カーフィルムについてのお話

カーフィルムについてのお話

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

西東京のカーディテイリングショップ カービューティープロ115のヨシノです。

今回は短くフィルムのお話です。

みなさまフィルムを選ぶ時、機能ですか?価格ですか?

当店でお問い合わせをいただく方もご予算を伺うと『なるべく安く』と答える方もいます。

巷ではフィルムの価格、正直値崩れしています。

その安さ!一体なんなんでしょう。

カーフィルムの主材はポリエステルフィルムです。

特に自動車用ともなると、高透明性を要求されますので、フィルム自体の厚み高差が極めて均等に近いフィルムが使用されています。それはフィルムの中でも高額なグレードです。

フィルムのカラーについて!

安価なフィルムは、高透明ポリエステルフィルムに着色する染色タイプ。

高価なフィルムは、フィルム製造の段階でカラーを混ぜて製膜する原着タイプ。

この2種類に分かれます。

業務用で使用するフィルムはどれも高透明。量販店で売られているフィルムとは大きく異なります。

当店で扱うフィルム、これは全て原着タイプです。

なぜ染色タイプは取り扱わないのか?

大きな問題点として、染色タイプは紫外線に弱い傾向にあることがわかりました。

(赤い車が経年で褪色するように、フィルムも褪色します)

フィルムが褪色したことで、明るくなっている。または紫色に変色してきた。

成形後の色抜けなども見られるようになってきた。

こればかりは紫外線の影響なので、どうすることもできないのです。

でも2年で褪色するのは取り扱う側として許せない素材でした。

では、その影響を受けにくく、なるべくなら数年、そして自然と全体的に褪色するフィルムは?

そこでたどり着いたのが原着タイプのフィルム。リンテックプレミアムシリーズです。

DSC_6994

施工してみて、そして体感してみて思った感想。どれも想像以上に施工後の視界が良い!

そして、紫外線は99%カット、近赤外線は90%以上カット。

自動車用として開発された商材だけに、オーバースペックではない。

しかし高額な設定にどうしてもなってしまうため、価格競争ができないのが本音なのです。

安いフィルムの場合、褪色、機能、透明性、どうしても劣る部分が出てきまいます。

せっかくフィルムを貼るのだから、今満たされるべき機能や期間は得たいですよね?

リンテックプレミアムシリーズはそこを全て満たしています。

赤ちゃんの授乳時などのプライバシー確保や、車内の室温コントロール。

暑さを遮り、車で移動することも苦痛ではない環境づくりにベストなカーフィルムです。

カーフィルムをご検討される方、カラーバリエーションも豊富です。

是非ともご検討ください。

現在キャンペーン中です。下記URLをご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください