アウディQ7 PCX-V110 欲張りプラン

アウディQ7 PCX-V110 欲張りプラン

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

西東京のカーディテイリングショップ カービューティープロ115のヨシノです。

桜も満開で、さすがに風の強い日、至る所で散り始めました。

今まさに春を感じる時、この時が一番美しい季節です。

今週月曜日、お休みを頂きまして小金井公園へ出向き、撮影の練習をしてきました。

試すは Tamron SP AF 90mm Macro とAF DC-Nikkor 105mm

いつも車ばかり撮影していますので、風景を撮影するなど苦手に等しい。

でも、構図を考えて何枚も撮影してみました。

その一部を御覧ください。

DSC_0618 DSC_0634

ここで当店の前に咲く花の名前を知る。。。牡丹桜ではなくハナモモであることを知りましたw

7年間、てっきり牡丹桜とばかり思っていましたが、ハナモモだとは。。。

それはさておき、春に小金井公園へ行くのも初めて。素晴らしいほどの桜で心も穏やかに

ゆっくりと休日を過ごすことができました。

DSC_0642 DSC_0643

水を鏡にして、写り込む桜を撮る!車だといい感じになるのですが、どうでしょうね?

DSC_0673

レンズは赤が綺麗に映えると撮影も上手くなったか?そう錯覚してしまいますw

いろんな花が咲くこの季節だからこそ、撮影にも欲が湧きますね。

来週月曜日は群馬県の横川駅にでも行ってきたいと思います。

さて、お題のAUDI Q7。

3月初旬に突然のご来店。ちょうど確定申告の追い込みをかけていましたので仕事は入れず事務処理に専念していました。そこで私の愛車も洗車したての状態でしたので、施工プレゼンにはちょうど良いタイミングでした。

ご予約は3月下旬。およそ3日間をかけて全体的にリフレッシュ、欲張りプランにてご予約を頂きました。

気になされていたのはルーフレールの酸化、ウィンドガラスの鱗。

そしてボディーも購入後何もされていないのでトータルリフレッシュ。

DSC_0525 DSC_0526

まずはルーフレールからの着手。今回の施工のために購入した新たなモール研磨剤。

果たして使えるのか!やはりダメだったとは言わないでくれ。。。そう願いながらマスキングを行い着手。

DSC_0527 DSC_0528

するとどうでしょ~~。 効率よく研磨できるではありませんか!

まぁ、もちろん手磨きではなく低速のポリッシャーでじっくり磨き込んでの結果です。

これは良い手応え。このままルーフレールを完了させました。

DSC_0530 DSC_0531

実は今回のルーフレールの磨き、状態はかなり重症と判断し、結果が伴うかが不明でしたのでトライアル施工として承りました。そのため無償施工。この手応えは私にとって貴重な収穫。そしてオーナー様にもきっとご満足いただけるはず!

そう思うと作業ピッチは早くなるんですよw

そして次なるはボディ。

完璧なるマスキングを施します。

DSC_0532 DSC_0533

パールホワイト、一見綺麗ですよね~。新車時にもきっとガラスコーティングされていたのだと思います。

DSC_0535 DSC_0539

まぁまぁ、洗車キズも少ないかなぁ~~。作業は捗りました。

DSC_0542 DSC_0543

シャッターを閉めきっての撮影、マニュアル設定で行います。そしてレンズもマニュアル。

一度決めた露出をそのままキープして、同じ光源のまま撮影しないと変化がわからない。こだわりです。

DSC_0544

Q7はさすがにデカイですね~~。ルーフの磨きには苦労しました。

ルーフで少しお分かりになりますか?左のスポットライト。磨く前です。

この当たりで新車時のコーティングのいい加減さが目に付き始めました。

DSC_0546

ガラスコーティングは大気中の水分と反応して被膜成形されます。

水分量が多ければ、コーティング膜のレベリングに高差が発生します。

コーティングもいい加減に行えば、液ダレや異常反応などが起こりシミの原因となります。

Q7は3年目の車両。新車コーティングでも3年目となれば被膜の劣化は見られるでしょう。

適切なメンテナンスを行っていれば画像のようなシミは発生しません。

ですが、随所に液ダレのシミがあれば新車時の施工がどれだけいい加減であったかがわかります。

ただ塗れば良い。ただ撥水すればコーティングが効いている。それは専門職の仕事とは言えません。

せっかく当店をお選びいただきましたので、時間の許す限り徹底的にリフレッシュに力を入れました。

そして完成です。

DSC_0551 DSC_0557

ボディーはPCX-V110でコーティング。

DSC_0553 DSC_0554

ルーフレールは工夫の全てを尽くし進行を遅らせる処置を取りました。

DSC_0558 DSC_0563

ホイールも全てのダストを除去。そしてPCW-880でコーティング。

DSC_0561 DSC_0562

全てのウィンドガラスも、油膜除去+PGS-33でコーティング。鱗も完全除去!

ワイパーブレードもビビリ防止処理。

DSC_0565

これぞまさに欲張りプラン!気になる場所、それを全てボディー施工定価にて行うプランです。

お引渡しの日、とても快晴でした。そして仕上がった愛車を見て、その違いに大変喜ばれておりました。

何よりも、小出し小出しで説明する中でのルーフレールに大変驚かれていましたね~~

やった甲斐がありました。

DSC_0569 DSC_0559

今後は洗車も含め、状態維持にご協力させて頂ければと思います。

この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

現在キャンペーン中です。下記URLをご覧ください。(施工受付は5月ご案内です)

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください