LEXUS NX300 新車SPGコート超撥水施工

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

今年もあと6日。あっという間の一年で終わろうかという勢い。

毎日がとても早く感じます。

 

残り数日、施工車両のアップで終わってしまうのか!

はたまた何か情報をお伝えする事が出来るのか!

それはわたしがデスクに向かう気が有るかどうかにかかっていますw

 

とにかく進めましょう!

 

今回はLEXUS NX300。

当店のリピーターのお客様で、この前のお車はアルファードに乗られていました。

大きな車である必要性も無くなったと言うことで、コンパクトなSUVにお乗り換え。

トヨタでは一つ前のハリアーがSUVの草分け的存在となり、今でも中古市場では高値。

そのハリアーはUS LEXUSではRXの名として発売されていました。

 

ですが現行のRXと言えば・・・デカイ!

過去に数台触りましたけど、本当にデカイし取り回しキツそう。そんな印象でした。

 

NXは現行のハリアーと同じ。それでも大きいかなと感じますけど

取り回ししやすい大きさかと思います。

LEXUSの新車も久しぶりです。

画像に映り込むスポットライトの位置に修正跡がありまし他ので肌調整を行いました。

そして全体的に磨きを入れて仕上げです。

新車でホワイトだと何をどう表現するべきやらと考えてしまうのですがwww

相変わらずLEXUSの塗装は上質の一言。

セルフレストアニングコートによるものなのか、ショット粘っこい質感があります。

今回のLEXUSは珍しく何も処置していない状態で納車されていました。

何も言わないと勝手にコーティングしてきますのでw 誤魔化さられず気持ちよく仕事が出来ましたw

新車のコーティング、一体いくらぐらいが相場なの?と思うでしょ?

先日伺った話では、現行のトヨタカムリ、GS系で¥88000???

それちょっと高いのではないかな~~と感じました。

コーティングに付加価値を出している説明とかするのでしょうけども、、、

新車を何工程も磨き入れているとしたら、、、新車時、必要もなく塗膜を薄くしていると思ってください。

新車なのでただでさえ綺麗な状態!どこか加修が入っているとしたらそこを肌調整するだけで他パネルと同じコンディションになります。

皆様も、高すぎるな!と思ったら、迷わずその金額の内訳、付加価値などスタッフに聞いてみてください。

ご納得できなければ、高すぎると思っていただいて間違いない内容でしょう。

さて、LEXUS NX300は、2019年の新車施工プランにて仕上げをいたしました。

2019年の新車施工プランとは

フロントガラスを除く、他のガラスは油膜除去+フッ素コート。

そしてフロントガラスは今年の施工プランで油膜除去+PGS-33の施工。

ホイールコーティングは行いませんでしたけど、ガラス系はフル施工にて行いました。

このルーフ、どのような扱いにいたしましょうかね~~

サンルーフですか? ルーフの一部としてみなしますか?

ここは店舗により解釈が異なるところ。

 

当店では、これだけ大きいガラスルーフは車体の一部とみなし、油膜を除去してPGS-33を施工いたします。

サンルーフの大きさは問わず、ガラスという扱いではなくボディーの一部として施工いたします。

 

新車でSPGコート超撥水。

ここ最近の施工車両、SPGコートをお選び頂くケースが多くなりました。

おそらくSPGコートの特徴を大変評価いただいた結果だと思いますし、

もう一つには普通のガラスコーティングには  飽きた!!

求めるステージが変わってきているではないでしょうか?

納車はご自宅まで回送、時間指定で9時半ご自宅納車で待ち合わせ。

オーナー様はそのまま私を店まで送り頂き、愛車で出張に向かわれました。

お車のお手入れがとても丁寧で感心しております。

LEXUSの塗装はちょっと粘っこい性質があるようで、

SPGコート超撥水のポテンシャルも少しまとわりつく傾向にあるかも知れません。

くれぐれも数週間の放置はせずに洗車を行うようにしてください。

この度も当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

これまで施工してきたSPGコートの動画は年内に全てフェイスブックページにアップいたします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください