SUBARUフォレスター新車SPGコート低撥水施工

カービューティープロ115  航海日誌 ブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

最近もよく聞くフレーズで「コーティングは何年持ちますか?」と言うフレーズがあります。

どんな車にしても、保管条件・ご利用条件・洗車の回数によって全くと言って良いほど変わってきます。

新車を例に例えるならば、新車こそ外的要因による汚れこそなくても保護糊や油膜がビッシリです。

現在新車施工では新車プランとしてフロントガラスを除くウィンドガラスの油膜除去に加えフッ素コートを付与。

画像の通り、まっさら新車に水をかけるとここまで油膜だらけのガラスにそのまま撥水剤を塗っているんです。

これって全く意味のないことになります。

油膜の上に撥水剤を塗っても定着が弱いんです。目では見えない邪魔なものもありますのでそれが原因となり鱗となる場合もあります。

当店では新車時にこれらを除去。

そしてボディー

ボディーのチェックを行い加修箇所を見つけて整えます。

当然ボディーカラー問わず作業時は外の光があっては見えないためシャッターを閉めて行なっています。

ボディーに一通りの肌調整の磨きを行うことで、突起だった新車の塗装肌を滑らかさせます。

作業が終わり脱脂。ここれは粉砕したコンパウンとも流すようにしっかり水で流します。

脱脂して乾燥後にコーティング。

こちらのフォレスターにはSPGコート低撥水を施工。

2層コートを行い、スクラッチの入りやすいスバルの塗装にもやや強さを付与させスクラッチに強いパネルに仕上げます。

防汚性、耐酸性、耐薬品性、そしてコーティング本来の機能を発揮させることで水を滑らせて汚れの固着防ぐようにします。

そこで冒頭にもあった何年持ちますか?となのですが

結論から言えば、コーティング被膜は結晶被膜なの何年でも存在します。

なぜ何年持つのか?と聞くのか、私も聞き返す事がありますが

どうやら撥水基によるシミを残したくない。。。と言うことなんです。

シミ・・・それはウェット時に見るシミでしょうか? ドライ時に見れるシミですか?

ウェット時ならば、固着している水垢や汚れです。 これは酸性雨によってボディーに固着しているものになりますから

ケミカルクリーニングで取り除く事ができます。

雨も綺麗じゃないですからね、固着する前に洗車しましょう。 まずは洗車。

ドライ時ならば、もうシミではないんです。陥没したクレーターです。

それは厳しい言い方をしますが、雨を繰り返し放置して乾燥させた結果の代償です。

イオンデポジットとなったらば、もう研磨でしか対応できません。

新車時はちょっとした事でも気にします。本来何もない状態からスタートしますので、何かある事が違和感になりますから

全てを整えて新車とする考え方が成立するんです。

そこにシミが発生したら、それも違和感ですよね~。だからそれを防ぐためにコーティングに要求をする。

でも、コーティングは何モノからも守ってくれるものではありません。

保護という言葉がいつしか防御という認識に変わってきているように感じます。

コーティングの役割は、塗装を守ることに違いはないのですが、その守るのも

●洗車しやすくする

●汚れにくくする

●紫外線劣化をしにくくする

●滑らすことで傷をつきにくくする

どこにも なくする という言葉は使われません。

いつしか自然と断定する表現に変わってきてしまったんでしょう。

ここであえて言います。

コーティングはというのは全てのモノから守られるのではなく、痛む進行を遅らせると思ってください。

コーティングの機能を向上させる事で、それまでのコーティングよりも優れた機能が開発されて、更に痛む進行を遅らせる事が出来るようになった。でも、それはある一定基準の管理方法を繰り返した結果であり、全ての管理方法に一致する事ではない。

何か基準を設けなければ何年維持するとも言えないのです。

それを何も管理せずに、一番最悪なパターンで 何年 と問われても答えようがないんです。

むしろ洗車する気持ちはありますか?

何もせずに何かに過大な期待をする時点で要求が強すぎますよ。

普段着る洋服は洗濯するでしょ? 住まうご自宅の室内、掃除するでしょ?

それと同じです。

動く車のボディーはあなたが着る洋服。

座る車内は住まうご自宅の室内と同じ。

新しい状態は綺麗な状態からスタートします。

中古車を購入しても、トータルリフレッシュで綺麗にする事ができます。

新車のスタートも、中古車のリスタートも、そこから先はオーナー様がいかにして車と向き合うかが重要になってくるんです。

綺麗にしたその日から、向き合い方次第で持続期間は変わってきます

何もしなければそれなりです。 何もしない方には、何のアドバイスもできません。

そうならないように、是非とも車と向き合ってください。

最後に、今回アップしているスバル フォレスターは、ちょいちょいある場所でお会いするため

その都度ちらっとチェックしていますが、いつも綺麗な状態で乗られています。

大切にされている方の車は、汚れている状態の方が少ないでしょうね。

汚れた状態を作らないからコーティングも長持ちする。

それが結果長い期間保持されることに繋がるんです。

これをお読みになられた方、まずは車との向き合い方を変えてみてください。

大切にされる思い、もっと大切にしたいという思いに変えてみてください。

そこから疑問も生まれてきます。細かなとろこにも気がつくようになります。

是非ともお願いいたします。

ーーーー現在のご予約状況 にいてーーーー

現在11月の施工枠にてご案内をしております。

新車の場合はコーティングでしたら一泊二日、複数作業が入る場合は二泊三日。

経年車の場合は、基本コース二泊三日からのお預かりにてスケジュールを組み立てております。

ご依頼の際、納車日が未確定でもおおよその日程でご連絡を下さい。見込みでリザーブいたします。

ーーーーーーー最後に仲間のご案内ーーーーーーーーー

このブログをご覧下さったで、上石神井周辺、杉並区、武蔵野市の方。

愛車のリフレッシュをご検討の方、是非ともお問い合わせしてみてください。

https://blog.goo.ne.jp/cbp-tack   ← カービューティープロTACKさんのブログです。

https://www.cbp-tack.jp/profile.html  ←カービューティープロTACKさんのHPです。

練馬西東京武蔵野地区、これからも頑張ってまいります。

何卒、よろしくお願いいたします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください