トヨタ ヤリスクロス 新車PRO MAX PX-V300施工

カービューティープロ115 航海日誌ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

国産車の新車施工、相変わらずディーラーさん囲い込み。

サービス施工で勝手に施されていたり、その様なサービスを求めていないオーナー様に至っては迷惑な話です。

車は剥離であるが販売する。コーティングもおつけしてとんでもない利益をあげる。

磨きも入れずにコーティングをした車両、何台も見ています。

ただ弾けば良いのであれば、そんなコーティングで良いのでしょうけど。

当店の新車施工は、カービューティープロの真髄。

新車ならば新車以上に輝きを! そう言った話を今回いたします。

今回のお車はヤリスクロス。

ディーラーでは撥水パターンなど選べませんが、当店はボディーカラーやお好みに合わせて仕上げを変えております。

コーティング前に行う事。ボディーチェックです。

シャッターを閉めて光を変えてボディーのスクラッチや加修跡を探します。

ほんと僅かな光でしかその表情を表さない加修跡、これらは絶対に見逃しません。

新車では必ずあります。

塗装したものならば、必ず欠点は整えられて製品となります。

ですから、この痕跡はしっかり現場がチェックした証。

良い意味で言えば品質検査をしっかり受けた商品という事です。

一通り磨きを入れ、脱脂の後にガラスコーティングを施します。

今回は2液配合タイプのPRO MAX PX-V300、親水パターンです。

仕上がりは濡れたような艶。実際触るとしっとりしています。

あえてこんな演出をするのではありません。

嘘偽りがないからこうやって仕上げ後のチェックも行うのです。

テールレンズ。

もはやボディーの一部となってきたテールレンズ。とても巨大です。

そして、塗装よりもスクラッチが入りやすいので新車時から結構な傷。

それらもしっかり整えて、ここもコーティングを致します。

コーティングをしたからって傷が入らないわけではありません。

あくまで表面を保護しています。

そして、ウィンドガラスも油膜を取り除き、フッ素コート。

これは当店の新車メニューに付随するサービスメニューです。

新車ならではのお得な施工メニュー、是非とも新車施工のお問い合わせくださいね。

ボディーがブラックはお手入れが本当に大変です。

それこそ、スクラッチは入るのも仕方ないですが、この状態を維持するならば毎週の洗車をお勧めいたします。

それも、早朝、気温が高くなる前の時間。

言うなれば朝日と共に!1日長く健康に過ごせますw

新車時に抱く気持ち。大切に乗りたい!

その気持ちを何年も持続させるには大変ですが、単なる移動するアイテムにならず

愛車と言える向き合い方で大切にしてください。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください