スバル レガシィ 10年選手のリフレッシュ

スバル レガシィ 10年選手のリフレッシュ

当店ブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

カービューティープロ115のヨシノです。

1年の折り返し地点。7月に入りました。

まずは7月の定休日と臨時休業をご案内いたします。

7月は、

2日(土)4時閉店、3日(日)定休日、4日(月)臨時休業

10日(日)午前中引渡し後定休日

23日(土)臨時休業(18日営業しています)

24日(日)定休日、25日(月)臨時休業

31日(日)午前中引渡し後定休日

日曜定休日もお引渡しなどで開ける場合があります。

一応朝からお休みする定休日を除く日程でご案内いたしました。

尚、現在7月の施工は埋まっております。

新しいご予約に至りましては、8月の施工枠となりますのでご了承ください。

皆様の大切な愛車をリフレッシュするためにも、しっかり時間を確保します。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

さて、タイトルのレガシー。

10年選手のブラック。

電話にてお問い合わせをいただきまして、状態を確認するため一度ご来店

いただきました。

正直、10年経過した車の状態、安請け合いはいたしません。

塗装も劣化がひどい場合、磨くことすらできない可能性もあるのです。

なんでもかんでも磨けば良いわけではないんですよ~

ご来店いただきましてお車を拝見するなり、率直な感想は状態が良い!

10年経過している塗装状態とは思えない程に、イオンデポジットが少ない!

スクラッチは、さすがに10年経過している状態で、新車時の施工以来再施工はされていないそうなので

ある程度耐えれる状態であろうと判断しました。

そして受付、コーティングはPSX-S7を施工する前提で承りまして、いざ入庫日。

太陽光の下とは傷の見え方が違う事に、まずはオーナー様もガッカリ。。。心配ですよね~

お預かりは夜でしたから、作業は翌日朝からとなります。

DSC_1505 DSC_1508

DSC_1515

まず走行距離が2万5千キロと少なすぎwそれ故劣化スピードを遅らせられたというわけです。

しかし、細部の汚れはしっかりあるもので、乗っていなくても汚れていきます。

DSC_1517 DSC_1518

細部洗浄は、使用するケミカルが塗装へどうアタックしていくか、反応を見ながらの作業。

そして、そのまま鉄粉除去、洗車と入ります。

この時、作業中に12耐で使用するラッピングやカッティングの件で電話対応。

その間、車体に水が付着したい状態でタイムロスが続きます。

そこで思わぬ事態が・・・拭きあげると水のシミが・・・

古い塗装になると、水は塗装に染み込んでいきます。吸水現象です。

時間が経つとそのシミは消えるのですが、問題は水を染み込む=ガラスコーティングは無理。

ガラスコーティングで使用している溶剤は、水よりもシャバシャバしています。

定着するために塗装へ浸透させる補助をするのが溶剤の役割なのですが、水が染み込んでしまうと言う事は

コーティングの塗り筋が目立ってしまう。乾燥時間も規定の時間を満たせない。

そこで、即オーナー様へ電話し、使用するコーティングの変更をお伝えしました。

更に、状態を維持させるためにも耐スクラッチ処理を今回の施工内容に追加。

追加と言っても料金が上がるわけではなく据え置きです。

目的は、10年経過している状態をなるべく温存させるための処置として変更いたしました。

それでは磨き。

DSC_1520 DSC_1522

スクラッチを強調するために露出を上げてみました。

定点撮影のため露出補正。磨き開始です。

DSC_1523 DSC_1524

DSC_1525 DSC_1526

取り急ぎ、ボンネットの手応えを確かめるため、一通りの作業を入れフィニッシュ。

やはり磨きすぎてしまうほどに塗装が柔らかくなっていました。

DSC_1527 DSC_1528

今回の作業、あらかじめ全体にマスキングをするのではなく、塗装の耐久性も考えて着手するパネルにマスキングをしていくやり方にしました。

これもトラブル回避の手段です。

DSC_1535 DSC_1536

進めていくと、左クォーターパネルに磨き痕。左後部ドアも同じく痕跡。

DSC_1537

磨きそのものは合計3工程。可能な限りのスクラッチを研磨してリフレッシュさせました。

DSC_1539 DSC_1540

DSC_1542 DSC_1543

脱脂後、細部のコンパウンドカスも洗い流し、耐スクラッチ処理。

この耐スクラッチ処理は、塗装表面を平滑化する作用がありますので、塗装の深みも更に増します。

そして、滑り性も良くなり摩擦抵抗も減る。それが耐スクラッチ処理です。

コーティングは、PCX-500をチョイス。経年濃色車には神的なコーティング剤ですw

DSC_1544 DSC_1545

触ることすら拒否されそうな、深みのあるブラックメタリックに仕上がりました。

オーナー様はこの車、あと5年は乗りたいそうです。

この状態を5年間維持できるかはお手入れ次第になってしまいます。

でも、定期的にメンテナンスで当店をご利用頂けましたら、コンディション維持はお約束できるかと思います。

DSC_1548

お引渡しの夜、生まれ変わった愛車を見るなり出てきた言葉は「えぇ~~~嘘でしょ~~!」

嘘じゃありません。本当ですw(私もそのリアクションが嬉しい瞬間ですw)

適切に磨きを入れて、現状の塗装状態に合わせた仕上げをすればトラブルは起きないんですw

この状態を見ると、店から出したくなくなるんですよね~~。

濃色車はそれが魅力の一つだと思います。

そしてこのレガシー、10年経過していても褪せてないですよね~

もっとも売れたツーリングワゴンだと思います。

サイズ感にしても、エンジンにしてもとてもバランスがいい!

5年とは言わず、乗れるだけ乗っていただきたいと思います。

当店をお選び頂き、そして施工をご評価いただきまして誠にありがとうございました。

洗車機を入れてはNGです。このコンディションを保つためにも今後ご協力させていただきます。

ご利用いただきまして誠にありがとうございました。

当店では年間通してキャンペーンを行っています。

愛車をもう一度綺麗にされたい方、是非ともお問い合わせ下さい。

下記URLを是非ご覧ください。

http://www.cbp115.com/campaign/

ご利用、心よりお待ちしております。

皆様の大切なお車を、1台1台丁寧な作業と仕上げを心がけております。

 

東京,西東京,武蔵野,三鷹,練馬,杉並の自動車,ガラスコーティング,カーフィルム専門店

(Car Beauty Pro 115   カービューティープロ 115)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください