メルセデスベンツC200 ガラスコーティングetc

メルセデスベンツC200 ガラスコーティングetc

こんにちは。 CBP115のヨシノです。

今後は頭文字だけでいきますw ついに二日程アップを怠ってしまいました。それには訳が・・・

メルセデスベンツNew Cクラスが発売されました。キャッチフレーズは『メルセデスベンツの本気!』 メルセデスベンツ武蔵野さんでは、先週末に発表展示会!そして全国的には今週末に展示会が行われるようです。 デリバリーは今月末になるとの話しを伺ってますから、当然私も練馬のTACKさんも触っていません。 早く操作性、細部、ガラスなど、固体特性を確認してみたいです。

デビューしたCクラスの型式はW205。そして月曜と火曜日にブログの更新が出来なかったは、 W204前期のセダン、完成写真はとても綺麗な車体に生まれ変わりましたが、入庫時は細部の汚れ、そして深いキズ、シートの汚れ等、私の主観ではとても我慢出来ない状態でした。

DSC_5314.jpg DSC_5315.jpg DSC_5316.jpg DSC_5317.jpg

腰の痛み、脚の疲労、とてもではありませんが、更新出来る身体の状態ではありません。 全てが結果の仕事、手を抜けば一発で見抜かれますし、施工者のプライドとしてオーナー様にもっと大切に乗って頂きたい、そんな思いを作業に混めて仕上げています。

外装はもとより、今回は内装、そしてチャイルドシートも洗浄。二日間でフルコースを行った感じです(汗 綺麗になって、当分は手洗い洗車で行われると思います。そして、ある程度汚れが目立ち始めると洗車機。 その洗車機で更に汚れが進み、みすぼらしい汚れ方になってしまいます。 面倒でも手洗い洗車を継続する事で、状態の維持ができます。苦労でも手洗い洗車を行って下さい。 そして、次!W204後期のワゴンです。

DSC_5059.jpg

このオーナー様は常に丁寧な洗車を行われていて、登録後1年経過していても状態は綺麗なままでした。 新車時、ヤナセのコーティングを施されておりましたので、時期を見て、時期を待って。ついに入庫!驚くメールもあったりと楽しませて頂いております。 今回依頼の中にはデントリペアもありました。

DSC_4944.jpg DSC_4945.jpg

入庫前に、オーナー様の会社へ状態を確認しに伺い、撮影!距離的にも作業しやすい位置とCBPアークさんに連絡をしました。 そして、入庫当日、車を店内に入れ、お客様と話しをしている間にアークさんも到着。 店舗蛍光灯を消してデント作業開始・・・・・『はい、終わりました~~』 その瞬間、私とお客様揃って『はえ~~~~~~~w』笑うしかありませんでした。 仕上がりは後程。  そして私の仕事になりまして、

DSC_5060.jpg DSC_5061.jpg

深いキズも無く、軽く2工程入れる磨きなのでマスキングもライトに完了して磨きました。 撥水系コーティング剤は、1年もするとコーティング面がすくみます。汚れだとか、軽い雨のシミだとか、それらが艶感を下げるんです。

DSC_5063.jpg DSC_5062.jpg

ピラーの部分はしっかり磨きますよ~~。ここの艶がおかしいと全体がおかしく見えますし、一番目立ちます。

DSC_5064.jpg DSC_5065.jpg

ルーフも綺麗。 フェンダーも綺麗に治りました。

DSC_5066.jpg

そして、持ち込みのホイールコーティング。これは全て競技用として使用されます。 レーシングカーのホイールも、脱着後必ず綺麗に洗浄されるそうで 洗浄する目的は、ホイールの痛み具合を直ぐに見つける為だそうです。

DSC_5067.jpg DSC_5068.jpg

そして完成、コーティング剤は定番のPCX-S7。BRZにも同じコーティング剤を施工して 水の動き方、汚れ具合、洗車のしやすさから、大変好評化を得てW204も衣替え。 好みにあったコーティング剤をチョイスできるのが専門店の良い所でしょう。 いろいろご案内したいコーティング剤もありますが、理想はオーナー様の好みが一番いいんです! オーナー様、アップが遅れてしまいましたが、いつもご利用頂きまして誠にありがとうございます。 さて、次回アップはもう一度フィルムキャンペーンの内容をご案内します!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください