メンテナンスコートはじめます!

カービューティープロ115

こんにちは。CBP115のヨシノです。

先日もご案内しました。いずれのアップでメンテナンスについてのご案内。

まずはお詫びから。当店ホームページ内に『メンテナンスのお知らせはお手紙で』と掲載しております。 当初はその思いで取り組んでおりましたが、実際に作業を開始しますとなかなかそこまでのフォローにまで着手する事ができず、ご案内については出来ていない状態でした。誠に申し訳ございませんでした。

メンテナンスに関する考え方も、現在メンテ洗車を基本とし、定期的に心がけて頂いておりお客様に、メールのやり取りてご予約をさせて頂いております。メンテ洗車は、根本的に洗車の延長線上にあるサービスメニュー。定期的に実施する事が効果的であり、年1回のメンテ洗車はメンテでは御座いません。ご理解下さい。

コーティングメンテナンス、過去にもRコレクションを用いてメンテナンスを行っていました。 超撥水・低撥水・親水と、施工した撥水パターンに合わせて処置ができるアイテムとして便利ではありましたが、ど~~も納得出来ない。そんな思いがず~~~っとありました。納得出来ない理由としては、処置後の汚れの付着具合。これがメンテした後の雨や洗車で雨シミが出来てしまう現象が発生していました。当店デモカーでの検証。 活用に不具合が生じるならば、効率よく塗膜に堆積した汚れをケミカルで洗浄し、ガラスコーティングの効果を復活させる手法、メンテナンス洗車が誕生しました。しかし、メンテナンス洗車で使用する酸性クリーナー、使い過ぎればガラスコーティングの膜も痩せていきます。 痩せた結果は、撥水に乱れが生じる。その問題は再施工でしか解決出来ないのか?そこも悩む所でした。 そこで今回ご案内するのは、試行錯誤と当店デモカー及び数台の協力車両で実験をした結果、ベストなパターンを得る事ができましたので、ご紹介する運びとなりました。 まずはメンテナンスコートの段取り。

DSC_5485.jpg DSC_5493.jpg DSC_5486.jpg DSC_5494.jpg DSC_5489.jpg DSC_5497.jpg DSC_5492.jpg DSC_5499.jpg

メンテナンス洗車で行う手順で細部の洗浄、WAXの塗りカスや汚れを酸性クリーナーで洗浄致します。 グリルなどに固着するカルキ類も全て除去致します。

DSC_5502.jpg

使用感満載ソリッドレッドのC180クーペも

DSC_5503.jpg DSC_5506.jpg DSC_5504.jpg DSC_5509.jpg DSC_5505.jpg DSC_5508.jpg

各パネルも酸性クリーナーで固着した汚れを除去、そしてボディー全体を濯いで鉄粉除去致します。 この段階でガラスコーティング膜は復活致します。 しかし、コーティング初期を100とした時、経時で効力は低下していきます。徐々にです。 お車の保管状況、洗車の回数など、コーティング膜の低下もまばらですが、青空駐車のお車ではおよそ1年で撥水の乱れが生じます。 撥水の乱れが生じた状態、そこが水の抵抗になりますので、汚れが付きやすくなる。それをスムーズに処置をするのがメンテナンスコートです。

DSC_5500.jpg DSC_5507.jpg

使用する液剤・・・これは検証した結果であり、ノウハウの部分でもありますので開示はできません。実施されるオーナー様には開示致します。 この検証、先日の台風前日にも施工した車両がありまして、施工直後に大雨の中出庫。まさに暴露試験です。 大雨で濡れたボディー、翌日には晴天になり状態確認をして頂きました。目立つ汚れや雨シミもなく綺麗な状態になっていたとの回答を得ました。 これはデモカーでも同様で、私の車の場合、毎週1回は洗車を致します。

DSC_5629.jpg DSC_5630.jpg

汚れたら洗う、その繰り返しを行いますので、皆様のお車よりも遥かに洗車の回数は多く、撥水パターンの乱れ、雨シミも目立つようになりました。施しているコーティング剤はPCX-S8(ワニス系超撥水ガラスコーティング) 超撥水パターンは雨シミになりやすいです。そこにメンテナンスコートをする事で同じ超撥水でも滑らかな状態になり、超撥水特有の拭き上げ抵抗も軽減されます。 拭き上げもスムーズに行え、洗車スピードも上がり乾燥によるシミも軽減出来ます。

DSC_5631.jpg

このメンテナンスコート、撥水パターンになります。撥水だからイオンデポジットになりやすいのでは?その問題もメンテナンス洗車で回避できますので問題有りません。

ガラスコーティング膜の保護、痩せたコーティング膜の補充とそれぞれで効果があります。 但し、このメニュー、当店でプロガラスコーティング、及びプロコーティングを施工して下さったお客様限定になります。ここは大切にしていきたいです。 当店施工車両外の場合、申し訳ございませんが初めにコーティング施工からのご案内となります。しかし、その後のメンテナンスについてはメンテ洗車が¥3000から始まります。 メンテナンスコートの施工料金については、 国産車/輸入車3ナンバー基準 全長5mクラスまでは¥12000(税込み) 大型のワンボックスやSUVにつきましては¥17000(税込み) 小型車につきましてはご相談下さい。

メンテナンスコートを処置した上での持続期間、現段階で1年程度と見込んでおります。 尚、このメニュー塗装の傷を研磨する作業では御座いません。作業時間も程度によりますが、最長で4時間で完了致します。 当店でコーティングを施工したお車の効果を更に持続させるためのメニュー、お仕事を頂いておりますメルセデスベンツ武蔵野様、当店の処置済みお客様から良い評価を得ております。 是非とも愛車のボディーコンディションを長持ちさせる為にもご利用下さい。 お問い合わせお待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください