BMW320i(F30)新車ガラスコーティング施工

BMW320i(F30)新車ガラスコーティング施工

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 忙しい日々が続き、ブログを更新するにも頭の回転が追いつかず、ついつい放置状態が続いてしまいました。 気がつけば撮影して更新しなくてはならない台数が15台。時間の都合で撮影出来なかった車も数台・・・ 遅れを取り戻すべく、更新すべき内容をアップしていきます。

まずは、BMW 320 (F30)の新車施工。一般入庫です。 BMWの新車は、いまではディーラーさんが全て納車前にイノベクションの施工を行っております。 ご入庫は4月初め・・・もう7月ですからどれだけさぼってた!(汗)更新が遅れて申し訳ございませんでした。

DSC_4880.jpg

納車されて直ぐのスケジュールでご入庫。ブラックサファイアメタリックですから、当然スクラッチや異物除去のバフ目も複数あり、全体的にコンティションを整えるべく、磨きは2工程加え塗装面を整えました。

DSC_4883.jpg DSC_4882.jpg

新車時から全てのキズを取り除くと、見た目もの凄い光沢になります。しかし新車ですから、初めからガッツリ磨けば塗膜がうすくなりますので、適度に、深いキズは残しつつ、しかし納車時よりも綺麗に仕上げました。 これが専門店の仕事です。

DSC_4888.jpg DSC_4889.jpg

ディーラーさんのBMWが採用したイノベクション、これは撥水系です。コロコロ水が頃がち落ちますが、留まればイオンデポジットになりやすい。 今回のお車には親水系のPCX-S7を施工。濃色車にはベストなコーティングであり、拭き上げ時も滑るように吸水出来る拭き上げ感。

ただ、残念な事に、お引渡し直後、そのまま修理のためディーラーさんへ入庫される聞きちょっと残念な気持ちになりました。 納車され、車も新車納車時よりも綺麗になったのに、そのまま愛車でドライブに行けないのは残念ですよ・・・ 全てが修理されて戻ってくる事を祈ります。

さて、かつては私も3シリーズを乗っていました。当時は323iという2.5L6気筒エンジンで、各所320のパーツが組まれた、言わば325iのデチューンモデル。 型式ではE90とBMW乗りの間では呼び合います(ツーリングはE91、クーペはE92、カブリオレはE93)。 どこかに面影はのこってるかな?

DSC_4885.jpg

ヘッドライトユニットのデザイン。ここはE90のデザインを継承してますね~

DSC_4886.jpg

アルミトリム。素材のアルミはそのまま使用されてますが、デザインが平です。

DSC_4887.jpg

平らにする事で余計な手間がかからないのか?ここはコストダウンが見られます。

DSC_4892.jpg

フロントヘッドライト。初めは違和感ありましたけど、もう見慣れました。 でも、ディーラーセールスの方に言わすと、グリルに直接繋がるライトのデザイン!あまり好きではないようです。 そしてMスポーツのデザイン、バンパー等のエアロダイナミックスはどの時代のモデルでも良いですね~

DSC_4891.jpg

デザイン等はこのくらいにして、今回の仕上げはワニス系PCX-S7。親水系です。 ブラックの雨シミは、気をつけても痕跡が残りやすいので、洗車などで気になる箇所などありましたらご連絡下さい。 あまり放置されると効果も効かなくなりますが、早めに対処すればメンテナンス洗車で雨シミは除去できます。 是非、今度はメンテナンス洗車等でご利用下さいますよう、よろしくお願い申し上げます この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください