BMW 528i プロガラスコーティングプラス

BMW 528i プロガラスコーティングプラス

こんにちは カービューティープロ115のヨシノです。

11月も中旬が過ぎました。 お車をお預かりし、完成してお引き渡し。入出庫の激しい1ヶ月はとても過ぎるのが早く感じます。 11月のご予約状況、月末はディーラーさんのお仕事が入る都合上空けておりますが、実質のスケジュール、おかげさまで全てご予約を頂きました。 現在12月施工のご予約を承っております。 12月も月末は洗車の入庫も多数入ります。ご予約はお早めにご連絡頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

さて、今回はBMW 528i(F10)の再施工です。 オーナー様のこだわり、やはりコーティングは専門店の方が安心との事で、新車コーティングから定期的な洗車に至るまで、当店にて作業をさせて頂いております。 今回は洗車誘致でご連絡をいたしました。ところが、Fバンパーを交換され、バンパーの部分施工の話になったわけですが、『部分施工になさるのであれば全体的に再施工しましょう』とご提案、新車時から1年半経過した今回、再施工に至りました。 当店ではなるべくメンテ洗車で期間を延ばし、1年半から2年で再施工をご提案しております。

DSC_0730.JPG DSC_0733.JPG

BMWのソリッドホワイトはアルピンホワイトⅢ。目映いばかりの塗装です。 入念に鉄粉の存在を強調し、洗車につなげていきます。

DSC_0736.JPG DSC_0738.JPG

鉄粉は知らない所でボディーに突き刺さるようにあります。 細部の洗浄、ドア内の洗浄。再び新車時のような輝きを取り戻す為にも入念に洗浄していきます。

DSC_0742.JPG DSC_0745.JPG

ホワイトの塗装だけに、照明を変えてもキズ、汚れは見にくい。目を酷使しながら作業開始です。

DSC_0757.JPG

トランクリッド。水平面のキズは、1年半経過の車両にしては深すぎでした。 もう少しこまめに洗車でお預かりしていたらここまでにはならなかった・・・と反省の思いを抱きながらパネルチェックを致しました。 磨きは段階を踏んでいきます。

DSC_0760.JPG DSC_0763.JPG

キズの無くなったパネルは美しいです。

DSC_0771.JPG

しかしその分バフも汚れていきます。 ガラスコーティングは、経時で黄変していきます。紫外線の浴びる量と時間でも黄変する期間は様々です。真っ白なボディーが黄ばんできた なんて状態を見た事はございませんか? 塗装のクリアー層も同様に黄変します。そのため再施工のタイミングが1年半から2年になる訳です。

DSC_0782.JPG

黄変した状態を撮影したかったのですが...まだまだ撮影技術が足りませんね〜 ルーフに当たるスポットライトの輪郭は上下で艶感が異なっています。上部はまだ磨いていません。磨く事は黄変したコーティング膜を取り除くとともに、ボディーのキズも研磨します。

DSC_0783.JPG

磨きの工程は、場合によって3工程に及ぶ事もあります。作業の負荷によってマスキングを剥がしながら隅々まで艶を均一化し、完成へ導いていきます。

DSC_0786.JPG

一気に完成w このお車もコーティング前の下地処理を処置した上でコーティングを行いました。 新車時にはPX-V200を施しましたが、フロント部には無数のイオンデポジットが発生していましたので、今回の防汚性に優れたコーティングはPCX-S7 低撥水タイプをチョイス。

DSC_0790.JPG

新車時よりも艶が向上、下地処理とコーティング剤の特性を生かし更に艶は向上しています。

DSC_0801.JPG

その艶感は、夜間でもご覧の通りな仕上がりです。再び目映いばかりの輝きを放ちます。

DSC_0796.JPG

この度は再施工で当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。 この状態を2年維持する為にも、こまめに洗車のご誘致をさせて頂きます。 115キャンペーン、ご予約受付中です!是非ともこのキャンペーンで洗車の手軽さを実感して頂ければと思います。 ご予約お待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください