GLC250のコーティングメンテナンス

カービューティープロ115 航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

現在キャンペーン中です。http://cbp115.com/campaign

  • 遮熱フィルムキャンペーン   お見積もり金額から15%OFF コーティングと同時施工なら20%OFF
  • 経年車115キャンペーン   お見積もり金額から15%OFF

 

  • 新車ガラスコーティングプラン お見積もり金額から15%OFF
  • 経年車欲張りプラン

ボディー施工料金からのお値引きはありませんがその分施工内容が充実。

ボディーガラスコーティング、ALLウィンド油膜除去+撥水施工、ホイールコーティング

全てをリフレッシュされたい方にはオススメいたします。

  • バリュープラン 経年車で行う磨き工程を途中までで止めて艶出しのみを行うプラン。

某GS系と比較にならないくらい綺麗になります。それ以上をお求めになるならば経年車115キャンペーンをオススメします。

 

今回アップはMercedes Benz GLC250 コーティングメンテナンスです。

間も無く車検を迎えるこちらのお車、GLC250エディション1は新車納車前に当店にて施工をしたお車。

横浜から年一度メンテナンスでご来店いただいております。

メンテナンスで行なう事、そんなに大掛かりなことはいたしません。

通常の洗車ではなく、鉄粉除去洗車から始まり、カルキ固着物除去、そして細部洗浄。

ホイールに至りましては、奥の鉄粉除去まではご自身では行えないエリアであり

スタンドでもディーラーでもここまでは洗浄いたしません。

そこもメンテナンスで行なう作業の一つ。

汚れやすい場所、汚れが固着しないように施すのがプロの洗浄方法です。

フロントフェンダーとドアの隙間、ここもダストが溜まりやすい場所です。

隙間は特に注意しながら洗浄いたします。

仕上げはフッ素系ポリマーをオーバーコート、低下した撥水を補完いたします。

メンテナンスですからあくまで簡易的な施工ですから、これが本格施工とは思わないでくださいね。

そのためリーズナブルです。

新車、経年車、何れにしても当店では ”磨く” と言う作業を加えます。

塗装面に留まる汚や固着ぶつを取り除きすっぴんパネルを作る事が何よりも重要だから。

 

コーティングを長持ちさせるために行なう作業。

いずれ塗装面が痛んできたら再施工を行い再び塗装状態をよくしてあげる事も大切です。

 

今回開始しましたバリュープランは、状態が良いけどコーティングをリフレッシュしたい。

でも塗装はあまり研磨しないですませたい、そんな方向けのプランです。

メンテナンスとは異なり、必ず ”磨き” を入れます。

少しスクラッチを研磨して、ツヤを出して美観向上させるます。

磨きはオプションという概念はありませんw

 

バリュープランでのお問い合わせ、国産車輸入車といません。

是非ともお問い合わせください。

 

そして、9月13日、14日、15日朝引き渡しの段取りで施工枠が空いております。

この日程でご入庫可能な方がいらっしゃいましたらメール、またはお電話でご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください