4の名前が頭を過りましたw シートにもS lineと刻印された本革コンビシート。革の匂いから放つ車内の香りはAUDI独特の香り。

DSC_1938.JPG DSC_1940.JPG

メルセデスやBMWよりも優しい香りと感じます。 さて、ホイール作業過程

DSC_1944.JPG DSC_1950.JPG

ペーパーで仕上げ、最後にタッチアップ。そして若干ペーパーを当て、仕上げ。これが一番時間がかかるな~~ お引き渡し前に、屋外で撮影大会w 今年購入したDCレンズを用いて、およそ10m離れての撮影ですw

DSC_2013.JPG DSC_1976.JPG

排気量は2Lターボ。S LineはS4のデザインを盛り込んだA4です メルセデスではAMGパッケージ、BMWではMスポーツと同じ位置づけです. 時折AUDIが気になる私、なぜこのデザインが好きなのか?考えてみました。 フェンダーとホイールアーチの高さが狭く、そしてボンネットも肉厚でない。 フロントからも薄く見えるこのデザイン、ボディーがしっかりとタイヤを納めている感じの印象を受けます。無駄なプレスラインも無く、綺麗にまとまったデザイン、最近人気な訳ですね~~

DSC_2021.JPG

ボディーは完了。あとはホイールの仕上げだけ

DSC_2072.JPG DSC_2081.JPG

縁石でガリッとえぐれたアルミのラインを出すのは結構難しい もう少し時間があれば綺麗に整えたかもしれません。

DSC_1986.JPG

AUDIのシートポジション、パワーシートの最下部はとにかく低い位置です。 シートポジションは高めにセットし、縦列駐車の際は、フロントから寄せるより一度前に出て、リアタイヤから駐車開始をして、ミラー分を空けるようにすればリムを擦る事もなくなります。 リバースの際、助手席側のミラーが下がりますから、それも活用すると便利ですよ

DSC_1957.JPG DSC_2066.JPG

ご紹介頂きましたレクサスRXオーナー様、誠にありがとう御座いました。 又、この度当店をご利用頂きましたAUDI A4 Avantのオーナー様もありがとう御座いました。 今後は是非とも洗車でご利用下さい。メンテナンスは洗車から始まります。 料金は¥2000(tax込み)にて承ります。 この度は、誠にありがとう御座いました。

DSC_2042.JPG

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください