BMW116i フィルム&ホイール&ウィンドウガラスコーティング

BMW116i フィルム&ホイール&ウィンドウガラスコーティング

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 Car Beauty Pro 115のヨシノです。

暑さが和らぎませんね〜〜 この暑さは10月まで続く事でしょう〜 フィルムを貼られた方は、この暑さ、そしてお盆休みでその効果を実感されたかと思います。 私自身も日頃から遮熱フィルムを貼った車に乗っていますので、常に暑さからは逃れているのですが、 フィルムを貼っていない車に乗車すると、なんともルーフ付近に溜まる熱気、そして頭がぼーっとしてしまう エアコンが効かない車ですと、それはそれは危険な状態です。フィルムの効果を改めて実感したお盆休みでした。

フィルム施工は今が繁忙期。暑くて直ぐにでも施工したいと思っても、なかなか予約が取れない状況です。 当店でもスケジュールの関係でお断りした方が数名。誠に申し訳ございませんでした。 これから先はスケジュールにもゆとりがありますので、ご連絡頂きますと最短での施工が可能です。 今ご検討なさっている方、是非ともお問い合わせお待ちしております。

さて、今回アップするのは8月4日からお預かりしましたBMW 116i。 フロント3面のピュアカット89施工+ホイール脱着コーティング+ウィンドガラスコーティングです。

DSC_3501.JPG DSC_3506.JPG

ちょっと今回は露出失敗で暗めな撮影(汗)低アングルから撮影してますw

DSC_3507.JPG DSC_3509.JPG

現在使用しているのはピュアカット89プラス。ピュアカット89の改良版です。 あれやこれやとお伝えした所もありますが・・・・ここは・・・語れません。 お車の問題ではなく、フィルムの問題。人は慣れた材料で台数をこなすと、材料が変わった時に戸惑いが発生します。 その戸惑いには個人差がありますが、車固体の形状変化で台数をこなすと、作業性の問題点が何点か発生。 施工後の状態に問題は御座いませんでしたので、ここでは触れません。極めて綺麗に仕上がっています。 では、透過率測定。 フロントガラス 施工前82%/施工後78%

DSC_3505.JPG DSC_3521.JPG

運転席ガラス 施工前80%/施工後76%

DSC_3504.JPG DSC_3522.JPG

助手席ガラス 施工前79%/施工後76%

DSC_3502.JPG DSC_3524.JPG

BMWは全般的に透過率が高い。

ピュアカット89で唯一のネックがダウン率3%、透過率の高いガラスであればこの問題は難無くクリアします。 ちなみに、フィルムのご説明。先日のブログにもアップしましたが、最近は各ディーラーさんでクリスタリン90がディーラーOPとして採用されつつあります。

ここで正しい知識とフィルムの機能についてご紹介します。 クリスタリン90の最大の利点!それは高透明であり、透過率が1%程度しか下がらない事です。 この利点は、オリジナルガラスの透過率が低い車に対しても施工できますのでメリットがあります。 (注意!保安基準では透過率70%以上を確保が大前提です)

では、欠点は!暑さの元となる赤外線カット率91%!このカット幅が問題なんです。 一番暑さを感じる波長帯が900〜1100nm。ここだけをカットしています。(他のクリスタリンは900〜2100nmまでカット。200超層の積層フィルム単体でカットしなくてはならない為、反射だけではカットするにも限界がある。他のクリスタリンは色を入れ、熱を吸収する事で暑さの波長帯をカットしています)

実に1100〜2100nm帯で受ける熱量は車内に伝わってしまうんですね〜。それが肌を柔らかく、そして確実にジリジリと暑さを感じさせるんです。製品構成上、これはどうする事もできませんので、唯一の欠点です。しかし、紫外線は90%以上カットしていますので、日焼けの心配は御座いません。

では、ピュアカット89は?透過率に問題ない程度のIRカット剤にて赤外線をカットしています。波長帯は社外秘なので公表出来ませんが76%をカットしています。それ故、クリスタリン90よりもやや効果がある訳です。 唯一、透過率のダウン幅が3%ある為、73%以下のオリジナルガラスでは施工が出来ないとご案内させて頂いております。 現在市場に出回るフィルムの中で、ただ透明だからと安価な物も存在しますが、しっかり効果を説明出来る施工店で施工される事をお勧め致します。

続いてはウィンドガラス!まずは油膜取り。

DSC_3511.JPG DSC_3519.JPG

新車でもガラスには油膜が付いています。撥水加工をしていなくてもやや弾くのはその油膜。(国産車や一部輸入車では撥水ガラスも存在します) ウィンドガラスコーティングをしっかり定着させる為には、この油膜取りは欠かせません。 油膜取りをすると、洗車をしてもガラスの水も引きはとても遅い。この状態がスッピンの状態です。 その後、十分乾燥した後で適切な処置すれば、綺麗な撥水となります。

DSC_3528.JPG DSC_3529.JPG

このウィンドガラスコーティング、耐久性は抜群です!フロントガラスなら使用状況によっても変化しますが、およそ10ヶ月は状態をキープ致します。そして最大の利点は、水滴のウロコが固着しない事です。これはお勧めですよ! 最後にホイールコーティング

DSC_3514.JPG DSC_3515.JPG

ホイールはホワイトに塗装されたスタイルラインの標準ホイール。ランフラットは17インチでも重いw ローターの錆、キャリパーの汚れ、タイヤハウス内も汚れを落として綺麗にした後、充分乾燥させます。

DSC_3516.JPG DSC_3518.JPG

ホイールコーティングは、乾燥するまで車両を動かす事は出来ません。完全硬化させる為には一晩寝かします。 輸入車のブレーキダストは尋常では無い程に出ます。ブレーキパットもローターも摩耗させながら停止させる為にどうしても発生してしまうのですが、放置すると簡単に除去出来なくなります。ホイールコーティングをするならば、脱着させて細部まで施す事をお勧めします。

DSC_3525.JPG

ディープシーブルーにポイントでホワイトをあしらったスタイルライン。大人しく乗るためのバージョンですw よりスポーティーに、そしてカスタマイズしたい場合はスタイリッシュなMスポーツですね。 新車ご購入時にイノベクションコーティングをされたので、ボディーは次回検討頂く事になりました。 再塗装が必要な箇所もありましたので、それらを修復されてからリフレッシュするのも良いですね これで暑さからも、突然の雨からも対処できるお車になりました。 あとは、せっかくのホワイトホイールなので、低ダストパットに変えた方がよいでしょうか。 この度は当店をご利用頂きませして、誠にありがとう御座いました。 今後は洗車などでも是非ご利用頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください