メルセデスベンツ 新車施工

メルセデスベンツ 新車施工

当店ブログをご覧いただきまして、まことにありがとうございます。

西東京のカーディテイリングショップ カービューティープロ115のヨシノです。

まず先に、営業日のお知らせです。

2月の日曜日、21日と28日は臨時で営業いたします。

21日は施工でシャッターを閉めています。

28日は午後4時までの営業です。

そして、臨時休業のお知らせです。

23日水曜日、都合によりお休みをいただきます。

施工の相談がございましたら、是非ともお越しください。

さて、今回のアップはMercedes Benzの新車施工。2台まとめてですw

今回初となるEカブリオレ、オーダー車両とのことで内装のバキュームも緊張の作業となりました。

DSC_9446

新車で注意すべきはドアの内側。錆止めの油、水の通り道としてわざわざ充填してあります。

これは汚れの原因となりますので、目視でわかる範囲内で除去いたします。

DSC_9443 DSC_9449

ボディーはPCX-S7施工。ホイールコーティングも施し

DSC_9444 DSC_9453

ウィンドもフロントを除く撥水処理を施します。

アルミモールも、シミ予防にコーティング。

ウィークポイントはなるべく防ぎます。

DSC_9454

しかし、Eクーペ、Eカブリオレはエレガントですね〜

DSC_9451

そして次なるはCクラス。

この方はカイエンもお持ちなのだそうですが、

DSC_9506 DSC_9507

増車という事なのでしょうか?

直接のコンタクトはできませんので詳細は不明です。

こちらもボディーはPCX−S7を施工。フロントを除くウィンド撥水処理、モールコートにホイールコーティング。

ここまでが新車ガラスコーティングのディーラー施工となります。

DSC_9509

ここ最近Mercedes Benzの勢いが低下しているのでしょうかね~

月に台数が1台か2台?昨年とは正反対な状況です。

最近発表になったGLCがどの程度の需要があるか楽しみですが、

SUVの市場も激戦ですからどうなることやら・・・

一般施工はご希望の日程でスケジュールが組みやすくなっています。是非ともご利用くださいね~

Mercedes Benzのシルバー、露出を変えると青みある色となります。

ホワイトやブラックが多い中、シルバーの本当の良さをわかっている方なのでしょうかね~

良い選択をされと思います。

DSC_9511

この2台、加修の痕跡もなく極めて優等生な車両でした。

最近YouTubeでドイツ車の生産工程を見ることがありました。

もちろん、見る場所は製造工程もさることながら、注目しているのは塗装ブース。塗装後のチェックマンがどのような仕事をしているかを見ていました。

動いているラインの中で出来ることと言ったら、完璧な仕上げはできません。荒くても異物を除去する作業としては限界があります。

加修のない車両は、生産が止まらずにラインアウトできたか、

塗装のカラーバッチのスタートではなかったか、

そんな感じでしょうね。

それを見極めるのも当店の仕事、店内を暗くして各パネルをチェックして磨きを加えています。

新車施工でも磨きを入れる業者もいれば、磨きを入れない業者もいる。施工環境が恵まれているわけではないので、屋外で施工してる方法を否定はできませんが、お客様は高級車を購入した思いです。

それに見合う施工を選ぶのはディーラーやセールスになるわけです。それを理解して、コーティング一つとっても拘りがある方はディーラーで施工せず専門店に来られます。

当店で仕上げるMercedes Benzはセールスのためではなく、お客様のために仕上げていますので、手抜きはしておりません。

このブログをご覧になられた方で、施工をご検討されている方がいらっしゃいましたら、是非ともご相談ください。

DSC_9457

最後に、現在キャンペーン中です。下記URLをご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、こころよりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください