BMW M5(F10) ルーフラッピング 昨年の宿題

BMW M5(F10) ルーフラッピング 昨年の宿題

原稿を作る時間がある時、音楽を聴きながら作文しています。 好きな音楽を聴きながら取り組むと、考えが浮かぶ浮かぶw

1月の施工スケジュール、段取りを組む中、昨年宿題で残した事案もありましたので、 それをどこかで組み込まないとならない! お客様には合間のスケジュールでご少々を頂くため こちら都合の予定をお願いしてしまい、大変恐縮致します。

昨年の宿題。BMW M5 ルーフラッピング。 今回はお客様が材料持ち込みで宿題に取り組みました。 (当店ではカーボンブラックを準備しまして、どちらにするか、ご入庫時選択) 最終的に、ブラッシュドブラックに決定。

DSC_4483.jpg DSC_4484.jpg

グロスブラック 2回やり直し、私自身も仕上がり感に満足がいかなかったので再施工。 今回は上手くいきましたね~~ ブラッシュドはこれまで起きた現象が全て目立たない。 マット系、カーボン系、ブラッシュド系は施工性が簡単と言いましょうか、結果は得やすいです。 ドルフィンアンテナもブラッシュドにしてしまうと、ヘアーラインの方向性に違和感がでてしまうので、 マットブラックをチョイス。 そして、新たな宿題として、マイナー後のM5グリルのメッキ部にラッピングをする予定。パーツは外してお預かりです。 時間がある時にお預かりパーツは施工します。

DSC_4485.jpg

※今回は昨年の宿題としてアップしました。 現在、当店の考え方として塗装面へのラッピングは、数々の問題点がある関係上積極的には行っておりません。諸問題については、お問い合わせの都度、個別にてご説明させて頂きまして、問題点のご理解が得られた段階で施工について進めさせて頂く所存でございます。 塗装箇所以外のパーツについて、施工は問題なく進めさせてただきます。 お問い合わせの際、施工箇所等具体的に開示の上ご連絡の程、よろしくお願い申し上げます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください