メルセデスベンツCLS350 コーティング再施工

メルセデスベンツCLS350 コーティング再施工

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。

続いてメルセデスベンツ CLS350。C200Tの後、AUDI A5SBのメンテ洗車を終えてからのピックアップです。 今回のお仕事はディーラーさんの仕事。2年前に新車コーティングを行った車両なのですが、 ピクアップの際、尋常ではないくらいの汚れ方。雨の日と重なって、更に汚れが強調されていました。

DSC_3041.JPG

聞く所によると、オーナー様はほぼ洗車はなさらないとの事で、おそらく1年はこの状態であったと思われます。 新車登録後2年、新車コーティングではPCX-V110の低撥水タイプを施工したのですが、撥水パターンが異なる。

DSC_3043.JPG DSC_3042.JPG

1年も放置すれば、どんなコーティングをされているかよりも、ここまでの状態になるんだなぁ〜と感じました。 洗浄にはトコトン4時間という時間をつぎ込み、細部に渡り徹底洗浄。

DSC_3044.JPG DSC_3045.JPG

ボンネットのヒンジ部、汚れが溜まる場所です。CLSは汚れというより泥。トランクリッドも同様に溜まっていました。 今回、途中工程の撮影は省きました。その時間を施工の時間に置き換え、ピッチを上げないと間に合いません。 よって、突然完成写真。 納車日の朝は晴れに恵まれ、急ぎ撮影。 コーティングは、汚れが目立たないようにPCX-S7をチョイス致しました。

DSC_3048.JPG DSC_3049.JPG

外装の洗浄よりも細部の洗浄。汚れが再び堆積しないように対策。ドアヒンジもスッキリ。

DSC_3050.JPG

泥が堆積する事で、水の流れが止まります。そのまま放置すれば錆の原因や、異臭の原因にもなります。 特にサンルーフ、放置しすぎると、ルーフ内部のドレンに泥が詰まり、漏水の可能性が高まります。

DSC_3052.JPG

2年ぶりか1年ぶりのリフレッシュ。再び新車のようになりましたが・・・・ お願いです。こまめに洗車をして下さい。 とても良い車なんですから、故障なく長く愛用する為にも洗車をして下さい。 この度は、当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください