スバルBRZ 新車ガラスコーティング&フィルム施工

スバルBRZ 新車ガラスコーティング&フィルム施工

こんにちは。Car Beauty Pro 115のヨシノです。 1月下旬から立て込んだ状態が続いておりまして、またしても更新が遅れてしまいました。

今回アップするのは、1月20日からお預かりしましたスバルBRZ。 ジムカーナ競技車両です。

DSC_4486.jpg DSC_4488.jpg

このオーナー様は度々驚かせて頂く方でして、今回もちょっとビックリしました。 このBRZ、つまりはベース車であり、内装も非常に簡素。トランク内のフロアー生地も無い程にベース車をつらぬいてます。 ご入庫時は、既に車高調、シート、ハンドルを交換され、着々と競技車の姿に変わりつつありました。しかし、レギュレーションの関係から、エンジン、吸排気には手を入れられないようです。 施工メニューは、新車ガラスコーティング、フロントを除く他フィルム施工、ウィンドガラスコーティングと盛り沢山。 まずはフィルム施工から

DSC_4490.jpg DSC_4491.jpg DSC_4493.jpg DSC_4494.jpg

BRZも86同じ、リアに関してはハイマウントを外すにはリアをほぼバラします。 貼ったフィルムは久々にクリスタリン40。 透過率はフィルム単体で40%と明るめ!施工すると、ガラスの傾斜や見る角度で光の反射作用でミラー調に変化します。これが車内を更に見えにくくする、そんな隠れた効果もあるのがクリスタリンシリーズ。とても面白いフィルムです。 昨今のフィルムは、全てにおいて紫外線カット率は99%。 このクリスタリン40は赤外線が95%カットとずば抜けた遮熱性です。 分光曲線でも赤外線の波長帯を全域に渡りカットしている!素晴らしいフィルムです。その分高額になりますが、その効果は確かなものですよ! 運転席助手席は、クリスタリン90、こちらは高透明です! 申し訳ございません。透過率の撮影を忘れてしまいましたので、後日改めて撮影させて頂きます。 続いてボディー

DSC_4498.jpg DSC_4499.jpg

新車、なにも手を入れなくても済む程に綺麗な状態・・・と思いますでしょ~ 水平面にはトラップガードのフィルムが貼られていますし、それを剥がしても糊は残っています。それらをしっかり取り除かなければコーティングしても効果が長続きしません。 そこで、新車でも必ず磨く事が必要なんです。軽く磨くだけでも充分! 使用するコンパウンドにもよりますが、1工程入れるだけで光沢が変化します。

DSC_4502.jpg

初めは新しいPCX-S8を施工する予定でしたが、耐久性の面から被膜の強いコーティング剤に変更。 そして、お引き渡しの時間、施工前後の艶感に変化がでた!とご満足頂きました。 磨きを入れる事で、車のプレスラインから放つ光のラインがそのボディーのデザインを強調させます。 サプライズ施工で、ミラーカバーにブラックカーボン調のラッピング、そしてもう一つ傷つきそうな箇所をラッピング!あくまでサプライズですw 競技車両といっても、ナンバーがついて自走出来る状態。 遠征も全国各地に自走で向かわれるそうですから、フィルムも必要!コーティングも手軽に洗車をする為には必要!ガラスの撥水はなによりも必要! 長期間持続出来るように、念入りに作業させて頂きました。 オーナー様も早速洗車をされたそうで、洗車後の撥水感も非常に好評でご満足頂けたようです。 汚れが固着する前に、是非とも状態維持をさせるためメンテ洗車をご利用下さい。 この度も当店をご利用頂きまして、誠にありがとう御座いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください