BMW 320d(F30)ウィンド油膜除去+PGS-33施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

年内は12月30日午前中まで、年明けは1月6日から営業開始いたします。

そして、1月の施工枠、現在1月25日まで埋まっております。

新規お問い合わせの施工枠は1月26日以降からの枠取りとなります。

お問い合わせご相談はお早めにお願いいたします。

何卒、宜しくお願い致します。

 

さて今回の施工、ウィンドガラスの油膜、水鱗除去のご相談で一度来店頂きました。

ただウィンドガラスを施工するだけならばそんなに時間はかかりませんが、経年車の汚れ方、2台として同じ状態はありません。

現車を拝見した時、すぐにわかったのが四隅に残る白い研磨剤らしきもの。

確認をするとご自身で市販の油膜除去剤で処置をしたけども、結果はそんなに綺麗にならず。。。

しかもより油膜を多く残す結果になったとか。

市販の油膜除去剤、市販品はトラブルが起きないようにするために、研磨剤に関してもだいぶ希釈させていますので

結果的にはうわべだけの汚れしか取れないのです。いわゆる撥水剤程度の研磨。

ですがボディーにしてもガラスにしても結晶化したモノを除去しなければガラス自体綺麗にもならないし鮮明にはなりません。

結晶化にも色々あるので、一概に一つのやり方だけで綺麗になるかと言うとそうではない。

 

ボディーとは異なりガラスの場合、汚れの状態を見極めて手法を考えなければプロでも傷だらけにしてしまいます。

とても怖い仕事の一つです。

付着した水を拭きあげると水垢の斑点が浮かぶ現象を見たことございますか?

晴れていれば見ることもないものですが、雨になるとそれが視界の妨げに

マクロで撮影するとご覧の通り、水垢の大半は堆積したものになりますが、現象によってはガラスを侵食したものもあるのです。

残念ながらそれらを除去することは不可能。

研磨で均等に研磨して成し得るならばきっと綺麗になると思うのですが。。。

それはそれでものすごいハードルの高い作業であり、一つ間違えれば自ら傷を入れてしまいます。

予測つかぬ結果を出すような作業はいたしませんので現段階ではここまでとします。

 

ガラスが綺麗になっても他が汚れたままでは(汗

なのでガラスをクリーニングする際に洗いますので車体も全体的に細部洗浄してクリーニング。

ホイール、ボディー細部、ドアノブなどを綺麗にするだけで車体は白さ引き立つようになります。

ウィンドガラスもご覧の通り綺麗になりました。

油膜、固着物を除去した上で、乾燥後にPGS-33で撥水施工をいたしました。

視界をよくすると晴れている日でもガラスはとても透明で、まるで無いように思えるほどです。

新車の時でもガラスが汚れているのはご存知ですか?

綺麗にするって入り込む情報量が全然違います。

安全運転を目指すならば、ガラスを綺麗にするところから始めると良いでしょう。

 

今回のBMW、洗車キズこそはたくさんありましたが、ホワイトですから細部を綺麗にするだけで全体的に綺麗に見えるようになりました。

当分はこの状態をキープできると思いますが、より輝きを与えたいようでしたら是非とも磨きで再びご利用いただければと思います。

 

この度は当店をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください