ポルシェ911(type991) クリスタリン施工

ポルシェ911(type991) クリスタリン施工

当店ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。 カービューティープロ115です。

当店は西東京市に店舗を構えておりますが、連日光化学スモッグ警報が発令されています。 先ほど、メルセデスベンツの納車を終え、駐車している代車で帰る際に歩いたわけですが、目がチカチカ、店に入ると喉の痛み・・・これってまさに光化学スモッグの影響 晴れだからよいわけではないようです。風があるだけでも光化学スモッグは発令されないようですね〜

さて、本日ご紹介いたしますのは、PORSCHE911(991型)のフィルム施工です。 7月13日ご入庫のお車で、お問い合わせの際はクリスタリンをお調べされフィルム指定での依頼でした。

DSC_8837.JPG

3Mのクリスタリンは、決して濃色ではございません。 暑さをカットする。そして車内を明るくすると言うのがコンセプト。 今回のご依頼でも車内を暗くしたくないとのご要望でしたので、リアガラスにはクリスタリン60。運転席/助手席にはクリスタリン90を施工致しました。

DSC_8841.JPG DSC_8850.JPG

997型よりも屋根が低くなったんでしょうね〜。施工時車内での姿勢はかなり無理がありました。

DSC_8853.JPG DSC_8856.JPG

透過率60%、カラーはブルー系です。赤外線カット率95%。 車内空間が狭くても、ダッシュボードから出るエアコンの冷風を後部座席にまで送る事で車内が冷えてきます。しかし、フィルムが無い場合、後部座席で熱せられた空気が再びフロントへ循環。なかなか冷えないので温度を下げる事に繋がります。 暑さの元となる赤外線を95%カットする事で、空間温度はそのまま維持されエアコン効率が良くなる訳です。

DSC_8842.JPG DSC_8845.JPG

運転席/助手席の透過率測定です。 左運転席は77%、右助手席は78%。 ディーラーさんでは、透明フィルムでも入庫拒否をされていお話を伺いました。 991型はピュアカット89でも充分満たす値を得ていますので問題は無いはずなんですが・・・ ディーラーさんの考えはそれぞれ異なりますね

DSC_8857.JPG DSC_8860.JPG

施工後、左運転席 76%、右助手席 77%。クリスタリン90の実力値発揮です。 いかに透明フィルムで暑さをカット出来るかがテーマの中、クリスタリン90はピュアカット89よりも透明、そして赤外線カット率は91%です。 フロントガラスは見送られました。これだけでも十分な装備ですから、運転していて暑さジリジリを感じる事は無くなるでしょう〜 洗車についても、ご満足された事がないそうでしたので、しっかりやらせて頂きました。 今後もご利用頂ければと思います。 この度は当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。

東京ゲートブリッジドライブ中のワンショット

DSC02732.JPG

ここは中央防波堤。昔はダンプしか行く事ができなかった場所です。 夜になると街灯も無く、危ない場所。ですが、夕方当たりは新木場からドライブすると夕日も綺麗に見えるロケーションですので、少し流すには良い場所です。 夜も都心の夜景はきれいでしょうね〜

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください