A250sport 新車コーティング&フィルム施工

A250sport 新車コーティング&フィルム施工

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

さて、今回のアップ、タイトル通りのお車なんですが、花粉対策でお預かりしてきました。 施工はGW前の4月25日。

DSC_2804.JPG

Mercedes-Benz A250 sport 実におもしろい!車ですw エンジンを始動した時のエキゾーストノート。2Lターボで心をくすぐる車ですね〜 車好きには溜まらない。しかし、吊るしで420万ですかぁ〜〜  車内装飾を踏まえても、500万切って楽しめるメルセデスならお買い得でしょう。 さて、花粉対策で保護フィルムは貼ったまま、これを剥がすコツ、ようやく掴めました。 ブツ取りのポリッシャー跡は、入っていてもいいでしょ〜〜  花粉のシミでトラブルになるよりも、塗装を守る事が重要です。

DSC_2805.JPG DSC_2808.JPG

フィルムの素材はポリエチレン。微粘着ですから、若干の太陽光の熱で剥がしやすくなります。

DSC_2809.JPG

今回は、フィルム施工から開始。プライバシーガラスの濃さが、オリジナルで24%前後 ご連絡では一番濃いので!と言う要望でしたので、再三の確認でスモークIR5を施工致しました。

DSC_2811.JPG DSC_2812.JPG

初物は位置取りに頭を使いますので時間がかかります。

DSC_2813.JPG DSC_2815.JPG

プライバシーガラスも濃いですよね〜 しかし!スモークIR5を貼った後、外からは全く見えません!w

DSC_2816.JPG

フィルムはガラス3面を貼って、内装色との相乗効果で暗さが表現されます。 この濃さです。透過率は3%。運転の際、後方確認が非常に困難になります。 リバースの際、細心の注意で接触等ないように充分注意して下さい。 施工とは関係ないのですが、もう一つのネタとして、ご紹介致します。

DSC_2817.JPG DSC_2818.JPG

新車のガラスに霧吹きで水を当てた写真です。水は全く弾きません。むしろ斑になるのは製造時の油膜。 新車でもこのように油膜が存在し、この状態でガラスへのコーティングは不向きであり、本来の効果が出ません。 しっかり油膜を除去して、水を当てても弾かないくらい親水になったガラスに施工するのが効果的です。

DSC_2819.JPG DSC_2820.JPG

突然完成写真。塗装面も特別問題なく、PCX-V110ガラスコーティングを施工。 納車は月末の予定で伺っていましたから、きっとGWはどこかへドライブに行かれたんですかね〜

DSC_2821.JPG

最後に、車内から撮影。外からは暗くても、中からは明るい。ですが、決して油断しないで下さいね。 New Aクラス、今売れています。その中でもA250sport、なかなかお目にかかれません。 通常の施工以外に、今回はいろいろと勉強させて頂きました。 ありがとうございました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください