マツダCX-8の新車ガラスコーティング

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

現在キャンペーン中です。http://cbp115.com/campaign

  • 遮熱フィルムキャンペーン   お見積もり金額から15%OFF コーティングと同時施工なら20%OFF
  • 経年車115キャンペーン   お見積もり金額から15%OFF

 

  • 新車ガラスコーティングプラン お見積もり金額から15%OFF
  • 経年車欲張りプラン

ボディー施工料金からのお値引きはありませんがその分施工内容が充実。

ボディーガラスコーティング、ALLウィンド油膜除去+撥水施工、ホイールコーティング

全てをリフレッシュされたい方にはオススメいたします。

  • バリュープラン 経年車で行う磨き工程を途中までで止めて艶出しのみを行うプラン。

某GS系よりは綺麗になります。それ以上をお求めになるならば経年車115キャンペーンをオススメします。

ホームページのトップバナーにそれぞれキャンペーンのボタンを設けました。是非ともご覧ください。

 

今回はMAZDA CX-8 新車施工。珍しくジェットブラックマイカのカラーです。

武蔵野市にお住いのオーナー様、お車は引き取りにて対応させて頂きました。

(当店から近郊でしたら引き取り納車にて対応しておりますのでご相談ください)

 

まだ暑い8月末の施工でした。入庫して直ぐはボディーも暑いため少し冷ましてから作業開始。

ボディーを洗浄してパネルチェック、となるところ既に違和感ですw

ボディーの水弾きがとても綺麗な状態・・・これはどういう事なのか???

そして拭き上げをすると・・・水切れの良さ、コーティングされている・・・

でも水の動きそのものは撥水していても自然と流れ落ちるのではなく、とても重く撥水しながらへばりついている状態。

これがイオンデポジットになる原因です。

それでは粗探し。新車ディーラーが塗装表面をしっかり磨き、塗面調整を行なっているのかどうか。

リアバンパーに1箇所。

ボンネットに2箇所。

濃色車で、異様に綺麗で、コーティングが施されている場合、だいたい何もせずに納車されています。

納車時に何も言われず、おそらくセールスの方もバフ目があることすら知らず、そのまま納車されます。

 

最近ではコーティングがサービス!なんて言う表現もあるようですし、磨きはせずにコーティングしておしまい。

ブラック系は腕がなければただ墓穴を掘るだけですから、ある意味何もしなければ気がつくことがない。

でもそれって、新車管理が全くできていないと言うことになります。

塗装ブースにおける塵問題は仕方ない話。それをメーカーサイドで除去してくるわけですからメーカーとしては仕事をしているのです。ディーラーはこれら加修跡をチェックして整えて初めて新車と言えるのではないかな?と思います。

当店は磨きを入れてしっかり塗面を整えます。ただコーティングするのではなく、しっかり手を入れます。

このジェットブラックマイカもマシングレー同様磨く事でクリア感が増します。

均整の取れたルーフです。

ブラック系はこの仕上がった時が最高の瞬間ですね~。

コーティングはPCX-S7親水タイプにて仕上げさせていただきました。

コーティングしたから何もしなくても大丈夫と言うわけではありません。

コーティングしたから洗車しなくていい。そんなことはありません。

状態を維持するためにも定期的な洗車はしてください。

コンディション維持させるためにも定期的なメンテナンスをお勧めいたします。

 

お引き渡し日、ご家族でご来店されました。

綺麗になった車でどこかお出かけされたのかもしれません。

汚れている車よりも、綺麗な車でお出かけすると、気分も良いですよね~

この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください