ホンダN-BOXカスタム新車にPCX-V110施工

カービューティープロ115  航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最近の軽自動車、これでコストどれだけ削っているのだろうと思うくらい豪華装備。

開業当初、代車としてホンダのゼストを使用していました。

その頃の軽自動車はほんとに軽自動車感があり、1時間も運転したら身体中バッキバキで痛くなる!

軽自動車の辛さ、ここにありか!と痛感したほどです。

そのゼストは2005年式、その時代から15年で装備面充実、めまぐるしい進歩です。

今売れている軽自動車ミニバンの代表格 ホンダN-BOXカスタムの新車施工。

オーナー様は突如ご来店下さり、料金、施工内容等説明させていただき施工承諾となりました。

ご入庫時、N-BOXに決められた理由なども伺い、軽自動車とて真剣に選ばなきゃ後悔するなと感じました。

このN-BOXも200万しますからね~。もはや気軽に買える金額ではありません。

(ですが、面白いことに軽自動車は相変わらず住民票だけで帰るんでしょ?w)

さて、ホンダ車ときて、まずは警戒いたします。

毎度同じなのですが、塗装の柔らかさの確認。

外観をチェックして、こどに加修があるか、暗室にしてチェックを致します。

そのチェックが終わったら磨きに着手するのですが、どの程度の加圧で仕上がるか試し磨き。

台数やっていても、全く同じようにいかないのがホンダ車。

車の仕様は良いのですが、塗装がどーも弱い。。。

今継続している新車プラン、フロントガラスを除くウィンドガラスの油膜除去+フッ素コートをサービスとしてご提供しています。

新車で綺麗なガラスも、実は洗車するとこれだけ油膜がついている。

しかたないですけどね。そもそもガラスは汚れを寄せやすく固着させやすい。

完全脱脂したガラスでも、水が止まると直ぐその跡が残ります。

水の成分も不純物だらけって事です。

そして完成。

コーティングはこの塗装を柔軟に守るのではなく硬さで守るPCX-V110を施工。

お車はガレージ保管との事なので、あえてこのパターンに致しました。

(屋根なしならばPCX-S7で親水にして仕上げています)

新車とて、磨きを行なっていなければ艶はでません。

磨きを入れるから若干くすんだ新車の塗装もパリッとはっきりした反射をいたします。

そして油膜を除去したウィンドガラス、こちらもパリッと綺麗な状態。

油膜の上にコーティングするのとは違うので同じフッ素でも耐久性が違います。

N-BOXカスタム、私個人的な意見ですが、このデザイン、すっごく好きですw

車の印象って、やはりフロント周りだと思うんです。

そのフロントマスクの第一印象が良いのか悪いのかで人気が分かれる。

売れない車って、やはりデザイン的に・・・・かな~

そして、乗り比べた方でなければ分からない見解。

乗った時にこのN-BOXだけはリアの跳ね上げも少なく、まるで乗用車のような乗り心地との感想。

これって意外ですよね~。

運転席って一番バランス良い場所なのでどんな車でもそこそこ良く感じるのですが、

後部座席は、そこに乗った方でなければ得られない感覚があります。

リアの跳ね上げは、乗り心地と体の疲労につながりますので、これを見事に乗用車寄りにしたホンダはお見事!

売れるわけです。

じっくり運転席を研究。

メーター、視界、座った感じのフィーリング。

ハンドルの先にメーターがある!こことても重要。

昭和の人間なので、センターメーターは違和感のほかないw

いつも思うのが、次乗るのならばこの車かな~

内装が普通車並みに向上したので、小旅行程度ならば疲労なしで行ける!

荷物もそこそこ詰める。4人乗りだけど、実用装備は十分。

リクライニングも少しはできる。

燃費もいい、維持費も安い。経済的。

いずれは買うでしょう。4割気持ちが傾いています。

が!まだ15年選手の現愛車は乗りつづけますよ~

そんな感じで色々拝見しつつ仕上げたN-BOXカスタム、翌日朝には引き渡しを行いました。

納車時よりも輝いた愛車、パールホワイトでもその変化はお分りいただけました。

この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください