メルセデスベンツNew C-class

メルセデスベンツNew C-class

こんにちは。CBP115のヨシノです。 今回は8月の2週目に施工したお車、New C-classのご紹介。 新車が売れますと、担当セールスさんから新車施工の依頼を頂きます。 売れる車は、お客様のご要望、在庫の状況等で、即納可能な車から引き当てが決まります。 スマホに『◯日納車だからスケジュールどう?』と連絡が来る訳ですが、 その時には必ず車種/ボディーカラー/施工内容と伺います。そして 『New C-class C200 シルバー』きたぁ〜〜〜!と心の中で叫びましたw

DSC_5377.jpg

新型はとにかく触らなくてはならない!ディテイリング業としてあちこちチェックします。 錆び止め防止剤の量、車の汚れ方の傾向、どの部位にどのケミカルを使用するかを判断する訳ですが、車好きの好奇心としては内装の作り込みなどもチェックしますよ〜〜〜w

DSC_5379.jpg

現行Sクラスをそのまま小さくした感じの外観。今回のデザインは個人的に好きな仕上がりですね〜 モデルコードはW205、前期型のW204に比べ全体的に丸く、プレスラインなどにも柔らかさを感じます。 BMW/AUDIユーザーはこのNew C-class発表で、次なる代替えはNew C-classになると聞きましたし、実際に展示会来場者も1日200名突破と話題性が伺えます。 当店のお客様でも、New C-classが気になる!特にAMG C63がどのようになるか期待!とか このデザインだから、ワゴンが出たら見てみたいね〜〜と、まだ出ぬ車種にまで話題が飛んでいましたw。

DSC_5380.jpg

入庫したモデルは C200 アヴァンギャルド AMGライン 後部ガラスはプライバシーガラス・・・このガラスになるとスモークフィルムが出なくなるんですよ(汗 最近の車は全てプライバシーガラスになっていて、フィルム施工も減る傾向にある・・・困ったもんです。 透明断熱や明るめの高機能断熱フィルムがありますからね!

DSC_5383.jpg DSC_5384.jpg

運助フィルムは施工してません。まず、新型のガラスは施工に向くのか!透過率チェック。 両ドア素のガラスで73%。う〜〜〜ん、低い! でもIR-90HDなら大丈夫かな?

DSC_5385.jpg

ドアミラーの細かい所を撮ったりしてw 真っ平らではなく、清流効果を出す形状になってますね〜 これで高速域で発生する風切り音をコントロールするのだと思います。

DSC_5386.jpg

エンジンルームを覗きまして、出ました!アルミむき出しの軽量化に徹したフロントメンバー。 アルミを使用する事で最大限衝撃を吸収させるクラッシャブルゾーン。 前後レーダーセーフティーを装備して、前方の衝突を未然に防ぐのに加え、 後方車両の接近では、停止時の二次衝突を防ぐ為に車両全体に自動ブレーキがかかる仕組みになっているのだとか・・・凄い! その機能は、緊急時作動ですから普段からそれを期待しては行けませんw 安全運転、危険予測と危険回避を心がけて下さいね。 さて、内装。今回のナビゲーションシステムは扱いやすい!

DSC_5388.jpg

私はBMW乗りなので、BMWで言うならばi-Dlive。ダイアルでナビ及びAVをコントロールする以外に、タッチパットが付いてる!いわゆるタッチマウスのような使い方みたいですね。 慣れるまでには時間が必要でしょうけど、慣れるとBMWよりも使いやすいですね。

DSC_5389.jpg

液晶画面のグラフィックもご覧の通りで、車両設定は車が画面に登場。なにを設定するかはあなた次第w 車の機能よりも、ナビゲーションの起動グラフィックやAV設定の操作性に注目してしまいました。

DSC_5390.jpg

エアコンパネルの操作性も分かりやすくて、運転中の視線移動も少なく済みます。

DSC_5391.jpg

ドアのパワーシートコントローラー、パワーウィンドウスイッチ類も全てメッキ処理されました。 ウレタン表皮のスイッチは経年でベタベタしてしまっていた問題も、これで起きなくなります。 使用するウッドパネルも、もの凄く上品さが演出され、これは表面にクリアー層が施されてないんですけど、 これはこれで木目の質感が肌で味わえる感がありいいですね〜〜。 シートの撮影を忘れましたが、ホールド性は抜群!少々アグレッシブな運転をしても、身体は固定されます。 そもそもメルセデスでアグレッシブな運転をする方は少ないと思いますけどw

DSC_5378.jpg

とまぁ、販促にもならない個人的な感想を書いてみました。 今回の車両には、ワニス系ガラスコーティング剤PCX-S7(親水タイプ)を施工。ウィンドガラスはフロントを除くガラスにフッ素処理、ホイールコーティングまで施しまし、問題のアルミモールにもコーティングを致しまして、気になる経年問題点を解決すべく処置をしてみました。

最後に、コーティングをしたから汚れても大丈夫!そんな神話はありません! コーティングは洗車を手軽に行えるようにする為の補助的役割です。汚れが酷くなる前に定期的に洗車を行えば継続して美観が維持出来ます。 いずれのアップでメンテナンスについてもご紹介致します。

最後にキャンペーンCMです。 最後までご覧下さい。

◉10月からのキャンペーン◉ キャンペーン期間:2014年10月施工受付〜年内までの拡大プランです。 この機会にお車をリフレッシュされてみてはいかがですか? ★レギュラー115プラン★ 施工金額から15%off!お好みの施工メニューをお選び下さい。 ★プロガラスコーティング欲張りプラン★ プロガラスコーティングの料金にPCS-033ウィンドガラスコーティング+PCW880ホイールコーティングがセットのプランです。(ガラスの油膜除去まで行います)※施工サービスが加わりますのでお値引きは御座いません ★プロコーティング欲張りプラン★ プロコーティング料金にフッ素系ウィンドガラスコートがセットになったプランです。 ※施工サービスが加わりますのでお値引きはございません ★3Mオートフィルム 銘柄限定キャンペーン★ ・スモークIRシリーズ(IR35/IR20/IR5)  ・クリスタリンシリーズ(クリスタリン90/40)※クリスタリン50/70は終了いたしました。 お見積もり金額の25%off!!! ★高機能フィルムキャンペーン★ お見積もり金額の15%offでご案内しております。 対象銘柄;LINTEC  IR-90HD/HCN-60G/HCD-10G/HCD-20G ・HCN-60G 透過率68%(近赤外線カット率95%)  ・HCD-10G 透過率10%(近赤外線カット率96%) ・HCD-20G 透過率23%(近赤外線カット率94%) 高透明遮熱フィルム IR-90HD(近赤外線カット率 90%) お問い合わせお待ちしております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください