クラシックミニ プロコーティング欲張りプラン

クラシックミニ プロコーティング欲張りプラン

こんにちは。西東京 カービューティープロ115のヨシノです。

昨日、Facebookページでの初試み、ブログアップ予告のスライドショーをアップロードしてみました。
ブログの方は動画が組み込めませんので言葉も含めアップです。

DSC_2586 DSC_2585
こちらのオーナー様は東久留米市にあるオートパドックさんのお客様。
とある日に、SUBARU WRXの洗車入庫を待つ時に突如ご来店されました。

オールペンされたお車にコーティングした方が良いよ!とショップのアドバイスもあり近くのPROショップを探されご来店くださいました。

クラシックミニに至る施工のコンセプト
●オールペンという事でソリッドの可能性もあるため、ポリマー系を提案
●摩擦抵抗を少なくするためコーティングplusもプレゼン
●古さからなるその良さをキープするため過激な磨きは抑え、それでも美観は向上させる
●欲張りプランでガラスもホイールもコーティング

こんな感じでご案内いたしました。
早速ホイール洗浄
DSC_2580 DSC_2583
どこまでの汚れを落とすか、悩みました。塗装の耐久性がいかほどか?ケミカルに耐えうるか、
様子を見ながらの作業でした。行けると判断し、水量は多めで除去できる汚れを取り除きました。

続いては磨き!ボディー体積が小さいので、マスキングも作業もとても早い!
DSC_2587 DSC_2589
鈑金業者の仕上げ、こればかりは無理がないです。
オールペンで仕上がってきても感動がなかったとおっしゃっている意味がわかりました。

でも安心してください。荒磨きの塗面はしっかり3工程の磨きで整えました。
DSC_2591 DSC_2593

再塗装なので塗装も柔らかい。磨いているうちに塗装の目を見る。
するとソリッドだと思った塗装、しっかりクリアが存在している。しかも厚くw
DSC_2595 DSC_2596

ガラス系でも良かったかもしれません。ですが、あえてここはポリマー系の考え方はぶれずに作業を進めます。

DSC_2600 DSC_2601
各パネルは小さな面積、そして、接合部分は表に突起出ています。
ポリッシャーも届かず適度な研磨もできない。
コーティングに至っては、ガラス系はただでさえ被膜が硬いので後の事を考えたら、剥がすのに手間がかかる。
ポリマー系ならば、メンテナンスにおいても容易にできます。

DSC_2605 DSC_2606
初めはツヤ感のない水色でしたが、磨き終えると鮮やかな水色、そして光沢。

DSC_2602 DSC_2607

DSC_2608 DSC_2620

店内を暗室にして、局所のスクラッチを角度を変えながら確認。そして磨き!
DSC_2623 DSC_2626

とにかく突起出ているものが多い、しかしマスキングもやりすぎると痛手を踏む。
局所の磨きにおいては慎重に、そして確実に磨きを入れます。

DSC_2627

DSC_2631 DSC_2632
磨き終えた後、耐スクラッチ処理(WRX STiにも施した施工術)で耐久性をもたせます。
これが驚くほどに汚れが目立たない!

そしてすべてのガラスの油膜と共に撥水剤を除去。ガラスをクリアにします。
乾燥後にシラン系のPGS-33を塗布。ワイパーにはリフィールコート。
DSC_2633 DSC_2635

クラシックなだけにあまりツヤツヤしてしまうのも味がないかな?と思ったりしましたが、
結果的に光沢は出てしまいます。
でもオールペン後のスタートはここからですからね!スタートラインです。
DSC_2636

およそ1日で仕上がるサイズ。困り果てても引き取り時の仕上がり感は、生まれ変わったと実感するほどです。
オーナー様も心配であったと思いますが、ご来店じには大変満足そうな表情でした。

DSC_2637 DSC_2639
ホイールにもしっかりコーティング!
ボディーもリセットしたらなば、ホイール隅々リセット!
皆様が、ホイールのクリーニングには苦労されていることと思いますが、当店の仕事、お任せいただければ言わずと悩みは解決できますよ。

DSC_2644
クラシックミニは初めて触りました。エンジンルームを開けると、隙間もないほどにぎっしり詰まるエンジン。
このサイズでFF。そしてエンジンとミッションは2階建になっているとか・・・ですごい構造です。
クラシックミニに魅了されるのには訳があるんですね〜

DSC_2643
この度は当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございました。
お車のお手入れは簡単に行える仕上げにしてあります。
ボディーメンテナンスに至っても大掛かりな施工をする必要もなく、簡単にコンディションアップできますのでご相談ください。

 

コーティング、その車に合わせた施工方法とコンディション維持までを想定した理論でご提案できます。
皆様もいかがでしょう?新たな年を迎える準備として、年内にリフレッシュしてみませんか?
お気軽にお問い合わせください。

 

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

カービューティプロ115(Car Beauty Pro 115)では自動車のガラスコーティング/カーフィルムなど西東京を中心 とする、武蔵野市、小金井市、東久留米市、練馬区、杉並区、世田谷区の皆様の カーケアを新車/国産車/輸入車問わず施工しております。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください